【MLB用語集】メジャーリーグ MLB 略語 (打者編) ポサダ捕手の成績を見てみよう!

MLB.com内の略語の日本語訳についてまとめさせていただきます。

(例)ポサダ捕手の17年間の成績から。

↓↓↓
ScreenHunter_04 Jan. 09 01.09

一番上の行の左から行きます。

MLB 略語 (打者編)

YEAR — 出場した年

TEAM — その年に所属していたチームです。

G  — GAME (出場試合数)

AB — AT BAT (打席数)

R — RUNS (得点)
※RUNS SCORED という時もあります。本人がランナーで出てホームベースを踏んだ数。
打点とは違います。

H — HITS (ヒット)安打数

TB — TOTAL BASES (塁打)

※塁打=単打×1+二塁打×2+三塁打×3+本塁打×4 = 安打+二塁打+三塁打×2+本塁打×3
野球をやっている人もあまり気にしない数字ですが、上式で出た数字に打数で割ると、
「長打率」(よく聞きますね)になります。

2B — 2-BASE HITS (2塁打)
※放送では2塁打のことをよく”DOUBLE”と言ってます。同じ意味です。

3B — 3-BASE HITS (3塁打)

HR — HOME RUNS (本塁打)ホームラン!

RBI — RUNS BATTED IN (打点)

BB — BASE ON BALLS (四球)フォアボール

IBB — INTENTIONAL BASE ON BALLS (敬遠四球)
敬遠された数。強打者の印でもありますね。

SO — STRIKE OUTS (三振)

SB — STOLEN BASES(盗塁)
ポサダは捕手でもあったので、17年間で盗塁数は20

CS — CAUGHT STEALS(盗塁死)↑だけど、盗塁死は21!
捕手からの送球を受け、刺殺を試みた野手が落球してセーフになった場合、
刺殺されてしまった場合と同じく盗塁死が記録されるので、
1度の盗塁のプレーで2つの記録がなされたと思っていいと思います。

AVG — BATTING AVERAGE (打率)

OBP — ON BASE PERCENTAGE (出塁率)
※出塁率=(安打+四球+死球)÷(打数+四球+死球+犠飛)

SLG — SLUGGING PERCENTAGE (長打率)※塁打ご参照 長打率 = 塁打÷打数

OPS — ON BASE PLUS SLUGGING (出塁率と長打率とを足し合わせた値)
※ 一般にMLBでは、OPSが.800を超えれば一流、.900を超えるとオールスター級の優秀な打者、1.000を超えると球界を代表する強打者とされています。

ポサダ捕手はというと、.848! 一流です!

GO/AO — GROUND OUTS PER AIR OUTS (ゴロアウト÷フライアウト)
※ 例)41アウトのうち、ゴロアウトが21でフライアウトが20ならば、21÷20=1.05 で1以上なら、

ゴロアウトの方が多いということになります。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク