スポンサーリンク

【MLBレコード2021】ゲリット・コール、”0 Walk & 61 SO “でコービン・バーンズの記録を更新

無四球期間中の奪三振記録を61に更新

 現地2021年5月17日(月)、グローブ・ライフ・フィールドで行われた@レンジャーズ戦で、ゲリット・コールが先発。ここ1ヶ月ほどは投げる度に無四球が続いてゲリット・コール。4月12日から続いていた無四球期間中の奪三振数の最多記録を61に更新しました。

コービン・バーンズの記録58を更新

 この記録ですが、現地2021年5月13日(木)にミラー・パークで行われたカージナルス@ブルワーズ戦で、コービン・バーンズが58Kの新記録を更新したばかり。ゲリット・コールはその4日後に記録を更新したことになります。

G・コールの無四球期間のスタート

 ゲリット・コールの無四球期間は、現地4月12日のブルージェイズ戦から始まりました。2回裏に先頭のルルデス・グリエル・Jr.に四球を与え、その後からスタート。アレハンドロ・カーク、ジョシュ・ パラシオス、マーカス・セミエンと3者連続三振に斬って取ったのでした。

5試合連続無四球試合

 その後ですが、4月18日のレイズ戦、4月24日の@インディアンス戦、4月30日のタイガース戦、5月6日のアストロズ戦、5月12日の@レイズ戦と5試合連続で無四球を継続。

3イニング目に終了

 そして無四球の終焉は、このゲームの3イング目。先頭のネイト・ロウから見逃し三振を奪ったその後、ジョーイ・ギャロに四球を与えて終了しました。

無四球期間と奪三振数のログ

 まとめると、7試合、41.2イニングの間、無四球を継続。その期間に奪った61SO。

【ゲリット・コールの0 BB/61 SOの内訳】

  1. 4月12日 @ブルージェイズ戦:5.0 IP / 7SO【2イニング目から】
  2. 4月18日のレイズ戦 : 6.1 IP/ 10 SO
  3. 4月24日の@インディアンス戦: 7.0 IP/ 11 SO
  4. 4月30日のタイガース戦: 6.0 IP/ 12 SO
  5. 5月6日のアストロズ戦: 7.0 IP/ 4 SO
  6. 5月12日の@レイズ戦: 8.0 IP/ 12 SO
  7. 5月17日 @レンジャーズ戦: 2.1 IP/ 5 SO【3イニング目まで】

 下記の動画は4月30日のタイガース戦で12SOを奪ったハイライトです。

実はこの日はワースト投球

 さて、17日のゲームに戻りますが、ゲリット・コールはこの日、5.0 イニングで被安打7、失点5、自責点5とシーズンワーストの出来となり、チームも2-5で敗戦。

New York Yankees at Texas Rangers Box Score, May 17, 2021 | Baseball-Reference.com
Texas Rangers beat New York Yankees (5-2). May 17, 2021, Attendance: 28040, Time of Game: 2:38. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, play-b...

 与四球2で、奪三振は7をマークしたのですが、被本塁打2というのが効きました。

 しかし、ここまでシーズンのERAが2.03をマークしているゲリット・コール。打線が本格的に復帰すれば、他のクラブにはますます厄介な存在になりそうですね。

 なお、ヤンキースはこのゲームを終了した時点で22勝19敗。あっという間に貯金がある状態になっています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました