【発表】2019ウィルソン・ディフェンシブ・アウォードの9名が決定!DRSリーダーと比較してみた

スポンサーリンク

2019 Wilson Defensive Award

 現地2019年11月6日、ウィルソン・ディフェンシブ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー(Wilson Defensive Player of the Year)が発表されました。

 最優秀賞に該当するベスト・オーバーオール・ディフェンシブ・プレーヤー(Best Overall Defensive Player)にはインディアンスのキャッチャー、ロベルト・ペレスが選ばれました!

Congratulations!

GG賞との違い

 ローリングスのゴールドグラブとの大きな違いはウィルソンのアウォードの場合、徹底的なデータに基づいて選出される点です。そのほかに違いを挙げますと、以下の通りです。

  • 各ポジションから選出されるのは同じだが、受賞者は両リーグ合わせて1人
  • 選ばれた選手の中から最優秀選手が一人選ばれる
  • また最も守備がよかったチームも選ばれる

2019シーズン受賞者

View this post on Instagram

Flashing the leather.

A post shared by MLB ⚾ (@mlb) on

 2019シーズンの受賞者は以下の選手達です。チーム名の横の()内の数字はDRS( Defensive Runs Saved)の数字。

  • C: ロベルト・ペレス(Roberto Pérez)CLE(29)
  • 1B: フレディー・フリーマン(Freddie Freeman)ATL(5)
  • 2B: コルテン・ウォン(Kolten Wong)STL(14)
  • 3B: マット・チャップマン(Matt Chapman)OAK(18)
  • SS: アンドレルトン・シモンズ(Andrelton Simmons)LAA
  • LF: デービッド・ペラルタ(David Peralta)ARI(10)
  • CF: ロレンゾ・ケイン(Lorenzo Cain)MIL (20)
  • RF: アーロン・ジャッジ(Aaron Judge)NYY(19)
  • P: ザック・グレインキ(Zack Greinke )ARI(4)
  • Best Overall Defensive Player: ロベルト・ペレス
  • Defensive Team of the Year: ヒューストン・アストロズ (90)

2019 ポジション別DRSリーダー

 なお、ご参考までに2019のポジション別DRSリーダーは以下の選手たちです。太字はウィルソン・ディフェンシブ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーの受賞者です。

PositionNameDRS
 Cロベルト・ペレス-CLE29
 1Bマット・オルソン-OAK14
 2Bコルテン・ウォン-STL14
 3Bマット・チャップマン-OAK18
SSニック・アーメッド-ARI19
 LF (tie)デービッド・ペラルタ-ARI10
 LF (tie)マイケル・ブラントリー-HOU10
 LF (tie)マイク・トークマン-NYY10
 CFビクター・ロブレス-WSH22
 RF (tie)アーロン・ジャッジ-NYY19
 RF (tie)コディー・ベリンジャー-LAD19
 OF (全体)ビクター・ロブレス-WSH24
 Pマックス・フリード-ATL6
 Teamドジャース135

連続受賞

 以下の4名は2018年から連続受賞です。

 このうち、アンドレルトン・シモンズは3年連続。ザック・グレインキは2年連続。通算では2016年を入れて3度めの受賞です。

2018 ウィルソン・ディフェンシブ・アウォード 現地2018年11月7日、ウィルソン・ディフェンシブ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤ...

All-time Defensive Player of the Year winners

マット・チャップマン(3B)

 なお、称賛に値するのはアスレチックスのマット・チャップマン。ノーラン・アレナドを差し置いて2年連続で受賞するとはすごいことですね。

GG賞との関連

 またローリングス・ゴールド・グラブ賞の受賞では漏れたものの、ウィルソン・ディフェンシブ・アウォードで入ったのは、以下の3名です。

CFロレンゾ・ケインもすごかった

現地2019年11月4日、2019年ローリングス・ゴールド・グラブ賞受賞者が発表されました。

 なお、筆者の中でのBest Overall Defensive Playerはブルワーズのロレンゾ・ケインです。DRS(Defensive Runs Saved)は20!

 おめでとうございます!

 お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. irolyn より:

    中途昇格のトークマン、離脱の多かったジャッジがDRSトップタイなのは目を見張るものがありますね
    来季は(再契約なら)ガードナー、ヒックスと合わせて最高の外野陣になりそうです

    内野はアーシェラ以外ポストシーズンでちょっと悪目立ちしていましたが

    • hirotee より:

      irolyn様
      いつもありがとうございます。
      このオフはどのような動きをするのでしょうね。
      戦々恐々としています(笑)
      コメントありがとうございました。