スポンサーリンク

【MLB 2021】ホワイトソックス、カルロス・ロドンがニア・パーフェクト!ノーヒットノーランを達成!

あとアウト2つでHBP

 現地2021年4月15日、ギャランティード・レイト・フィールドで行われたインディアンス@ホワイトソックス戦でホワイトソックス先発のカルロス・ロドンが、NO-NO(ノーヒットノーラン)を達成!メジャーリーグでは、現地2021年4月9日にパドレスのジョー・マスグローブが達成して以来、今季2度めのことです。

ニア・パーフェクト

 本当に惜しいピッチングでした。8.1イニング、9回表1アウトまでパーフェクト。バッター、ロベルト・ペレスという場面で、0ボール2ストライクという最高の追い込み方までしていたのですが、4球目に投じたスライダーがロベルト・ペレスのつま先にヒット。死球となり、惜しくもパーフェクトはなりませんでした。

 しかし、後続のユー・チャン(Yu Chang)を空振り三振、最後はジョーダン・ルプロー(Luplow)を3Bゴロに仕留めてゲームセット。見事にノーヒットノーランを達成しました!

8-0の完勝ゲーム

 1回表を三者凡退に抑えたカルロス・ロドンには、いきなりのプレゼントが待っていました。インディアンス先発はザック・プレサック。筆者的にはかなり好きな投球フォームで投げる投手なのですが、この日は慎重な立ち上がりを粉砕されるようにホワイトソックス打線に捕まりました。

ヤーミン・メルセデスが3ランHR

 ヨアン・モンカダに先制のタイムリーシングルを打たれた後、ランナーを二人残して迎えたのはヤーミン・メルセデス。ザック・プレサックはこの日のファストボールが90-92mph程度。しかもシュート回転でボールに伸びがありませんでした。やられるなと思った通り、ヤーミン・メルセデスにはLFスタンドに大きな一発を浴び、これが3ランHRに。

 その後も、レウリー・ガルシア、ニック・マドリガルにタイムリーを許し、降板。ザック・プレサックは0.2イニングで、被安打7、失点6、被本塁打1とゲームを壊してしまいました。

 ホワイトソックスは1回に6点を先制。

 さらにホワイトソックスは3回裏にもルイス・ロバートのタイムリーなどで2点を奪い、序盤3回を終えて8−0とリード。カルロス・ロドンを後押ししました。

三遊間が再三の好プレー

 大記録の影には好プレーがつきものですが、カルロス・ロドンはかなり危なげはなかったものの、インディアンス打線には芯で捕らえられた当たりも多かったです。それを防いだのは3Bのヨアン・モンカダとSSのレウリー・ガルシア。

 この二人は強い当たりも普通に処理し続けました。簡単に処理するように見せてしまうプロの守備。素晴らしかったです。

9回にホセ・アブレイユも奮起

 カルロス・ロドンは9回表1アウトまでパーフェクトを継続していたわけですが、その9回表の1アウト目にかなりギリギリのプレーがありました。1Bへのバウンドの大きなゴロをホセ・アブレイユがベースから離れて処理。必死のジョシュ・ネイラーのヘッドスライディングにわずかに勝利し、まるでベースをキックするかのように足を伸ばし、見事にアウトに仕留めるという場面も。さすがにチームリーダーですね。

 このようなゲーム展開でカルロス・ロドンのノーヒットノーランは達成されました。

かつての100mph左腕

 カルロス・ロドンは1992年12月10日生まれの28才。ドラフトは2014年ホワイトソックス1巡目で全体順位は3位。ノース・キャロライナ・ステートの出身です。

 アマチュア時代の実力は日米野球や国際大会などでは折り紙つきで、2014年は当然ルーキーリーグからスタートしたのですが、その年にシングルAプラス、ダブルAを飛ばしてトリプルAまで上がりました。

 プロスペクトとしてはかなり評価が高く、筆者も旧ブロクでは100mph左腕として紹介させていただいた覚えがあります。

苦難の末のノーヒッター

 しかし実力とは裏腹にプロ入り後は相次ぐ怪我に悩まされました。

カルロス・ロドンのMLBキャリア
  • 2015
    MLBデビュー

    2015年は9勝6敗、2016年は9勝10敗

  • 2017
    左肩手術

    2017年は2勝5敗、2018年は6勝8敗

  • 2019
    トミージョン手術

  • 2020
    ノンテンダーFA

    トミージョン手術から復帰するも、2020年は0勝2敗でノンテンダーFA

  • 2021
    ノーヒッター

    キャリア99試合目の登板で見事にノーヒッター

ベロシティーがアップ

 今季のカルロス・ロドンはこのノーヒッターの勝利も入れて2勝0敗、ERAは未だ0.00。この好調の要因としてベロシティーが戻ってきたというのがあります。

 トミージョン手術前は4シーム、シンカーが92-94mphまで下がっていたのが、今季は平均で95mphまでアップ。しかもこのゲームでは99mphも出しており、かつての豪腕が復活したとも言えそうですね。

 MLBキャリア7シーズン目、ルーカス・ジオリトはエースとして活躍してもらうとして、カルロス・ロドンがこのまま好調を継続するかどうかでホワイトソックスの投手のやりくりは非常に楽になります。彼がキーマンになるかもしれませんね。

ホワイトソックスはNO-NOが多い

 2020シーズン、ホワイトソックスはルーカス・ジオリトがノーヒットノーランを達成。2012年にはフィリップ・ハンバー、2009年にはマーク・バーリーの2度め、2007年にはマーク・バーリーの1度目と2000年以降だけでもこれだけのノーヒットノーランを生み出しています。

 それ以前もカウントすると20回の達成で、これは計27回を達成しているドジャースの次に多いということに。

 ホワイトソックスの伝統もなかなか素晴らしいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました