スポンサーリンク

【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!

ムーキーが止まらない!

 これまでも凄かったムーキー・ベッツですが、今季はさらにその上を行く勢いです。現地2024年4月16日に行われたナショナルズ戦で、1番SSで先発出場したムーキーは5打数5安打をマーク。2 RBI、2 Runでドジャースの勝利に貢献しました。

 もともと固め打ちの得意なムーキーですが、今季のエンジンのかかり具合はこれまで見せてきたムーキーの上を行きます。

内容の良いヒットを5本!

 ナショナルズの先発は2019年のポストシーズン・ヒーローの1人、パトリック・コービン。2019年の栄光以来、クラブ側がリビルドを図ったこともあり直近3年は負け数が勝利数を大きく上回っている状況です。2021年から2023年までの3年間で25勝50敗とちょっと気の毒な成績となっています。ただ、イニング・イーターとして先発の仕事はしっかりとこなしています。

 そんなパトリック・コービンの出鼻を挫くように、ムーキーは第1打席で、スライダーにうまく対応してRF前にポトリと落とすシングルを放ちチャンスメイク。つづく大谷選手のLFへのシングルなどもあり3塁へ進塁したムーキーはテオスカー・ヘルナンデスのダブルプレーの間に生還して先制のホームを踏みます。

 2回裏に回ってきた第2打席では左中間をライナーで破る二塁打を放ち、ランナー1人を還して1 RBI。4回裏の第3打席でも同じようなコースにシングルを放ち3安打目。7回裏には先頭打者として今度は右中間にこの日2本目の2塁打を放ち4安打目。この4打席はいずれもパトリック・コービンからの安打。パトリック・コービンは6.1 IPで被安打9、失点5、ER 5、BB4、SO 5、HR 1。ムーキー1人にかなりやられてしまいましたね。

 ムーキーは8回裏にも打席が回り、5打席目は1、2塁間を破るシングルで1 RBIをマーク。この日は5-5という凄まじい活躍を見せたのでした。

【YOUTUBE】5-for-5! Mookie Betts goes OFF in 5-hit performance!

AVG .388 !

 現地2024年4月16日のゲームを終えてのムーキーの成績は、打率.388、OBP .490、SLG .700、OPS OPS 1.190。HR 6、RBI 18、Run 22、安打数 31、Total Bases 56

 ランキングではご覧のような数字に。

  • AVG : MLB 1位
  • 安打数: MLB 1位
  • RUN: MLB 1位
  • Total Bases:MLB 1位
  • OBP: MLB 2位(NL 2位)
  • SLG: MLB3位(NL 2位)
  • OPS: MLB2位(NL 1位)
  • HR: MLB 4位タイ(NL 2位タイ)
  • RBI : MLB 4位(NL 3位タイ)

OPS+が223 !

 なお、100が出れば上出来というOPS+ですが、ムーキーはなんと223。あまり見たことのない数字です。

数項目でキャリアハイを超えるか

 過去にMVPを受賞したことのあるムーキーは現時点でキャリアハイの数字は非常に高く、ご覧の通りです。ただ、今季はこのキャリアハイを何項目も超えて来そうなそんな活躍ぶりとなっています。

【ムーキーのキャリアハイ】

  • AVG: .346 (2018 :BOS) 
  • OBP: .438 (2018 :BOS) 
  • SLG: .640 (2018 :BOS) 
  • OPS: 1.078 (2018 :BOS) 
  • OPS+: 186 (2018 :BOS) 
  • 安打数: 214 (2016: BOS)
  • HR: 39 (2023: LAD)
  • RBI: 113 (2016: BOS)
  • RUN: 135 (2019: BOS)
  • Total Bases:359 (2016: BOS)

SSと2Bをやりながら

 それに今季のムーキーのすごいところは、これまでのようなRFにおいて上記の打撃成績を上げているのではなく、SSと2Bという内野の要として機能しつつ打ちまくっていること。特にドジャースは開幕当初、3Bのマンシーのエラーが目立ち、内野の守備が指摘される中、ムーキーが締めているという点もすごいところです。1Bのフレディー・フリーマンの好守備ももちろん見逃すわけにはいきませんが。

翔平からの刺激

 ムーキーは2023年で30才のシーズンを迎えました。ここ数年はちょっと落ちてきたかな?と思われたのですが、今季、またしても超人的な活躍が復活。それは大谷選手の加入も大きいと思います。ムーキーは大谷選手が大好き。チームメイトになったことで非常に良い刺激をもらっているのだと思います。

 あの細い体で、SSもこなしてのこの活躍。さすがに腹斜筋とか腰が心配になりますが、ファンとしては良いものを見せてもらっていますね。

 なお、現地2024年4月16日のゲームは6-2のスコアでドジャースがナショナルズを破りました。

MLB Gameday: Nationals 2, Dodgers 6 Final Score (04/16/2024)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
タイトルとURLをコピーしました