スポンサーリンク

【MLBレコード2021】ゲリット・コール、”0 Walk & 61 SO “でコービン・バーンズの記録を更新

MLB 記録と賞

無四球期間中の奪三振記録を61に更新

 現地2021年5月17日(月)、グローブ・ライフ・フィールドで行われた@レンジャーズ戦で、ゲリット・コールが先発。ここ1ヶ月ほどは投げる度に無四球が続いてゲリット・コール。4月12日から続いていた無四球期間中の奪三振数の最多記録を61に更新しました。

コービン・バーンズの記録58を更新

 この記録ですが、現地2021年5月13日(木)にミラー・パークで行われたカージナルス@ブルワーズ戦で、コービン・バーンズが58Kの新記録を更新したばかり。ゲリット・コールはその4日後に記録を更新したことになります。

G・コールの無四球期間のスタート

 ゲリット・コールの無四球期間は、現地4月12日のブルージェイズ戦から始まりました。2回裏に先頭のルルデス・グリエル・Jr.に四球を与え、その後からスタート。アレハンドロ・カーク、ジョシュ・ パラシオス、マーカス・セミエンと3者連続三振に斬って取ったのでした。

5試合連続無四球試合

 その後ですが、4月18日のレイズ戦、4月24日の@インディアンス戦、4月30日のタイガース戦、5月6日のアストロズ戦、5月12日の@レイズ戦と5試合連続で無四球を継続。

3イニング目に終了

 そして無四球の終焉は、このゲームの3イング目。先頭のネイト・ロウから見逃し三振を奪ったその後、ジョーイ・ギャロに四球を与えて終了しました。

無四球期間と奪三振数のログ

 まとめると、7試合、41.2イニングの間、無四球を継続。その期間に奪った61SO。

【ゲリット・コールの0 BB/61 SOの内訳】

  1. 4月12日 @ブルージェイズ戦:5.0 IP / 7SO【2イニング目から】
  2. 4月18日のレイズ戦 : 6.1 IP/ 10 SO
  3. 4月24日の@インディアンス戦: 7.0 IP/ 11 SO
  4. 4月30日のタイガース戦: 6.0 IP/ 12 SO
  5. 5月6日のアストロズ戦: 7.0 IP/ 4 SO
  6. 5月12日の@レイズ戦: 8.0 IP/ 12 SO
  7. 5月17日 @レンジャーズ戦: 2.1 IP/ 5 SO【3イニング目まで】

 下記の動画は4月30日のタイガース戦で12SOを奪ったハイライトです。

実はこの日はワースト投球

 さて、17日のゲームに戻りますが、ゲリット・コールはこの日、5.0 イニングで被安打7、失点5、自責点5とシーズンワーストの出来となり、チームも2-5で敗戦。

New York Yankees at Texas Rangers Box Score, May 17, 2021 | Baseball-Reference.com
Texas Rangers beat New York Yankees (5-2). May 17, 2021, Attendance: 28040, Time of Game: 2:38. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, play-b...

 与四球2で、奪三振は7をマークしたのですが、被本塁打2というのが効きました。

 しかし、ここまでシーズンのERAが2.03をマークしているゲリット・コール。打線が本格的に復帰すれば、他のクラブにはますます厄介な存在になりそうですね。

 なお、ヤンキースはこのゲームを終了した時点で22勝19敗。あっという間に貯金がある状態になっています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
【MLBワード】ポストシーズン・シェアとは?
タイトルとURLをコピーしました