スポンサーリンク

【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録

アスレチックスはALの中で改善度高し!

 現地2024年4月12日時点で各クラブともだいたい15試合ほどを消化。ここまでALで好調なのが、ヤンキース、ガーディアンズの2クラブ。ともに地区トップを走っており、ガーディアンズはエースのシェーン・ビーバーをトミージョン手術で欠くことになったものの、自慢の投手育成力がまたも炸裂。どんどんいい投手が出て気ています。さらに今季は打撃も好調。加えて二遊間がMLB NO.1と言ってもいい固さだけに面白い存在です。

 まだ首位ではないものの、自力の強さを感じるのがオリオールズとレンジャーズ。この2クラブは確かな強さがあります。そして補強が成功し、実力が出てきたロイヤルズ、若手が機能し始めたタイガースも好調です。

 苦戦しているのがアストロズ。12日のゲームを終えて4勝11敗でここ数年でワーストです。ツインズも打撃が湿って苦戦。ホワイトソックスはリビルドに加えてけが人が出てしんどい状況です。

 そんな中、オークランド・アスレチックスが前年とは違った戦いぶりをみ見せていて改善度の高さではなかなか良いものを見せています。

2023年とは違う

 2023年のアスレチックスと言えば悲惨そのもの。50勝112敗で失点924。なお、この失点924はMLBワースト2でこれを下回るツワモノがいて、それがロッキーズで957失点をマークしていました。アスレチックスのプレ・オールスター時点でのチームERAはなんと6.05。前半戦はもうどうしようもない状態でした。

 ところが今季はERA 3.76で現時点ではMLB全体で12位。ALではちょうど真ん中の8位。これはもう前年と比較にならなくくらいに大きく改善しています。

ポール・ブラックバーンが19.1 IPスコアレス

 まず好成績を上げている投手から。ポール・ブラックバーン(Paul Blackburn)は今季30才の右腕で、2023年は21試合中、20試合に先発して103.1イニングを投げ、4勝7敗、ERA 4.43。前年もそれなりの成績を出してはいたのですが、いかんせんベロシティーがないのでイニング以上の安打を浴びる投手でした。

 ところが、今季はここまで3試合に登板し、19.1 IPでスコアレス投球。しかも被安打の数が1試合当たり5本以内、しかも3試合でBBはたったの3。

DateOppo.IPHRERBBSOHR
3/31vs CLE7.0300130
4/6@ DET6.0300040
4/12vs WSH6.1500240

 非常に安定した投球を披露しています。面白いのが軸になっているボールはあくまで4シームなのですが、最も多く投げているのがチェンジアップで24.9%も投げている点。先日今季初のノーヒッターを達成したアストロズのロネル・ブランコもチェンジアップが非常に多いと投手ですが、このスタイルと似ている点が興味深いです。

 その次に多い球種がスライダーで21.4%、ようやく4シームが来て18.5%、あとはカッター、シンカー、カーブです。4シームはアベレージで92.0 mphというところ。チェンジアップは84.8mph、スライダーが81.7mph。なんというか、半速球をうまく使っているというのが面白いです。これまで3度の対戦相手はそれほど打撃力が高いクラブではないのもこの好成績を上げている要因でもありますが、今後同地区ライバルのレンジャーズ、インターリーグでドジャース、パドレスと対戦した時のピッチングが見ものです。

JP・シアーズも好投

 ようやく実力の片鱗を見せたのは、11日のレンジャーズ戦で7回途中1ヒッター・ピッチングを演じたJP・シアーズ。この投球は良かったですね。しかも相手がレンジャーズでしたからなおさらです。アスレチックスはこのゲームで結局1ヒッターシャットアウトを達成。レンジャーズ相手にあわやノーヒッターかという素晴らしいリレーでした。彼は1戦目と2戦目で結果が出ていなかったのでなおさら嬉しかったことでしょう。

 なお、アスレチックスのポール・ブラックバーンとJP・シアーズ以外のローテーション投手は、アレックス・ウッド、ロス・ストリップリング、ジョー・ボイルです。まだ数字はついてきていないものの、彼らは柱としての実績も豊富。これから良い要素の方が大きそうです。ちなみに2023年によく投げたルイス・メディーナは右膝を傷めて60Day IL中。左腕のケン・ウォルディチャックは2023年10月にUCLの捻挫と屈筋の挫傷により、現在60 Day ILに入りリハビリ中。テネックス手術という変わった超音波の類の手術でスローイング・プログラムに入っています。

メイソン・ミラーがついに開花

 そしてアスレチックス期待の剛腕、メイソン・ミラーが開花したと見て良いと思います。

 今季はクローザーで登場。ここまで5試合に登板して、7.0 IPで被安打6、失点2、自責点2、BB 3、 SO 12でSO9はなんと15.9をマーク。とりわけ注目されているのはそのベロシティー。JP・シアーズが1ヒッター・ピッチングを演じたゲームを締めたのですが、104mphをマークしています。

 Cofifyさんの調べではここまで101mph超えを27球も投じています。

 今季は肘を傷める投手が続出しているのでカートセイ監督はぜひとも登板間隔を空けて起用してもらいたいものです。

 このように今季は逃げる体制も出来てきたアスレチックス。ここまでシャットアウト勝利2試合、1失点ゲームが3試合もあります。1失点ゲームのうち1試合はレッドソックスに0-1で敗戦。

 打撃面では2得点以下のゲームが5試合もあるので、ここは頑張って欲しいですね。打撃も機能すればALウエストでかなりせめぎ合うことができるかもしれません。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
タイトルとURLをコピーしました