スポンサーリンク

【MLB 2021】ブルワーズ、バーンズ&へイダーでコンバインド・ノーヒッターを達成!

MLB史上最多のシーズン9度目のノーヒットノーラン

 こんにちは。

 現地2021年9月11日、ミルウォーキー・ブルワーズが、ポストシーズンに向けて弾みをつける素晴らしい記録を達成。

 その前に、9月11日と言えば、あの911の惨事が起こった日です。

ニューヨークでは911のイベント

 ニューヨークのシティ・フィールドでは、ゲーム前に追悼のイベントが行われました。もうあれから20年も経過したんですね。

 犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

2021年のノーヒットノーラン

 コービン・バーンズとジョシュ・へイダーによるコンバインド・ノーヒットノーランは、今季9度目。ご覧のようなログになっています。

【2021シーズンのノーヒットノーラン達成】

  1. ジョー・マスグローブ (SDP) : 現地2021年4月9日 @ TEX
  2. カルロス・ロドン(CWS): 現地2021年4月14日 vs CLE
  3. ジョン・ミーンズ(BAL): 現地2021年5月5日 @SEA
  4. ウェイド・マイリー(CIN): 現地2021年5月7日 @CLE
  5. スペンダー・ターンブル(DET): 現地2021年5月18日 @SEA
  6. コーリー・クルーバー(NYY): 現地2021年5月19日 @TEX
  7. コンバインド(CHC):現地2021年6月24日 @LAD
    • ザック・デイビーズ/ライアン・テペラ/アンドリュー・チェイフィン/クレイグ・キンブレル
  8. タイラー・ギルバート(ARI): 現地2021年8月14日 vs SDP
  9. コンバインド (MIL) : 現地2021年9月11日 @ CLE
    • コービン・バーンズ/ ジョシュ・へイダー

参考記録【7イニング】

  • マディソン・バンガーナー(ARI): 現地2021年4月25日 @ATL
  • コンバインド(TBR): 現地2021年7月7日 vs CLE
    • コリン・マクヒュー/ ジョシュ・フレミング/ ディエゴ・カスティーヨ/ マット・ウィスラー/ ピート・フェアバンクス

 2021シーズンはすでに6月の時点で「1900年以降で」という近代野球の括りでの最多記録の7度を超えています。今回の9度目の達成は、その括りさえも解き放ち、1884年に達成されたMLB史上最多の8度さえも超えたというレコード・ブレイキングです。

【シーズンノーヒッター記録】

  • すでに6月の時点で、1900年以降の最多の7度(1990/1991/2012/2015)超え。
  • 1884年:8度 ←今回はこれを超えました。

 参考記録である7イニングでの2度の達成も入れたなら、実に11度というすごいシーズンになったのでした。

ブルワーズ史上では2度目

 また、1969年にクラブが創設されたブルワーズのフランチャイズ・レコードで言えば、2度めの達成です。

 1度目は1987年4月15日に、フアン・ニエベス(Juan Nieves)がオリオールズ戦で達成。当時のブルワーズには、ポール・モリター、ロビン・ヨーントなどがおり、オリオールズにはカル・リプケン・Jr.やエディー・マレーがおりました。

Milwaukee Brewers at Baltimore Orioles Box Score, April 15, 1987 | Baseball-Reference.com
Milwaukee Brewers beat Baltimore Orioles (7-0). Apr 15, 1987, Attendance: 11407, Time of Game: 2:36. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, p...

コービン・バーンズ、6回までパーフェクト

 初回にクリスチャン・イェリッチとオマール・ナルバエスのタイムリーで2点を援護してもらったコービン・バーンズは、立ち上がりからインディアンス打線を圧倒。1回裏に、マイルズ・ストローとブラッドリー・ジマーを2者連続三振に仕留めてどんどん勢いを増していきました。

 気づけば、インディアンス打線を6回終了までパーフェクトに抑えるトリメンダスな投球。

 7回裏、先頭のマイルズ・ストローに四球を与え、パーフェクトは崩れたものの、危なげない投球。

ロレンゾ・ケインが好守備

 まったく危なげない投球だったのですが、唯一ヒヤリとさせたのは、8回裏2アウト後の、オーウェン・ミラーの右中間へのライナー。伏兵に持っていかれたか?と思ったその時、名手のロレンゾ・ケインがダイビング・キャッチ!ノーノー・ブレイクの危機を救いました。

8回で115球 

 コービン・バーンズはこの日、8回を投げ14奪三振。与四球は1つ。やはりこれだけ三振を奪うと、球数も多くなり、8回を投げて115球。

 もう1イニングという選択肢もありましたが、次回の登板やポストシーズンも考慮し、ここは無理せずに降板。

 そして9回裏は、ジョシュ・へイダーが登板。厳しいコースに97-98mphのファストボールを投じられては打てるわけがありません。

 オースティン・ヘッジスの1Bファウルフライをジェイス・ピーターソンが防御ネットをうまく利用してキャッチしたシーンが唯一ドキドキしたくらいです。

 ヘイダーは31セーブ目を上げ、見事にコンバインド・ノーヒッターを達成したのでした。

 ゲームは3-0のスコアでした。

インディアンス、ノーヒッターを喫したのは今季3度め

 さて、対戦相手のインディアンスですが、今季ノーヒッターを喫したのはこれで3度め。参考記録のレイズによるコンバインドを入れたなら、4度になります。

 そして、ザック・プリサックは今回が対戦相手の投手として3度めの先発でした。

  • 4月14日、ホワイトソックス/ カルロス・ロドンが達成した日の先発:ザック・プリサック(0.2回/被安打7/失点6)
  • 5月7日、レッズ/ウェイド・マイリーが達成した日の先発:ザック・プリサック(8回/3ヒッター)
  • 【参考記録】7月7日、レイズによるコンバインド時の先発:サム・ヘンゲス。
  • 今回、またもやザック・プリサック(6回/4ヒッター/3失点)。

 怖いのはホセ・ラミレスと思ったとしても、打率は.257。さすがのフロント・オフィスも編成を考えるでしょうね。

 来季からはガーディアンズです!

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました