スポンサーリンク

【MLB2023】アダム・ウェインライトがキャリア通算200勝を達成

42才、18シーズンで達成

 現地2023年9月18日、カージナルスのベテラン右腕のアダム・ウェインライト(Adam Wainwright)が、キャリア通算200勝を達成しました!メジャーリーグ史上122人目の200勝以上投手となりました。

 Congratulations!

 42才、キャリア18シーズンでの達成です。

ブルワーズ戦でヴィンテージな投球

 現時点でカージナルスはパイレーツにも抜かれてナリーグ中地区最下位です。この日は同地区ライバルで首位のブルワーズとの対戦。

 順位に差は開いても、アダム・ウェインライトは素晴らしい投球を披露しました。

 初回、2番のウィリアム・コントラレスに四球を出したアダム・ウェインライトでしたが、つづくカルロス・サンタナを4-6-3のダブルプレーに仕留め、乗って行きました。

 2回以降のアダム・ウェインライトは持ち前の打たせて取る投球が冴え、ブルワーズ打線を分断し、散発の4安打しか許しませんでした。

 アダム・ウェインライトは7イニング、93球を投げ、被安打がたったの4、BBが2、SOが3。首位クラブを相手にまさにヴィンテージな投球を披露しました。

全員で200勝を援護

 カージナルス打線はブルワーズ先発のフレディー・ペラルタに苦戦。それでも4回裏に新相棒のウィルソン・コントレラスが20号ソロHRを放ち、ウェインライトの投球を援護。

 カージナルスは、ウェインライト降板後も左腕のジョン・キングと、クローザーのライアン・ヘルスリーがしっかりと締めて、1-0でゲームをものにし、ウェインライトの200勝をバックアップしました。

MLB Gameday: Brewers 0, Cardinals 1 Final Score (09/18/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

ファストボールは80mph後半 

 今季のアダム・ウェインライトの平均ベロシティーは、シンカーが86.9mph、4シームが85.7mph、カッターが82.8mph、チェンジアップが81.5mph、スライダーが75.9mph、カーブが71.5mph。

 ここ数年は大きなカーブを使い、いかにファストボールを速く見せるか?というテクニック満載の投球が続いていました。

 この日もシンカーが90mphを超えることはなく、その代わりにカーブは最遅で67mphをマーク。工夫に工夫を重ねた投球を見せてくれました。

200勝はSTLで3人目

 カージナルスでこれまで200勝以上を上げた投手は、ボブ・ギブソン(251勝)、ジェシー・ヘインズ(210勝)。ウェインライトは3人めとなり、フランチャイズ史上に名を残すこととなりました。

 今季のウェインライトはスプリング・トレーニングから負傷。復帰後は得意の大きなカーブのコマンドを失って苦しみました。6月24日のカブス戦で負けがついて以来、9月7日のブレーブス戦まで約2ヶ月半、勝ち星から遠ざかり、この間は11先発で0勝10敗、ERA10.72。チームもウェインライト登板日は1勝10敗。

 200勝まであと2つというところで大きな壁に跳ね返され続けてきました。

 もし、カージナルスが優勝争いをしていたなら、ウェインライトはローテーションの座を失い、200勝達成はなかったと思われます。

 しかし、9月12日のオリオールズ戦で、5回2失点で199勝目。そしてこの日、200勝を達成。最後の最後に勝利の女神を味方につけることが出来ました。

 今季は5勝11敗。フランチャイズのヒーローを辛抱強く使い続けたカージナルスにも拍手ですね。

20勝 x 2、19勝 x2

 アダム・ウェインライトはジョージア州の高校の出身で、高卒時の2000年にブレーブスから1巡目指名を受けてプロ入り。全体順位は29位。

 3年後の2003年12月にブレーブスがJ.D.ドリューを獲得したトレードで、カージナルスに移籍。

 デビューはカージナルス移籍後の2005年で、23才の時です。

 2シーズン目の2006年はリリーバーとして登板。61試合を投げてERAは3.12。

 そして2007年に先発に転向。この年にいきなり14勝(12敗)を上げ、202.0イニングも投げ、頭角を現しました。そして2010年まで4年連続で二桁勝利どころか、2009年には19勝、2010年には20勝をマークしたのでした。

 2011年のスプリング・トレーニングで肘痛を発症。そのままトミー・ジョン手術となりました。

 復帰したのは2012シーズンの開幕3戦目の4月7日。ほぼ1年で戻ってきました。復帰した2012年にいきなり14勝をマーク。

 さらに2013年は19勝、2014年は2度めの20勝をマーク。

 ウェインライトは2007年から2014年までの7シーズンで、117勝をマークしました。

 その後も2021年は39才で17勝をマーク。クールな投球スタイルとは違い、まさに超人的な働きぶりでした。

【YOUTUBE】200 wins for Waino!! The best of Cardinals’ Adam Wainwright throughout his career

  タイトル、アウォードなどはご覧の通りです。

  • オールスター: 3度出場 2010, 2013 & 2014)
  • ゴールド・グラブ賞: 2度(2009 & 2013)
  • NLシルバー・スラッガー賞: 1度(2017)
  • NL最多勝: 2度 (2009 & 2013)
  • 最多IP:2度 (2009 & 2013)
  • 200 IP以上: 6シーズン(2007, 2009, 2010, 2013, 2014 & 2021)
  • 200 SO: 3度(2009, 2010 & 2013)
  • WS タイトル: 2006

今季で引退 

 アダム・ウェインライトは以前、2023年シーズン終了後に引退すると発表しています。今季は何が何でも200勝ということで臨んだシーズンでもありました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024FA】マーリンズがティム・アンダーソンと1年契約で合意
【MLB2024FA】レイズ、SS補強にアーメッド・ロザリオを獲得
【MLB2024FA】ブルワーズがブランドン・ウッドラフと再契約へ
【MLB2024FA】レッドソックスが”トミー・ジョン”リハビリ中のリアム・ヘンドリクスと2年契約で合意!
【MLBトレード2024】ロイヤルズ、レッドソックスからジョン・シュライバーを獲得
【MLB2024FA】フィリーズがウィット・メリフィールドと1年契約で合意
【MLB2024FA】ホワイトソックスがマイク・ムスターカスとマイナー契約
【MLB2024】オリオールズは怪我のニュースからスタート!カイル・ブラデッシュ(UCL)、ガナー・ヘンダーソン(腹斜筋)が怪我
【MLB2024FA】フィリーズがスペンサー・ターンブルを獲得!2021年にノーヒッターを達成
【MLB2024FA】ジャイアンツが注目FAのホルヘ・ソレアーを獲得!3年契約で合意
【MLB2024】ナショナル・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024】アメリカン・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024FA】レイズがフィル・メイトンを獲得したディールについて
【MLB2024】アスレチックス、2028年からのラスベガス移転に悪戦苦闘中
【MLB2024】レッドソックスがマイケル・フルマーとマイナー契約!2024年は投げられない!
【MLB2024FA】ドジャース、肩の手術を終えたクレイトン・カーショウと再契約へ(追記あり)
【MLB契約2024】ロイヤルズが”スーパー・エリート”のボビー・ウィット・Jr.と11年/288.78Mドル保証で延長契約!
【MLB2024】ドジャースがブルペンを更新!ケイレブ・ファーガソンをトレードし、ライアン・ブレイジャーと2年契約
【MLB2024】マリナーズがホワイトソックスからグレゴリー・サントスをトレードで獲得
【MLB2024】セオ・エプスタインがレッドソックスの親会社のフェンウェイ・スポーツ・グループに参加
【MLB2024】メッツがアダム・オッタビーノ、藤浪投手、ジェイク・ディークマンを獲得
【MLBトレード2024】オリオールズがブルワーズからコービン・バーンズを獲得!
【MLB2024】コーリー・シーガーがスポーツ・ヘルニアの手術を受けるも、シーズンへの影響は最少
【MLB2024FA】注目FAのジャスティン・ターナーはブルージェイズと1年契約で合意
【MLB2024】マリナーズがツインズからホルヘ・ポランコをトレードで獲得!
【MLB2024FA】ロイヤルズがアダム・フレイジャーと1年契約で合意
【MLB2024FA】注目リリーバーのヘクター・ネリスはカブスとサイン!
【発表!】MLB 2024トップ・プロスペクト・ランク100!1位はオリオールズのジャクソン・ホリデー!
【MLB2024FA】レンジャーズがデービッド・ロバートソンを獲得!1年/11.5Mドル保証でサイン
【MLB2024FA】Dバックスがジョク・ピダーソンを獲得!1年/12.5Mドル保証で合意
タイトルとURLをコピーしました