スポンサーリンク

【MLB】カブス、ドジャース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成

デイビーズ、テペラ、チェイフィン、キンブレル

 現地2021年6月24日(木)、カブス@ドジャースの4ゲームシリーズが始まりました。そのGame1でシカゴ・カブスがドジャースを相手に、コンバインド・ノーヒットノーランを達成。

 先発ザック・デイビーズ(Zach Davies )から始まり、ライアン・テペラ(Ryan Tepera)、アンドリュー・チェイフィン(Andrew Chafin )そしてクレイグ・キンブレル(Craig Kimbrel)と素晴らしいリレーで大記録を達成しました。

今季7度目のノーヒットノーラン

 今回はコンバインドとは言え、9イニングでの達成ということで、公式にノーヒットノーランとカウントされます。したがって、今季はこれで7度目のノーヒットノーラン達成となりました。

【2021シーズンのノーヒットノーラン達成】

  1. ジョー・マスグローブ (SDP) : 現地2021年4月9日 @ TEX
  2. カルロス・ロドン(CWS): 現地2021年4月14日 vs CLE
  3. ジョン・ミーンズ(BAL): 現地2021年5月5日 @SEA
  4. ウェイド・マイリー(CIN): 現地2021年5月7日 @CLE
  5. スペンダー・ターンブル(DET): 現地2021年5月18日 @SEA
  6. コーリー・クルーバー(NYY): 現地2021年5月19日 @TEX
  7. コンバインド(CHC):現地2021年6月24日 @LAD

参考:マディソン・バンガーナー(ARI): 現地2021年4月25日 @ATL

シーズン最多タイ

 過去のシーズン最多ノーヒットノーランは7度。

【シーズンノーヒッター記録】

シングル・シーズンでの最多は8度で、1884年。これは古すぎるので、1900年以降の近代野球で行きますと、7度が最高。

1990、1991、2012、2015年の4シーズンで達成しています。

 今回のノーヒッターでその記録に並びました。まだ6月です。もしもマディソン・バンガーナーの7イニングNO-NOもカウントに入れたとしたら、すでに8度目というすごいシーズンです。

カルロス・ロドン(CWS)以外は全てロード

 また今季のノーヒットノーランはロードでの達成がほとんど。唯一のホーム・ゲームでの達成は今季2度めとなったホワイトソックスのカルロス・ロドンのケースのみ。

カブス史上17番目の達成

 今回のカブスのノーヒッターはフランチャイズ史上17番目の達成。コンバインドは初です。ちなみにクラブ名がカブスとなったのは、1903年から。それまでは、シカゴ・ホワイトストッキングス(1876-1889)、シカゴ・コルツ(1890-1897)、シカゴ・オーファンズ(1898-1902)という変遷をたどります。

DATEPITCHERPITCHER(ENG)TEAMVSSCORE
18/19/1880ラリー・コーコランLarry CorcoranWhite StockingsBOS6-0
29/20/1882ラリー・コーコランLarry CorcoranWhite StockingsWOR5-0
36/27/1884ラリー・コーコランLarry CorcoranWhite StockingsPRO6-0
47/27/1885ジョン・クラークソンJohn ClarksonWhite StockingsPRO4-0
58/21/1898ウォルター・ソーントンWalter ThorntonOrphansBRK2-0
68/31/1915ジミー・ラベンダーJimmy LavenderCubsNY2-0
75/12/1955サム・ジョーンズSam JonesCubsPIT4-0
85/15/1960ドン・カードウェルDon CardwellCubsSTL4-0
98/19/1969ケン・ホルツマンKen HoltzmanCubsATL3-0
106/3/1971ケン・ホルツマンKen HoltzmanCubsCIN1-0
114/16/1972バート・フートンBurt HootonCubsPHI4-0
129/2/1972ミルト・パパスMilt PappasCubsSD8-0
139/14/2008カルロス・ザンブラーノCarlos ZambranoCubsHOU5-0
148/30/2015ジェイク・エアリエッタJake ArrietaCubsLAD2-0
154/21/2016ジェイク・エアリエッタJake ArrietaCubsCIN16-0
169/13/2020アレック_ミルズAlec MillsCubsMIL12-0
176/24/2021ザック・デイビーズZach Davies (6)CubsLAD4-0
176/24/2021ライアン・テペラRyan Tepera (1)CubsLAD4-0
176/24/2021アンドリュー・チェイフィンAndrew Chafin (1)CubsLAD4-0
176/24/2021クレイグ・キンブレルCraig Kimbrel (1)CubsLAD4-0
カブス歴代ノーヒッター(現地2021年6月25日時点) 

 また、カブスの17度のノーヒッターはドジャースの23度、ホワイトソックスの20度、レッドソックスの18度に次いで4番めとなります。

8 Walkでのノーヒッター

 さて、この日のカブスの投手陣のノーヒッターですが、4人含めて計8個の四球を与えての達成です。

 ザック・デイビーズが5個、テペラ、チェイフィン、キンブレルがそれぞれ1個ずつ。ちなみに過去最多四球でのノーヒッターは1976年7月28日にホワイトソックスがアスレチックス相手に達成したコンバインド・ノーヒッターの11個。

 やはりドジャース打線が相手でしたので、それだけしのいでしのいで達成したノーヒッターということが言えると思います。

ザック・デイビーズが6イニングを投げ切る

 その先発のザック・デイビーズですが、前半4イニングは毎回ランナーを背負う投球。ベッツ、マンシー、クリス・テイラー、ベリンジャー、プホルズと続いた上位打線はやはり驚異です。

 もともと軽く投げるタイプのザック・デイビーズ。スライダー、カーブ、カットが良いのはもちろんですが、この日はパワー・シンカーとチェンジアップが効果的だったと思います。

 慎重な投球で四球も多かったことから、かえって的を絞らせなかったとも言えるかもしれません。いずれにせよ、5イニング目と6イニング目を三者凡退に仕留め、尻上がりによくなったこともリリーバー陣によい影響を与えたと思います。

 ライアン・テペラは下位打線をしっかりと抑えました。

打線の援護

 カブスは初回にハビアー・バイエスのソロHRで1点を先制。デイビーズが凌いだことにより、6回にウィルソン・コントレラスの2ランHR、7回にはジェイク・マリスニックのタイムリーが出ました。中盤に追加点を取れたのもよかったと思います。

8回のベッツへの投球

 ポイントは8回裏だったでしょうか。このイニングから登板した左腕のアンドリュー・チェイフィンは1アウト後、ムーキー・ベッツを迎えました。慎重な投球でフルカウントからファウルを2球。最後は四球を与えたのですが、攻めていった結果でもあり、むしろムーキーに四球を与えたことで、爆発力を抑えた形にもなったと思います。

 とは言え、次打者はマックス・マンシーで、一発が怖い打者でしたが、ここをダブル・プレーという最高の結果で凌いだ時点で勝負ありというところだったと思います。

キンブレルも復活

 そして最後はクレイグ・キンブレルが先頭に四球を与えるも、ベリンジャー、プホルズ、ウィル・スミスを抑えてゲームセット。見事なコンバインド・ノーヒットノーランでした。

 

ビューラー、久しぶりの敗戦

 ドジャース先発のウォーカー・ビューラーも安定感のある投球でした。6イニングで被安打5、失点3、四球が2、奪三振が6。やはり2本の被弾が効いてしまいました。

 ウォーカー・ビューラーは今季初黒星(7勝1敗)。ビューラーに黒星がついたのはなんと2019年9月21日のロッキーズ戦以来。

 2020年は1勝のみだったというのもあるのですが、久々の敗戦投手となったのでした。

 カブスは42勝33敗で、ブルワーズと同率首位です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました