スポンサーリンク

【MLB 2021】ホワイトソックス、カルロス・ロドンがニア・パーフェクト!ノーヒットノーランを達成!

あとアウト2つでHBP

 現地2021年4月15日、ギャランティード・レイト・フィールドで行われたインディアンス@ホワイトソックス戦でホワイトソックス先発のカルロス・ロドンが、NO-NO(ノーヒットノーラン)を達成!メジャーリーグでは、現地2021年4月9日にパドレスのジョー・マスグローブが達成して以来、今季2度めのことです。

ニア・パーフェクト

 本当に惜しいピッチングでした。8.1イニング、9回表1アウトまでパーフェクト。バッター、ロベルト・ペレスという場面で、0ボール2ストライクという最高の追い込み方までしていたのですが、4球目に投じたスライダーがロベルト・ペレスのつま先にヒット。死球となり、惜しくもパーフェクトはなりませんでした。

 しかし、後続のユー・チャン(Yu Chang)を空振り三振、最後はジョーダン・ルプロー(Luplow)を3Bゴロに仕留めてゲームセット。見事にノーヒットノーランを達成しました!

8-0の完勝ゲーム

 1回表を三者凡退に抑えたカルロス・ロドンには、いきなりのプレゼントが待っていました。インディアンス先発はザック・プレサック。筆者的にはかなり好きな投球フォームで投げる投手なのですが、この日は慎重な立ち上がりを粉砕されるようにホワイトソックス打線に捕まりました。

ヤーミン・メルセデスが3ランHR

 ヨアン・モンカダに先制のタイムリーシングルを打たれた後、ランナーを二人残して迎えたのはヤーミン・メルセデス。ザック・プレサックはこの日のファストボールが90-92mph程度。しかもシュート回転でボールに伸びがありませんでした。やられるなと思った通り、ヤーミン・メルセデスにはLFスタンドに大きな一発を浴び、これが3ランHRに。

 その後も、レウリー・ガルシア、ニック・マドリガルにタイムリーを許し、降板。ザック・プレサックは0.2イニングで、被安打7、失点6、被本塁打1とゲームを壊してしまいました。

 ホワイトソックスは1回に6点を先制。

 さらにホワイトソックスは3回裏にもルイス・ロバートのタイムリーなどで2点を奪い、序盤3回を終えて8−0とリード。カルロス・ロドンを後押ししました。

三遊間が再三の好プレー

 大記録の影には好プレーがつきものですが、カルロス・ロドンはかなり危なげはなかったものの、インディアンス打線には芯で捕らえられた当たりも多かったです。それを防いだのは3Bのヨアン・モンカダとSSのレウリー・ガルシア。

 この二人は強い当たりも普通に処理し続けました。簡単に処理するように見せてしまうプロの守備。素晴らしかったです。

9回にホセ・アブレイユも奮起

 カルロス・ロドンは9回表1アウトまでパーフェクトを継続していたわけですが、その9回表の1アウト目にかなりギリギリのプレーがありました。1Bへのバウンドの大きなゴロをホセ・アブレイユがベースから離れて処理。必死のジョシュ・ネイラーのヘッドスライディングにわずかに勝利し、まるでベースをキックするかのように足を伸ばし、見事にアウトに仕留めるという場面も。さすがにチームリーダーですね。

 このようなゲーム展開でカルロス・ロドンのノーヒットノーランは達成されました。

かつての100mph左腕

 カルロス・ロドンは1992年12月10日生まれの28才。ドラフトは2014年ホワイトソックス1巡目で全体順位は3位。ノース・キャロライナ・ステートの出身です。

 アマチュア時代の実力は日米野球や国際大会などでは折り紙つきで、2014年は当然ルーキーリーグからスタートしたのですが、その年にシングルAプラス、ダブルAを飛ばしてトリプルAまで上がりました。

 プロスペクトとしてはかなり評価が高く、筆者も旧ブロクでは100mph左腕として紹介させていただいた覚えがあります。

苦難の末のノーヒッター

 しかし実力とは裏腹にプロ入り後は相次ぐ怪我に悩まされました。

カルロス・ロドンのMLBキャリア
  • 2015
    MLBデビュー

    2015年は9勝6敗、2016年は9勝10敗

  • 2017
    左肩手術

    2017年は2勝5敗、2018年は6勝8敗

  • 2019
    トミージョン手術

  • 2020
    ノンテンダーFA

    トミージョン手術から復帰するも、2020年は0勝2敗でノンテンダーFA

  • 2021
    ノーヒッター

    キャリア99試合目の登板で見事にノーヒッター

ベロシティーがアップ

 今季のカルロス・ロドンはこのノーヒッターの勝利も入れて2勝0敗、ERAは未だ0.00。この好調の要因としてベロシティーが戻ってきたというのがあります。

 トミージョン手術前は4シーム、シンカーが92-94mphまで下がっていたのが、今季は平均で95mphまでアップ。しかもこのゲームでは99mphも出しており、かつての豪腕が復活したとも言えそうですね。

 MLBキャリア7シーズン目、ルーカス・ジオリトはエースとして活躍してもらうとして、カルロス・ロドンがこのまま好調を継続するかどうかでホワイトソックスの投手のやりくりは非常に楽になります。彼がキーマンになるかもしれませんね。

ホワイトソックスはNO-NOが多い

 2020シーズン、ホワイトソックスはルーカス・ジオリトがノーヒットノーランを達成。2012年にはフィリップ・ハンバー、2009年にはマーク・バーリーの2度め、2007年にはマーク・バーリーの1度目と2000年以降だけでもこれだけのノーヒットノーランを生み出しています。

 それ以前もカウントすると20回の達成で、これは計27回を達成しているドジャースの次に多いということに。

 ホワイトソックスの伝統もなかなか素晴らしいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
【MLB2024】ナッツのスティーブン・ストラスバーグは未だ40manロスター。今後の動向は?
タイトルとURLをコピーしました