スポンサーリンク

【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝

パイレーツ、今季もスタートは好調

 現地2024年3月31日、ピッツバーグ・パイレーツは28日から始まったマイアミとの開幕4連戦をスウィープ。好調な滑り出しとなりました。

【パイレーツの開幕4連戦】

  • 3/28: PIT 6 @ 5 MIA
  • 3/29: PIT 7 @ 2 MIA
  • 3/30: PIT 9 @ 3 MIA
  • 3/31: PIT 9 @ 7 MIA(F/10)

 パイレーツは2023年も4月は好調。NLではダントツの成績を残しました。

 ただ、最初の滑り出しは良かったものの、5月から急降下し、これが7月まで約3ヶ月間落ち込み、残り2ヶ月でなんとか5割近くまで粘ったものの、中核の3ヶ月の落ち込みが響いて78勝86敗でNLセントラル4位という結果でした。

ローテーションの出来

 一つには投手陣が崩れた面もあったのですが、マイアミとの開幕4連戦のローテーションの成績はご覧の通り。

DateSPIPHRERBBSOHR
Mar. 28ミッチ・ケラー5.2754230
Mar.29マーティン・ペレス4.1611320
Mar. 30ジャレッド・ジョーンズ5.23332100
Mar. 31ベイリー・ファルター4.0566322

 Gm1からGm3までは先発がゲームメイク。Gm4のベイリー・ファルターのみ崩れましたが、そのGm4では初回に5失点を喫するも、2回表に打線がつながり3得点を上げ、7回表には逆転。延長10回に2点を勝ち越し、9-7で勝利。打撃は相変わらずいいですね。

ルーキーのジャレッド・ジョーンズが好投

 なんと言ってもGame3で先発したルーキーのジャレッド・ジョーンズ()の好投が大きかったですね。ミッチ・ケラー、マーティン・ペレスという割と強い2枚は揃えたものの、それ以降のローテーションは不安を残しての開幕で、ルーキーを抜擢したのも、層の薄さの現れでもあったのですが、このルーキーが期待に応えましたね。

10Kデビュー

 ジャレッド・ジョーンズは2001年8月6日生まれの22才。2020年のパイレーツの2巡目指名の投手です。高校卒でのプロ入りで、4年目にきっちり出てきました。2023年はAAとAAAで投げ、双方を併せて5勝9敗、ERA 3.85。BB9は3.6、SO9は10.4でした。Pre-2024のプロスペクト・ランクでは62位。

 ジャレッド・ジョーンズは初回は緊張を払拭するためか、とにかく投げっぷりが良かったです。High-90mphを連発し、特に3人目のブライアン・デラクルーズに対してはこの日最速の99.9mphをマーク。いいボールでした。それにコントロールが非常に良く、もはやコマンドをしっかりと意識しているレベル。

 2回以降、4シームのアベレージは97mph、96mphと落ちて行きましたが、アクセントがついて良かったのが78mphほどのカーブ。腕の振りが縦なので、カーブも投げやすいようでこれが効果的で4シームもさらに速く見せていたように思います。その他、88-89mphほどのスライダー、チェンジアップも良かったです。

 まずは素晴らしいデビュー戦だったと思います。

PIT、ルイス・アラエズを抑える

 このマイアミとの4連戦でパイレーツ投手陣が成功したのは、2022年と2023年にALとNLでそれぞれバッティング・タイトル(=打率)を獲ったルイス・アラエズを完全に封じたことです。 

 ルイス・アラエズの開幕4連戦の成績は、6-0、4-0、4-1、4-1でたった2安打しか許しませんでした。マイアミも打撃は良いだけにアラエズを封じたのは大きかったと思います。

オニール・クルーズが好調

 そして打撃が好調な中でやはりオニール・クルーズが結果を出しています。開幕3戦で14打数5安打、1 HR、2 RBIで、.358/.438/.571。ただ、1、2戦でそれぞれ3三振とまだ粗さも見せている模様。

 パイレーツはGm4でSSをオニール・クルーズではなく、アリカ・ウィリアムズを起用してきました。アリカ・ウィリアムズは25才で2020年のドラフトのレイズの1巡目指名のSS。2023年6月にロバート・スティーブンソンとのトレードでパイレーツに移籍してきました。そのアリカ・ウィリアムズはGm4で4-1でその1本はトリプルとこちらも結果を出しています。

 今のところはオニール・クルーズがメインSSのようですが、この2人の争いも面白いです。

 昨年よりも戦力は確実に充実しているパイレーツ。まだトリプルAに2023年の全体1位、ポール・スキーンズを抱えており余力はあります。今季はどこまで継続するのか、楽しみです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】勝率5割超え、NLウエスト2位で上昇気流に乗ったDバックスはトレードDLでバイヤーへ
【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
【MLB2024】レンジャーズのルーキー、ワイアット・ラングフォードがサイクル安打を達成!
タイトルとURLをコピーしました