スポンサーリンク

【MLB2022】ナ・リーグ東地区の首位攻防が面白い!ブレーブスがデグロム先発ゲームに勝利し、シリーズ勝ち越し!

首位攻防戦

 現地2022年8月18日、メッツ@ブレーブス戦の4ゲームシリーズのGame4が行われ、ブレーブスがメッツに競り勝ち、ゲーム差を3.5に縮めました。

デグロム先発ゲーム

 このゲームの先発はメッツがジェイコブ・デグロム、ブレーブスがマックス・フリード。シリーズのフィナーレにふさわしいエース同士の対戦となりました。メッツの場合、マックス・シャーザーもいますので、ダブル・エースという体で。

M・フリード、脳震盪から復帰

 ブレーブス先発のマックス・フリードの前回登板は8月6日のメッツとのダブルヘッダーのGame2。本来のローテーションであれば、12日のマイアミ戦の先発でしたが、1度スキップしました。スキップした理由は脳震盪。

 6日のメッツ戦の3回裏に、3-6-1のダブルプレーで1Bベースカバーに入った際にボールを後逸。そのこぼれたボールを追いかけ、ホームにスローイングした際に倒れながら投げたので、頭部を地面に強く叩きつけたのでした。下記の埋め込みではちょっとわかりにくいですが、ボール後逸後の画面後ろのフリードの動きに注目してみてください。頭を強く打ち付けています。

 本人は事故直後は悶絶していましたが、結局、6イニングを投げました。被安打6、失点4、自責点2、奪三振5。

 当日は中盤まで投げたものの、フリードは11日になり頭痛を訴え、軽い脳震盪であることから、7日間のコンカッションIL(脳震盪IL)に入り、18日に復帰したのでした。最近はNFLを筆頭に後年の脳への障害も考え、プロスポーツ界では脳震盪を非常にデリケートに扱っています。ラグビーなどもかなり神経を使っていますね。フリードの例でもわかるように後日に症状が出るので、当日は大丈夫でも要注意です。

デグロム、美しすぎる軌道

 さて、メッツ先発のジェイコブ・デグロムですが、ショルダー・イシューで出遅れ、現地2022年8月2日のナショナルズ戦でシーズンデビュー。以降、このゲームでシーズン4度目の登板です。復帰2戦目の7日のブレーブス戦で5.2イニングで12奪三振、3戦目のフィリーズ戦でも6回で10奪三振とその力を見せつけた投球を見せております。

 この日も先頭のロナルド・アクーニャ・Jr.の初球にいきなり100mphを投じるなど異次元の速球を披露。1イニング目だけで100mph超えは5球もありました。

 またボールの軌道が本当に美し過ぎて、見惚れてしまいます。

スワンソンが先制打

 しかし、先制点を奪ったのはブレーブス。3回裏、1アウトからロビー・グロスマンがスライダーをうまく叩いてシングルで出塁。つづくアクーニャは101.2mphの4シームに対応するもLFライナーに倒れ2アウト。

 ここでダンスビー・スワンソンが打席に。延長契約も打診されているようで、その力を見せつけました。スワンソンは2球で追い込まれるも、3球目のスライダーに対応。左中間へ持って行き、これで1塁ランナーのグロスマンが生還し、ブレーブスが先制。

 つづくバッターはオースティン・ライリーで第1打席でもヒットを放っていました。ライリーも3球で追い込まれますが、ここから4シームをファウルにし、粘ります。6球目、スライダーが来たところをCF前に弾き返し、これでスワンソンが生還。ブレーブスがここぞとばかりにデグロムから2点を奪い、流れを掴みます。

 デグロムは7回2アウトまで投げたのですが、チャンスは本当に3回裏しかありませんでした。

 2-0とリードしたブレーブスですが、5回表にマックス・フリードがマーク・カナに2ランHRを浴び、2-2の同点に追いつかれてしまいます。

ブレーブス、ルーキーで勝ち越し 

 7回裏、ブレーブスは2アウトからルーキーのボーン・グリソムがSS内野安打で出塁。デグロムはここまで95球でしたがランナーが出たら交代と決めていたのか、マウンドを降ります。

 メッツはセス・ルーゴをマウンドに贈りましたが、その代わりばな、延長契約が決まったルーキーのマイケル・ハリス2世がタイムリー・ダブルを放ち、ブレーブスが3-2と勝ち越しに成功します。

 ジェイコブ・デグロムは6.2イニングで被安打が5、失点3、自責点3、BB0、SO9。

 マックス・フリードは7.0イニングで被安打4、失点2、自責点2、BB0、SO6、被本塁打1。

 ブレーブスは勝ち越した直後の8回にA.J.ミンターが登板。2塁打を打たれてライセル・イグレシアスにスイッチ。なんとかスコアレスに抑えました。

 9回表はケンリー・ジャンセンがマウンドに。ジャンセンは先頭のフランシスコ・リンドールにシングルを浴びてちょっと雲行きが怪しくなりました。

メッツ、エンドランが裏目

 つづくピート・アロンソの時、メッツはヒットエンドランをかけた形に。

 これはサインだったのか?はよくわかりません。ただ、状況からノーアウトで初球にエンドランをかけるかな?と思っていまして、リンドーアの単独スチールではなかったか?と思っています。それを好機ゆえ、アロンソが打ってしまった。そのように映ったのですが、どうなのでしょうか?

 これがサインなら、慌てすぎだと思うんですよね。ダブルプレーが怖かったのか??

 アロンソの打球はRFポップフライ。

 猛然と2塁へ向かっていたリンドーアは間違いなくフライアウトになると思ったのでしょう。すぐに1塁へ帰塁を試みました。ところが打球は、RF前へポトリ。リンドーアはなす術がなく2塁フォースアウトに。

 ちょっとめずらしいプレーでしたね。

 メッツはその後、ダリン・ラフのところでダニエル・ボーゲルバックを代打に送りますが空振り三振。

 ピート・アロンソに代走のデブン・モレイロを送り、2盗に成功。1点を奪いに行きましたが、最後はジェフ・マクニールがピッチャー・ゴロに倒れて、ゲームセット。ブレーブスが3-2のスコアで勝ちました。デグロム先発ゲームであったにも関わらず、やりましたね。

ブレーブスがシリーズ勝ち越し!

 ブレーブスは15日から始まったこの4ゲームシリーズを3勝1敗で勝ち越し。

 Game3は7-9のスコアで落したものの、シャーザー先発ゲームで粘りを見せ、2点差まで詰める展開も見事だったと思います。

 Game4を終えて、メッツは76勝43敗、ブレーブスは73勝47敗。ゲーム差はシリーズ開始前の5.5から3.5へ減っています。

8月のメッツ9戦が終了

 ブレーブスは8月にメッツと9試合やることになっていましたが、この日のゲームでそれが終了。

 【ブレーブスの8月のスケジュール】

  • 8/2-3: vs PHI 2連戦
  • 8/4-7 : @ NYM 5連戦(ダブルヘッダーもあり!)→1勝4敗
  • 8/9-10: @BOS 2連戦
  • 8/12-14: @MIA 4連戦(ダブルヘッダーもあり!)
  • 8/15-17: vs NYM 4連戦 → 3勝1敗
  • 8/19-21: vs HOU 3連戦
  • 8/22-24 : @ PIT 3連戦
  • 8/26-28: @STL 3連戦
  • 8/30-9/1: vs COL 3連戦

 結果は4勝5敗。最初の5連戦がちぐはぐでしたので、負け越しとなりましたが、1つ負け越したくらいで済んでいるので、むしろ上出来と見ていいのではないかと思います。

 現地2022年8月19日からはアストロズとの3連戦。2021年のワールドシリーズの再現です。メッツ戦が終わりほっとしたいところでしょうが、現時点でのア・リーグの勝率1位との対戦です。一気に持っていかれることもありますので、もうひと踏ん張りしたいところですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. つぼちゃん より:

    ATLは今年も強いですね。むしろ去年よりチームとしてしっかりしている気がします。何より投打共に若手が元気なので応援しがいがあります。
    スワンソンと延長契約するのか、それともグリソムを後釜に据えるのか、オフに向けての動きも気になりますね。

    • hirotee より:

      つぼちゃん様

      こんにちは。ATLは契約も含めて本当にオペレーションがうまいなと思います。
      みんな球際に強いですし、いいクラブだなと思います。

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました