スポンサーリンク

 【MLB2021】惜しすぎる!オリオールズ、ジョン・ミーンズのアン・パーフェクト・ノーヒッター

今季抜群の安定感!ついに大記録達成

 現地2021年5月5日(水)、今季抜群の安定感を誇るオリオールズの左腕、ジョン・ミーンズ(John Means)がやりましたね。シアトルのT-Mobileパークで行われたマリナーズ戦で、ノーヒットノーランを達成しました。

 Congratulations!

 これで2021シーズンのノーヒッター達成者は現地2021年4月9日にパドレスのジョー・マスグローブ、現地2021年4月15日に達成したホワイソックスのカルロス・ロドンに次ぐ3人目。

 さらに非公式ながら、7イニング制のダブルヘッダーのゲームで達成したマディソン・バンガーナーを入れると4人目となります。

惜しすぎる、振り逃げ1つ

 もうほぼパーフェクトと言ってもいいのではないかと思わるくらいにすごかったこの日のジョン・ミーンズのノーヒットノーラン。

 スコアだけを見ると、パーフェクトのようにゼロが並びました。

I.P.HitsRunERBBSO
9.0000012

ワイルド・ピッチ?? 

 パーフェクトが崩れたのは3回裏。1アウト後に、サム・ハガーティー(Sam Haggerty)を打席に迎え、ジョン・ミーンズは2球で2ストライクと追い込みます。3球目は目線を逸らせる4シームで1ボール。

 そして4球目。大きく縦に割れる80.3mph(129.2kmh)のカーブに、打者のサム・ハガーティーが狙い通りに反応。三振を奪いに行ったボールなので、これで2アウトと思った瞬間、捕手の前でバウンドしたボールがペドロ・セベリーノの後方に。これで振り逃げとなり、マリナーズは危うくパーフェクトを免れたのでした。

パスボールでも良さそう

 それにしても、ペドロ・セベリーノ、結果論とは言え、なんとかならなかったのか?と思いますね。普通なら体で止めに行く投球だったと思いますが、完全に体が浮いてしまいました。ちょうど、サム・ハガーティーのスイングがボールを追いかけるような形だったため、視線が遮られたのかもしれません。あるいはカーブ独特のどちらに跳ねるかわからないバウンドを想定して重心が上になってしまったのか?そこは定かではありませんが、もしも捕っていたら?と思うと惜しいプレーでしたね。

ボルチモア移転後6人目

 今回のジョン・ミーンズのノーヒットノーランは、オリオールズ史上10人目の達成。また、1954年にオリオールズがボルチモアに移転後では、6人目の達成となります。

MLB史上初のケースの!? ノーヒットノーラン 

 また、相手チームにフォアボール、デッドボール、エラーがついていないノーヒットノーランというのは、MLB史上初の出来事になります。

17人連続初球ストライク

 3Bライナーが正面を衝いたりしたこともありましたが、今回のジョン・ミーンズのノーヒットノーランは投球内容も素晴らしかったです。プレーボールから17人連続で、初球ストライク。これが6回1アウトまで続きました。

 また初球ボールとなったのは、6回裏、2アウトで打席に回ってきたJ.P. クロフォードの打席のみ。後は26アウトのすべてが初球ストライク。サム・ハガーティーが6回裏に初球をキャッチャーゴロでアウトというシーンがありましたが、これもゾーンに入ったストライクでした。

ジョン・ミーンズとは

 ジョン・ミーンズは、1993年4月24日生まれの28才。2014年のアマチュア・ドラフトで、オリオールズから11巡目指名を受けてプロ入り。ウェスト・バージニア大学の出身。非常に大きく見えますが、身長は190cm。もっと大きく見えますね。

 デビューは2018年9月26日。

ルーキーでチームの顔に

 2018年、オリオールズのシーズン成績は47勝115敗。2019年は54勝104敗。ジョン・ミーンズが出てきたのは、オリオールズが2016年にワイルドカードでポストシーズンに出場して以降、リビルドの嵐が吹き荒れていたシーズンでした。

 2019年、非常に厳しい戦いを強いられていたオリオールズにおいて、前半戦に7勝5敗をマークしたジョン・ミーンズはその活躍が評価され、オールスターに出場。そして、この時期は、オリオールズのフロントにとってもジョン・ミーンズを置いて前に推し出せる選手がいなかったという状況で、ルーキーなのに、チームの顔としても期待されたのでした。

非常にクレバー

 ファストボールの平均は、2020年は93.8mph(150.95kmh)だったのに対し、今季はここまで92.6mph(149.02kmh)とやや落ちています。しかし、この日の投球を見ておわかりのように、ギアをグンと上げる投球をするので、平均では前年比よりも落ちますが、終盤においても93-94mph (149.66kmh-151.27kmh)をマークするなど要所要所でスピードを上げてきます。

 球種は4シーム、チェンジアップ、スライダー、カーブ。とくにチェンジアップは、ツーシームのような曲がり方をしますので、非常に有効。

2021シーズンは好調

 2021シーズンはこの日の勝利を含め、4勝0敗で、ERAは1.37。今季の初登板では、スプリング・トレーニングで打撃好調だったレッドソックスを7回被安打1に抑えた快投で余計に勢いが出たと思います。

菊池投手、SSゴロで先制点

 この日、マリナーズの先発は菊池投手。前回の4月29日のアストロズ戦では、7回1ヒッターと調子は上向きでした。

 2回、先制点を許した場面では完全にSSゴロに打ち取っていたのですが、シフトを敷いていた関係で、タイムリーに。ちょっとアンラッキーでした。

 しかし、菊池投手は7回を被安打5、失点3に抑えるナイス・ゲームメイク。やはり調子の良さはキープしていましたね。

 今回は敗戦投手となってしまいましたが(1勝2敗)、次回以降も楽しみなピッチングでしたね。

 ゲームは菊池投手降板後も、トレイ・マンシーニのHRなどで加点したオリオールズが6-0のスコアで勝ちました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました