スポンサーリンク

【MLB2021】”0 Walk & 58 K!” コービン・バーンズ、無四球期間中の奪三振記録を樹立(追記あり)

コービン・バーンズがメジャー記録達成

 現地2021年5月13日(木)、ミラー・パークにて行われたカージナルス@ブルワーズ戦で、コービン・バーンズが登場。この試合前までは5試合に登板し、与四球は0。そして奪三振は49を数えていました。

 今回の登板でBB(四球)無しのまま、どこまで奪三振が伸ばせるかが注目ポイントでしたが、コービン・バーンズは見事にメジャー記録を更新。無四球のままの奪三振数を58に伸ばし、メジャー記録を達成しました!

 Congratulations!

QSの連続

 このゲーム前までのコービン・バーンズの2021シーズンの登板ログは以下のような状態でした。

  1. 4月3日 vs MIN: 6.1 IP/ 1Hit/ 1 RUN/ 11 SO/ 0 BB→敗戦投手
  2. 4月8日 @STL : 6.0 IP/ 1Hit/ 0 RUN/ 9 SO/ 0 BB→勝ち負け無し
  3. 4月14日 vs CHC: 6.0 IP/ 2 Hit/ 0 RUN/ 10 SO/ 0 BB→勝利投手
  4. 4月20日 @SDP: 6.0 IP/ 4 Hit/ 0 RUN/ 10 SO/ 0 BB→勝利投手
  5. 4月26日 vs MIA: 5.0 IP/ 5 Hit/ 4 RUN/ 9 SO/ 0 BB→敗戦投手

 数字上はもう抜群の成績ですね。2度ほど敗戦投手にはなっているのですが、5試合中4試合がQS(クオリティー・スタート)。

【QS:クオリティー・スタートとは?】

  • 先発で6イニング以上登板
  • 自責点(ER)が3点以下

4月後半からCOVID-ILに

 なお、コービン・バーンズは2021年4月後半にCOVID-19のテスト陽性が出て、4月29日から5月12日まではCOVID – ILに入り、離脱。しかし、テスト陽性が出たものの、IL期間中は無症状のままだったそうです。そして、5月13日にアクティブ・ロスターに復帰したのでした。今回は復帰後初のマウンドでした。

5回で9K!

 立ち上がり、コービン・バーンズはリードオフのトミー・エドマンにシングルを許します。このゲーム、コービン・バーンズにとってはトミー・エドマンが鬼門となりました。

 そのエドマンはディラン・カールソンの打席で2盗。さらにポール・ゴールドシュミットのSSゴロの間に3塁へ進塁。そして、ノーラン・アレナドがタイムリーを放ち、カージナルスが先制点を奪います。

 しかし、コービン・バーンズが躓いたのは初回のみ。2回からは奪三振の嵐となりました。

冴え渡るカッター

 投球の5割以上がカッターというコービン・バーンズ。カッターは最大の武器なのですが、この日も冴え渡りました。カッターは92-93mphをマーク。そしてそれより速い速度帯のシンカーは97mphをマークしていました。時折投げる90mphほどのチェンジアップ、さらに86mphほどのスライダーも有効でした。

エドマンに四球

 5回表、2者連続三振を奪ったコービン・バーンズ。次の打者は初回にシングルを打たれたトミー・エドマン。やはり意識してしまったのか、コービン・バーンズは初球にストライクを奪うも、その後はコントロールが定まらず、4連続ボール。ついにシーズン初四球を計上するに至りました。

連続無四球がストップ

 これによりコービン・バーンズのシーズン無四球はこのゲーム前までの29.1イニングにこの日の4.2イニングを加えた34.0 IPでストップ。

無四球中の奪三振は58

 そして無四球期間中の奪三振数は、このゲーム前までの49個に、このゲームでのエドマンの前までに奪った9個を加えて58個という結果に。素晴らしい記録ですね。

 この日は2週間ぶりの登板になったコービン・バーンズは5イニングで降板。78球で被安打5、失点1、与四球1、奪三振9という内容でした。

ジャック・フラハーティーが立ちはだかる

 エースの好投に報いたいブルワーズ。2回、3回、4回、6回と先頭打者を出塁させたものの、この日はカージナルス先発のジャック・フラハーティーの前にあと1本を封じられ、無得点。

 ジャック・フラハーティーは6回を投げ、被安打4、失点0、与四球2、奪三振が6。

 ブルワーズ打線はフラハーティー降板後もカージナルスのリレーに抑えられ、9回にヒット1本を放つのが精一杯。逆にカージナルスには四球絡みで追加点を奪われ、2−0のスコアで敗れました。

ジャック・フラハーティー、7-0

 カージナルス先発のジャック・フラハーティーですが、今季は絶好調。開幕戦で5回持たずに、6失点で炎上したのを最後に、その後は7度登板して7連勝!今季はすでに7勝0敗です。もちろん、両リーグ通じてハーラー単独トップ。ERAは2.47。

MLBレコード

 今回のコービン・バーンズの無四球期間中の奪三振はメジャー・レコード。それまでは2017年にドジャースのケンリー・ジャンセンが樹立した51が最高でした。そしてその次が、アダム・ウェインライトが2013年に記録した35。

ゲリット・コールが迫っている 

 ただし、ゲリット・コールがひたひたと背中を追いかけています。ゲリット・コールはシーズン初登板ですでに四球を出しているのですが、今季4度目の登板から5試合連続で無四球を継続中。そしてこの間の5登板で奪三振は49。ひょっとしたら、ゲリット・コールは次の登板でコービン・バーンズの記録を抜く可能性も。

コービン・バーンズとは

 最後にコービン・バーンズについて簡単に記しておきます。1994年10月22日生まれの26才。2016年のアマチュア・ドラフトでブルワーズから4巡目指名を受け、プロ入り。

リリーフで7勝(2018)

 メジャーデビューは2018年。この年はリリーフオンリーで、30試合に登板。リリーフだけで7勝0敗を上げました。

 2019年もリリーフ中心で、32試合に登板。ただ、先発も4試合を体験。この年はERA 8.82が示すように非常に苦しみました。

 しかし、2020年の短縮シーズンでは12試合中、9試合で先発。4勝1敗、ERA 2.11でサイヤング賞の投票で6位に。

 そして今季の際立った活躍という流れです。

 ブルワーズ、打線が頑張って欲しいですね。

追記:ゲリット・コールが記録更新

 コービン・バーンズが新記録を出したその時に、ヤンキースのゲリット・コールも迫ってきていると書いておりましたが、新記録はゲリット・コールが61に更新しました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました