スポンサーリンク

【MLBレコード2021】ゲリット・コール、”0 Walk & 61 SO “でコービン・バーンズの記録を更新

MLB 記録と賞

無四球期間中の奪三振記録を61に更新

 現地2021年5月17日(月)、グローブ・ライフ・フィールドで行われた@レンジャーズ戦で、ゲリット・コールが先発。ここ1ヶ月ほどは投げる度に無四球が続いてゲリット・コール。4月12日から続いていた無四球期間中の奪三振数の最多記録を61に更新しました。

コービン・バーンズの記録58を更新

 この記録ですが、現地2021年5月13日(木)にミラー・パークで行われたカージナルス@ブルワーズ戦で、コービン・バーンズが58Kの新記録を更新したばかり。ゲリット・コールはその4日後に記録を更新したことになります。

G・コールの無四球期間のスタート

 ゲリット・コールの無四球期間は、現地4月12日のブルージェイズ戦から始まりました。2回裏に先頭のルルデス・グリエル・Jr.に四球を与え、その後からスタート。アレハンドロ・カーク、ジョシュ・ パラシオス、マーカス・セミエンと3者連続三振に斬って取ったのでした。

5試合連続無四球試合

 その後ですが、4月18日のレイズ戦、4月24日の@インディアンス戦、4月30日のタイガース戦、5月6日のアストロズ戦、5月12日の@レイズ戦と5試合連続で無四球を継続。

3イニング目に終了

 そして無四球の終焉は、このゲームの3イング目。先頭のネイト・ロウから見逃し三振を奪ったその後、ジョーイ・ギャロに四球を与えて終了しました。

無四球期間と奪三振数のログ

 まとめると、7試合、41.2イニングの間、無四球を継続。その期間に奪った61SO。

【ゲリット・コールの0 BB/61 SOの内訳】

  1. 4月12日 @ブルージェイズ戦:5.0 IP / 7SO【2イニング目から】
  2. 4月18日のレイズ戦 : 6.1 IP/ 10 SO
  3. 4月24日の@インディアンス戦: 7.0 IP/ 11 SO
  4. 4月30日のタイガース戦: 6.0 IP/ 12 SO
  5. 5月6日のアストロズ戦: 7.0 IP/ 4 SO
  6. 5月12日の@レイズ戦: 8.0 IP/ 12 SO
  7. 5月17日 @レンジャーズ戦: 2.1 IP/ 5 SO【3イニング目まで】

 下記の動画は4月30日のタイガース戦で12SOを奪ったハイライトです。

Gerrit Cole DOMINATES again! (Strikes out 12 in 6 scoreless innings)

実はこの日はワースト投球

 さて、17日のゲームに戻りますが、ゲリット・コールはこの日、5.0 イニングで被安打7、失点5、自責点5とシーズンワーストの出来となり、チームも2-5で敗戦。

New York Yankees at Texas Rangers Box Score, May 17, 2021 | Baseball-Reference.com
Texas Rangers beat New York Yankees (5-2). May 17, 2021, Attendance: 28040, Time of Game: 2:38. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, play-b...

 与四球2で、奪三振は7をマークしたのですが、被本塁打2というのが効きました。

 しかし、ここまでシーズンのERAが2.03をマークしているゲリット・コール。打線が本格的に復帰すれば、他のクラブにはますます厄介な存在になりそうですね。

 なお、ヤンキースはこのゲームを終了した時点で22勝19敗。あっという間に貯金がある状態になっています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【粘着剤ルールへの反応】タイラー・グラスノーとアレックス・コブのコメント
【MLB規制】高粘着異物の具体的な運用が明らかに(追記あり)
【MLBボール】投球時の高粘着の異物による滑り止め規制の開始
トレード注目のマックス・シャーザー、怪我は右の鼠径部で軽症(追記あり)
【MLB2021】大谷選手、自打球直後に二塁打!投げては奪三振8で勝利に貢献
【MLB2021】「好調」ニック・マドリガル(CWS)、右ハムストリングを傷め長期離脱へ
【MLB2021】ルーク・ウィリアムス、メジャー初HRは「サヨナラ」!
【MLB2021】ケブライアン・へイエスとボビー・ウィット・Jr.がベース踏み損ねでHRが無効に
【MLBデビュー】チームUSAでの活躍で昇格したルーク・ウィリアムス、初ヒットはセイフティー!!
【MLB アウトライト】フィリーズがスコット・キンガリーに厳しい決断
【MLB2021】レッドソックス、ライバル対決をスイープ!
【MLB2021】ジェシー・ウィンカーが今季2度めの1試合3HR!レッズはカージナルスをスイープ
”See you in TOKYO” チームUSA、東京五輪出場決定!トッド・フレイジャーが4-4!
【MLB2021】今季初のライバル対決はレッドソックスが勝利!デバースが先制3ランHR!
【MLB2021】ダルビッシュ投手、メッツ戦で投打に活躍し6勝目!
【ROAD to 東京】アメリカ大陸予選、チームUSAがスーパー・ラウンドへ
【MLB 2021】ロイヤルズ、噂のエドワード・オリバレスが昇格後も好調
【MLB2021】101mphが10球!ジェイコブ・デグロムがまた異次元の投球
【東京五輪2021】アメリカ大陸予選!ジャレン・デュラン、トリストン・カサスほかチームUSAのロスターが決定
【MLB2021】ドジャースのコディー・ベリンジャーが復帰!筒香選手はサバイブ
タイトルとURLをコピーしました