スポンサーリンク

【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝

パイレーツ、今季もスタートは好調

 現地2024年3月31日、ピッツバーグ・パイレーツは28日から始まったマイアミとの開幕4連戦をスウィープ。好調な滑り出しとなりました。

【パイレーツの開幕4連戦】

  • 3/28: PIT 6 @ 5 MIA
  • 3/29: PIT 7 @ 2 MIA
  • 3/30: PIT 9 @ 3 MIA
  • 3/31: PIT 9 @ 7 MIA(F/10)

 パイレーツは2023年も4月は好調。NLではダントツの成績を残しました。

 ただ、最初の滑り出しは良かったものの、5月から急降下し、これが7月まで約3ヶ月間落ち込み、残り2ヶ月でなんとか5割近くまで粘ったものの、中核の3ヶ月の落ち込みが響いて78勝86敗でNLセントラル4位という結果でした。

ローテーションの出来

 一つには投手陣が崩れた面もあったのですが、マイアミとの開幕4連戦のローテーションの成績はご覧の通り。

DateSPIPHRERBBSOHR
Mar. 28ミッチ・ケラー5.2754230
Mar.29マーティン・ペレス4.1611320
Mar. 30ジャレッド・ジョーンズ5.23332100
Mar. 31ベイリー・ファルター4.0566322

 Gm1からGm3までは先発がゲームメイク。Gm4のベイリー・ファルターのみ崩れましたが、そのGm4では初回に5失点を喫するも、2回表に打線がつながり3得点を上げ、7回表には逆転。延長10回に2点を勝ち越し、9-7で勝利。打撃は相変わらずいいですね。

ルーキーのジャレッド・ジョーンズが好投

 なんと言ってもGame3で先発したルーキーのジャレッド・ジョーンズ()の好投が大きかったですね。ミッチ・ケラー、マーティン・ペレスという割と強い2枚は揃えたものの、それ以降のローテーションは不安を残しての開幕で、ルーキーを抜擢したのも、層の薄さの現れでもあったのですが、このルーキーが期待に応えましたね。

10Kデビュー

 ジャレッド・ジョーンズは2001年8月6日生まれの22才。2020年のパイレーツの2巡目指名の投手です。高校卒でのプロ入りで、4年目にきっちり出てきました。2023年はAAとAAAで投げ、双方を併せて5勝9敗、ERA 3.85。BB9は3.6、SO9は10.4でした。Pre-2024のプロスペクト・ランクでは62位。

 ジャレッド・ジョーンズは初回は緊張を払拭するためか、とにかく投げっぷりが良かったです。High-90mphを連発し、特に3人目のブライアン・デラクルーズに対してはこの日最速の99.9mphをマーク。いいボールでした。それにコントロールが非常に良く、もはやコマンドをしっかりと意識しているレベル。

 2回以降、4シームのアベレージは97mph、96mphと落ちて行きましたが、アクセントがついて良かったのが78mphほどのカーブ。腕の振りが縦なので、カーブも投げやすいようでこれが効果的で4シームもさらに速く見せていたように思います。その他、88-89mphほどのスライダー、チェンジアップも良かったです。

 まずは素晴らしいデビュー戦だったと思います。

PIT、ルイス・アラエズを抑える

 このマイアミとの4連戦でパイレーツ投手陣が成功したのは、2022年と2023年にALとNLでそれぞれバッティング・タイトル(=打率)を獲ったルイス・アラエズを完全に封じたことです。 

 ルイス・アラエズの開幕4連戦の成績は、6-0、4-0、4-1、4-1でたった2安打しか許しませんでした。マイアミも打撃は良いだけにアラエズを封じたのは大きかったと思います。

オニール・クルーズが好調

 そして打撃が好調な中でやはりオニール・クルーズが結果を出しています。開幕3戦で14打数5安打、1 HR、2 RBIで、.358/.438/.571。ただ、1、2戦でそれぞれ3三振とまだ粗さも見せている模様。

 パイレーツはGm4でSSをオニール・クルーズではなく、アリカ・ウィリアムズを起用してきました。アリカ・ウィリアムズは25才で2020年のドラフトのレイズの1巡目指名のSS。2023年6月にロバート・スティーブンソンとのトレードでパイレーツに移籍してきました。そのアリカ・ウィリアムズはGm4で4-1でその1本はトリプルとこちらも結果を出しています。

 今のところはオニール・クルーズがメインSSのようですが、この2人の争いも面白いです。

 昨年よりも戦力は確実に充実しているパイレーツ。まだトリプルAに2023年の全体1位、ポール・スキーンズを抱えており余力はあります。今季はどこまで継続するのか、楽しみです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました