スポンサーリンク

 【MLB2021】惜しすぎる!オリオールズ、ジョン・ミーンズのアン・パーフェクト・ノーヒッター

MLB 記録と賞

今季抜群の安定感!ついに大記録達成

 現地2021年5月5日(水)、今季抜群の安定感を誇るオリオールズの左腕、ジョン・ミーンズ(John Means)がやりましたね。シアトルのT-Mobileパークで行われたマリナーズ戦で、ノーヒットノーランを達成しました。

 Congratulations!

 これで2021シーズンのノーヒッター達成者は現地2021年4月9日にパドレスのジョー・マスグローブ、現地2021年4月15日に達成したホワイソックスのカルロス・ロドンに次ぐ3人目。

 さらに非公式ながら、7イニング制のダブルヘッダーのゲームで達成したマディソン・バンガーナーを入れると4人目となります。

惜しすぎる、振り逃げ1つ

 もうほぼパーフェクトと言ってもいいのではないかと思わるくらいにすごかったこの日のジョン・ミーンズのノーヒットノーラン。

 スコアだけを見ると、パーフェクトのようにゼロが並びました。

I.P.HitsRunERBBSO
9.0000012

ワイルド・ピッチ?? 

 パーフェクトが崩れたのは3回裏。1アウト後に、サム・ハガーティー(Sam Haggerty)を打席に迎え、ジョン・ミーンズは2球で2ストライクと追い込みます。3球目は目線を逸らせる4シームで1ボール。

 そして4球目。大きく縦に割れる80.3mph(129.2kmh)のカーブに、打者のサム・ハガーティーが狙い通りに反応。三振を奪いに行ったボールなので、これで2アウトと思った瞬間、捕手の前でバウンドしたボールがペドロ・セベリーノの後方に。これで振り逃げとなり、マリナーズは危うくパーフェクトを免れたのでした。

パスボールでも良さそう

 それにしても、ペドロ・セベリーノ、結果論とは言え、なんとかならなかったのか?と思いますね。普通なら体で止めに行く投球だったと思いますが、完全に体が浮いてしまいました。ちょうど、サム・ハガーティーのスイングがボールを追いかけるような形だったため、視線が遮られたのかもしれません。あるいはカーブ独特のどちらに跳ねるかわからないバウンドを想定して重心が上になってしまったのか?そこは定かではありませんが、もしも捕っていたら?と思うと惜しいプレーでしたね。

ボルチモア移転後6人目

 今回のジョン・ミーンズのノーヒットノーランは、オリオールズ史上10人目の達成。また、1954年にオリオールズがボルチモアに移転後では、6人目の達成となります。

MLB史上初のケースの!? ノーヒットノーラン 

 また、相手チームにフォアボール、デッドボール、エラーがついていないノーヒットノーランというのは、MLB史上初の出来事になります。

17人連続初球ストライク

 3Bライナーが正面を衝いたりしたこともありましたが、今回のジョン・ミーンズのノーヒットノーランは投球内容も素晴らしかったです。プレーボールから17人連続で、初球ストライク。これが6回1アウトまで続きました。

 また初球ボールとなったのは、6回裏、2アウトで打席に回ってきたJ.P. クロフォードの打席のみ。後は26アウトのすべてが初球ストライク。サム・ハガーティーが6回裏に初球をキャッチャーゴロでアウトというシーンがありましたが、これもゾーンに入ったストライクでした。

ジョン・ミーンズとは

 ジョン・ミーンズは、1993年4月24日生まれの28才。2014年のアマチュア・ドラフトで、オリオールズから11巡目指名を受けてプロ入り。ウェスト・バージニア大学の出身。非常に大きく見えますが、身長は190cm。もっと大きく見えますね。

 デビューは2018年9月26日。

ルーキーでチームの顔に

 2018年、オリオールズのシーズン成績は47勝115敗。2019年は54勝104敗。ジョン・ミーンズが出てきたのは、オリオールズが2016年にワイルドカードでポストシーズンに出場して以降、リビルドの嵐が吹き荒れていたシーズンでした。

 2019年、非常に厳しい戦いを強いられていたオリオールズにおいて、前半戦に7勝5敗をマークしたジョン・ミーンズはその活躍が評価され、オールスターに出場。そして、この時期は、オリオールズのフロントにとってもジョン・ミーンズを置いて前に推し出せる選手がいなかったという状況で、ルーキーなのに、チームの顔としても期待されたのでした。

非常にクレバー

 ファストボールの平均は、2020年は93.8mph(150.95kmh)だったのに対し、今季はここまで92.6mph(149.02kmh)とやや落ちています。しかし、この日の投球を見ておわかりのように、ギアをグンと上げる投球をするので、平均では前年比よりも落ちますが、終盤においても93-94mph (149.66kmh-151.27kmh)をマークするなど要所要所でスピードを上げてきます。

 球種は4シーム、チェンジアップ、スライダー、カーブ。とくにチェンジアップは、ツーシームのような曲がり方をしますので、非常に有効。

2021シーズンは好調

 2021シーズンはこの日の勝利を含め、4勝0敗で、ERAは1.37。今季の初登板では、スプリング・トレーニングで打撃好調だったレッドソックスを7回被安打1に抑えた快投で余計に勢いが出たと思います。

菊池投手、SSゴロで先制点

 この日、マリナーズの先発は菊池投手。前回の4月29日のアストロズ戦では、7回1ヒッターと調子は上向きでした。

 2回、先制点を許した場面では完全にSSゴロに打ち取っていたのですが、シフトを敷いていた関係で、タイムリーに。ちょっとアンラッキーでした。

 しかし、菊池投手は7回を被安打5、失点3に抑えるナイス・ゲームメイク。やはり調子の良さはキープしていましたね。

 今回は敗戦投手となってしまいましたが(1勝2敗)、次回以降も楽しみなピッチングでしたね。

 ゲームは菊池投手降板後も、トレイ・マンシーニのHRなどで加点したオリオールズが6-0のスコアで勝ちました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
【MLBワード】ポストシーズン・シェアとは?
タイトルとURLをコピーしました