スポンサーリンク

【MLB 2021】ブルワーズ、バーンズ&へイダーでコンバインド・ノーヒッターを達成!

MLB史上最多のシーズン9度目のノーヒットノーラン

 こんにちは。

 現地2021年9月11日、ミルウォーキー・ブルワーズが、ポストシーズンに向けて弾みをつける素晴らしい記録を達成。

 その前に、9月11日と言えば、あの911の惨事が起こった日です。

ニューヨークでは911のイベント

 ニューヨークのシティ・フィールドでは、ゲーム前に追悼のイベントが行われました。もうあれから20年も経過したんですね。

 犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

2021年のノーヒットノーラン

 コービン・バーンズとジョシュ・へイダーによるコンバインド・ノーヒットノーランは、今季9度目。ご覧のようなログになっています。

【2021シーズンのノーヒットノーラン達成】

  1. ジョー・マスグローブ (SDP) : 現地2021年4月9日 @ TEX
  2. カルロス・ロドン(CWS): 現地2021年4月14日 vs CLE
  3. ジョン・ミーンズ(BAL): 現地2021年5月5日 @SEA
  4. ウェイド・マイリー(CIN): 現地2021年5月7日 @CLE
  5. スペンダー・ターンブル(DET): 現地2021年5月18日 @SEA
  6. コーリー・クルーバー(NYY): 現地2021年5月19日 @TEX
  7. コンバインド(CHC):現地2021年6月24日 @LAD
    • ザック・デイビーズ/ライアン・テペラ/アンドリュー・チェイフィン/クレイグ・キンブレル
  8. タイラー・ギルバート(ARI): 現地2021年8月14日 vs SDP
  9. コンバインド (MIL) : 現地2021年9月11日 @ CLE
    • コービン・バーンズ/ ジョシュ・へイダー

参考記録【7イニング】

  • マディソン・バンガーナー(ARI): 現地2021年4月25日 @ATL
  • コンバインド(TBR): 現地2021年7月7日 vs CLE
    • コリン・マクヒュー/ ジョシュ・フレミング/ ディエゴ・カスティーヨ/ マット・ウィスラー/ ピート・フェアバンクス

 2021シーズンはすでに6月の時点で「1900年以降で」という近代野球の括りでの最多記録の7度を超えています。今回の9度目の達成は、その括りさえも解き放ち、1884年に達成されたMLB史上最多の8度さえも超えたというレコード・ブレイキングです。

【シーズンノーヒッター記録】

  • すでに6月の時点で、1900年以降の最多の7度(1990/1991/2012/2015)超え。
  • 1884年:8度 ←今回はこれを超えました。

 参考記録である7イニングでの2度の達成も入れたなら、実に11度というすごいシーズンになったのでした。

ブルワーズ史上では2度目

 また、1969年にクラブが創設されたブルワーズのフランチャイズ・レコードで言えば、2度めの達成です。

 1度目は1987年4月15日に、フアン・ニエベス(Juan Nieves)がオリオールズ戦で達成。当時のブルワーズには、ポール・モリター、ロビン・ヨーントなどがおり、オリオールズにはカル・リプケン・Jr.やエディー・マレーがおりました。

Milwaukee Brewers at Baltimore Orioles Box Score, April 15, 1987 | Baseball-Reference.com
Milwaukee Brewers beat Baltimore Orioles (7-0). Apr 15, 1987, Attendance: 11407, Time of Game: 2:36. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, p...

コービン・バーンズ、6回までパーフェクト

 初回にクリスチャン・イェリッチとオマール・ナルバエスのタイムリーで2点を援護してもらったコービン・バーンズは、立ち上がりからインディアンス打線を圧倒。1回裏に、マイルズ・ストローとブラッドリー・ジマーを2者連続三振に仕留めてどんどん勢いを増していきました。

 気づけば、インディアンス打線を6回終了までパーフェクトに抑えるトリメンダスな投球。

 7回裏、先頭のマイルズ・ストローに四球を与え、パーフェクトは崩れたものの、危なげない投球。

ロレンゾ・ケインが好守備

 まったく危なげない投球だったのですが、唯一ヒヤリとさせたのは、8回裏2アウト後の、オーウェン・ミラーの右中間へのライナー。伏兵に持っていかれたか?と思ったその時、名手のロレンゾ・ケインがダイビング・キャッチ!ノーノー・ブレイクの危機を救いました。

8回で115球 

 コービン・バーンズはこの日、8回を投げ14奪三振。与四球は1つ。やはりこれだけ三振を奪うと、球数も多くなり、8回を投げて115球。

 もう1イニングという選択肢もありましたが、次回の登板やポストシーズンも考慮し、ここは無理せずに降板。

 そして9回裏は、ジョシュ・へイダーが登板。厳しいコースに97-98mphのファストボールを投じられては打てるわけがありません。

 オースティン・ヘッジスの1Bファウルフライをジェイス・ピーターソンが防御ネットをうまく利用してキャッチしたシーンが唯一ドキドキしたくらいです。

 ヘイダーは31セーブ目を上げ、見事にコンバインド・ノーヒッターを達成したのでした。

 ゲームは3-0のスコアでした。

インディアンス、ノーヒッターを喫したのは今季3度め

 さて、対戦相手のインディアンスですが、今季ノーヒッターを喫したのはこれで3度め。参考記録のレイズによるコンバインドを入れたなら、4度になります。

 そして、ザック・プリサックは今回が対戦相手の投手として3度めの先発でした。

  • 4月14日、ホワイトソックス/ カルロス・ロドンが達成した日の先発:ザック・プリサック(0.2回/被安打7/失点6)
  • 5月7日、レッズ/ウェイド・マイリーが達成した日の先発:ザック・プリサック(8回/3ヒッター)
  • 【参考記録】7月7日、レイズによるコンバインド時の先発:サム・ヘンゲス。
  • 今回、またもやザック・プリサック(6回/4ヒッター/3失点)。

 怖いのはホセ・ラミレスと思ったとしても、打率は.257。さすがのフロント・オフィスも編成を考えるでしょうね。

 来季からはガーディアンズです!

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました