スポンサーリンク

【MLB】カブス、ドジャース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成

デイビーズ、テペラ、チェイフィン、キンブレル

 現地2021年6月24日(木)、カブス@ドジャースの4ゲームシリーズが始まりました。そのGame1でシカゴ・カブスがドジャースを相手に、コンバインド・ノーヒットノーランを達成。

 先発ザック・デイビーズ(Zach Davies )から始まり、ライアン・テペラ(Ryan Tepera)、アンドリュー・チェイフィン(Andrew Chafin )そしてクレイグ・キンブレル(Craig Kimbrel)と素晴らしいリレーで大記録を達成しました。

今季7度目のノーヒットノーラン

 今回はコンバインドとは言え、9イニングでの達成ということで、公式にノーヒットノーランとカウントされます。したがって、今季はこれで7度目のノーヒットノーラン達成となりました。

【2021シーズンのノーヒットノーラン達成】

  1. ジョー・マスグローブ (SDP) : 現地2021年4月9日 @ TEX
  2. カルロス・ロドン(CWS): 現地2021年4月14日 vs CLE
  3. ジョン・ミーンズ(BAL): 現地2021年5月5日 @SEA
  4. ウェイド・マイリー(CIN): 現地2021年5月7日 @CLE
  5. スペンダー・ターンブル(DET): 現地2021年5月18日 @SEA
  6. コーリー・クルーバー(NYY): 現地2021年5月19日 @TEX
  7. コンバインド(CHC):現地2021年6月24日 @LAD

参考:マディソン・バンガーナー(ARI): 現地2021年4月25日 @ATL

シーズン最多タイ

 過去のシーズン最多ノーヒットノーランは7度。

【シーズンノーヒッター記録】

シングル・シーズンでの最多は8度で、1884年。これは古すぎるので、1900年以降の近代野球で行きますと、7度が最高。

1990、1991、2012、2015年の4シーズンで達成しています。

 今回のノーヒッターでその記録に並びました。まだ6月です。もしもマディソン・バンガーナーの7イニングNO-NOもカウントに入れたとしたら、すでに8度目というすごいシーズンです。

カルロス・ロドン(CWS)以外は全てロード

 また今季のノーヒットノーランはロードでの達成がほとんど。唯一のホーム・ゲームでの達成は今季2度めとなったホワイトソックスのカルロス・ロドンのケースのみ。

カブス史上17番目の達成

 今回のカブスのノーヒッターはフランチャイズ史上17番目の達成。コンバインドは初です。ちなみにクラブ名がカブスとなったのは、1903年から。それまでは、シカゴ・ホワイトストッキングス(1876-1889)、シカゴ・コルツ(1890-1897)、シカゴ・オーファンズ(1898-1902)という変遷をたどります。

DATEPITCHERPITCHER(ENG)TEAMVSSCORE
18/19/1880ラリー・コーコランLarry CorcoranWhite StockingsBOS6-0
29/20/1882ラリー・コーコランLarry CorcoranWhite StockingsWOR5-0
36/27/1884ラリー・コーコランLarry CorcoranWhite StockingsPRO6-0
47/27/1885ジョン・クラークソンJohn ClarksonWhite StockingsPRO4-0
58/21/1898ウォルター・ソーントンWalter ThorntonOrphansBRK2-0
68/31/1915ジミー・ラベンダーJimmy LavenderCubsNY2-0
75/12/1955サム・ジョーンズSam JonesCubsPIT4-0
85/15/1960ドン・カードウェルDon CardwellCubsSTL4-0
98/19/1969ケン・ホルツマンKen HoltzmanCubsATL3-0
106/3/1971ケン・ホルツマンKen HoltzmanCubsCIN1-0
114/16/1972バート・フートンBurt HootonCubsPHI4-0
129/2/1972ミルト・パパスMilt PappasCubsSD8-0
139/14/2008カルロス・ザンブラーノCarlos ZambranoCubsHOU5-0
148/30/2015ジェイク・エアリエッタJake ArrietaCubsLAD2-0
154/21/2016ジェイク・エアリエッタJake ArrietaCubsCIN16-0
169/13/2020アレック_ミルズAlec MillsCubsMIL12-0
176/24/2021ザック・デイビーズZach Davies (6)CubsLAD4-0
176/24/2021ライアン・テペラRyan Tepera (1)CubsLAD4-0
176/24/2021アンドリュー・チェイフィンAndrew Chafin (1)CubsLAD4-0
176/24/2021クレイグ・キンブレルCraig Kimbrel (1)CubsLAD4-0
カブス歴代ノーヒッター(現地2021年6月25日時点) 

 また、カブスの17度のノーヒッターはドジャースの23度、ホワイトソックスの20度、レッドソックスの18度に次いで4番めとなります。

8 Walkでのノーヒッター

 さて、この日のカブスの投手陣のノーヒッターですが、4人含めて計8個の四球を与えての達成です。

 ザック・デイビーズが5個、テペラ、チェイフィン、キンブレルがそれぞれ1個ずつ。ちなみに過去最多四球でのノーヒッターは1976年7月28日にホワイトソックスがアスレチックス相手に達成したコンバインド・ノーヒッターの11個。

 やはりドジャース打線が相手でしたので、それだけしのいでしのいで達成したノーヒッターということが言えると思います。

ザック・デイビーズが6イニングを投げ切る

 その先発のザック・デイビーズですが、前半4イニングは毎回ランナーを背負う投球。ベッツ、マンシー、クリス・テイラー、ベリンジャー、プホルズと続いた上位打線はやはり驚異です。

 もともと軽く投げるタイプのザック・デイビーズ。スライダー、カーブ、カットが良いのはもちろんですが、この日はパワー・シンカーとチェンジアップが効果的だったと思います。

 慎重な投球で四球も多かったことから、かえって的を絞らせなかったとも言えるかもしれません。いずれにせよ、5イニング目と6イニング目を三者凡退に仕留め、尻上がりによくなったこともリリーバー陣によい影響を与えたと思います。

 ライアン・テペラは下位打線をしっかりと抑えました。

打線の援護

 カブスは初回にハビアー・バイエスのソロHRで1点を先制。デイビーズが凌いだことにより、6回にウィルソン・コントレラスの2ランHR、7回にはジェイク・マリスニックのタイムリーが出ました。中盤に追加点を取れたのもよかったと思います。

8回のベッツへの投球

 ポイントは8回裏だったでしょうか。このイニングから登板した左腕のアンドリュー・チェイフィンは1アウト後、ムーキー・ベッツを迎えました。慎重な投球でフルカウントからファウルを2球。最後は四球を与えたのですが、攻めていった結果でもあり、むしろムーキーに四球を与えたことで、爆発力を抑えた形にもなったと思います。

 とは言え、次打者はマックス・マンシーで、一発が怖い打者でしたが、ここをダブル・プレーという最高の結果で凌いだ時点で勝負ありというところだったと思います。

キンブレルも復活

 そして最後はクレイグ・キンブレルが先頭に四球を与えるも、ベリンジャー、プホルズ、ウィル・スミスを抑えてゲームセット。見事なコンバインド・ノーヒットノーランでした。

 

ビューラー、久しぶりの敗戦

 ドジャース先発のウォーカー・ビューラーも安定感のある投球でした。6イニングで被安打5、失点3、四球が2、奪三振が6。やはり2本の被弾が効いてしまいました。

 ウォーカー・ビューラーは今季初黒星(7勝1敗)。ビューラーに黒星がついたのはなんと2019年9月21日のロッキーズ戦以来。

 2020年は1勝のみだったというのもあるのですが、久々の敗戦投手となったのでした。

 カブスは42勝33敗で、ブルワーズと同率首位です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】好ゲームのMIL@SDP戦!ダルビッシュ投手の熱投とコルテン・ウォンのスーパープレー!
【MLB2022】DFAから一転、2HR!メジャー復帰のアリティディス・アキーノが爆発の予感
【MLB2022】フレディー・ペラルタが右肩のハリでIL入り!
【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました