スポンサーリンク

【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)

ローリングスのゴールドグラブ賞

 記事への掲載が遅れましたが、現地2022年11月2日、ワールドシリーズの真っ最中ではありましたが、2022シーズンのローリングス・ゴールドグラブ賞が発表されています。

【YOUTUBE】2022 Gold Glove Winners! (The best of the best in the field!)

 今年は大きな変更点が儲けられています。

今季はユーティリティーを新設 

 2022シーズンからシルバースラッガー賞でユーティリティ・プレーヤー部門が新設されるのと相まって、こちらのローリングス・ゴールドグラブ賞においても同部門が新設されることになりました。それにより両リーグを併せて2名が追加受賞に。

 そして器用さゆえにこれまで選出されなかったゲームの中で価値ある存在であったユーティリティー・プレーヤーが報われることは非常に喜ばしいことです。

受賞者

 それでは受賞者を見て行きます。

2022 FINALIST

All Time Winner (MLB.com)

American League

  • C: ホセ・トレビーニョ(Jose Trevino)ヤンキース(初)
  • 1B: ヴラディーミル・ゲレロ・Jr.(Vladimir Guerrero Jr.)ブルージェイズ(初)
  • 2B: アンドレ・ヒメネス(Andrés Giménez) ガーディアンズ(初)
  • 3B: ラモン・ウリアス(Ramón Urías) オリオールズ(初)
  • SS: ジェレミー・ペーニャ(Jeremy Peña) アストロズ(初)
  • LF: スティーブン・クワン(Steven Kwan)ガーディアンズ (初)
  • CF: マイルズ・ストロー(Myles Straw)ガーディアンズ (初)
  • RF: カイル・タッカー(Kyle Tucker)アストロズ (初)
  • P: シェーン・ビーバー(Shane Bieber)ガーディアンズ (初)
  • UT: DJ・ルメイヒュー(DJ LeMahieu)ヤンキース (4:AL-初/NL-3度)

National League

  • C: J.T. リアルミュート(J.T. Realmuto)フィリーズ (2)
  • 1B: クリスチャン・ウォーカー(Christian Walker)Dバックス (初)
  • 2B: ブレダン・ロジャース(Brendan Rodgers)ロッキーズ (初)
  • 3B: ノーラン・アレナド(Nolan Arenado)カージナルス (10年連続)
  • SS: ダンスビー・スワンソン(Dansby Swanson)ブレーブス (初)
  • LF: イアン・ハップ(Ian Happ)カブス (初)
  • CF: トレント・グリシャム(Trent Grisham)パドレス (2)
  • RF: ムーキー・ベッツ(Mookie Betts) ドジャース(6: AL-4/NL-2)
  • P: マックス・フリード(Max Fried)ブレーブス (3年連続)
  • UT: ブレンダン・ドノバン(Brendan Donovan)カージナルス (初)

ALは超フレッシュ

 ア・リーグは新設されたユーティリティー部門のDJ・ルメイヒュー以外はすべてのポジションで初受賞というすごい結果になりました。捕手はマーティン・マルドナードだろうと思っていたのですが、捕手のファイナリストは、ショーン・マーフィー(OAK)、カル・ラレー(SEA)でした。

 筆者は2Bのアンドレ・ヒメネスは固いと思ってはいたものの、それ以外はすべて外してしまいました。注目のSSはジェレミー・ペーニャでしたね。DRSはマイアミのミゲル・ロハスと並ぶ15でALのSSで最多となりました。

 3Bはオリオールズのラモン・ウリアスが受賞。3BのDRS 14はAL最多ということで割と圧倒という結果だったみたいですね。

 LFは体を張りつつも、堅実なプレーで投手陣を盛り上げたルーキーのスティーブン・クワンが受賞。DRS21はLFで最多。

 CFのマイルズ・ストローはUZR(Ultimate Zone Rating)で8.0でALのCFでトップ。

 RFのカイル・タッカーはDRSがAL RFでNO.1の13で受賞となっています。肩も良いですからね。結構、DRSは高いと思ったジャッジはファイナリストにも入っていませんでした。

UTのルメイヒュー

 ユーティリティー初の受賞者となったルメイヒューですが、怪我の影響で125試合の出場にとどまったものの、1Bで35試合、2Bで41試合、3Bで47試合と内野の3ポジションをこなしました。1Bと2Bで2 OAA(Outs Above Average)、3Bで4 OAAをマーク。特に3Bの4 OAAはMLB全3Bの中で11位というところが評価されたようです。

 なお、ヤンキースの選手としては、捕手のトレビーニョとともに2016年のLFのブレット・ガードナー以来のゴールドグラブ受賞とという意外な面も。

NLも5人が初受賞

 ノーラン・アレナドの10年連続はすごいとしか言い様がありません。MLBのルーキーイヤーから10年連続受賞はイチロー選手とタイ。AL/NLを併せた内野手の連続受賞記録はオジー・スミスの13、キース・ヘルナンデスの11、ブルックス・ロビンソンの16に続いて4番目の多さです。

 CのJ.T.リアルミュートはCS% 44を誇り、受賞。2019年に続いて2度めの受賞です。

 1Bのクリスチャン・ウォーカーは17DRS、14 OAAで他を圧倒。

 2Bのブレンダン・ロジャースは2BとしてのDRS 22は両リーグ通じてトップ。DRSだけで言えば、3Bでパイレーツのキブライアン・へイエスの24に続きます。

 SSのダンスビー・スワンソンはOAAが21。ブレーブスのSSとしては2013/14のアンドレルトン・シモンズ以来の受賞となります。

 LFのイアン・ハップはUZR(Ultimate Zone Rating)が8.3でLFでトップが決め手となって受賞。

 CFのトレント・グリシャムは17 OAAで2020シーズン以来、2度めの受賞です。

 RFのムーキーは15 DRSが決め手となり受賞。計6度目でドジャースでは2度めの受賞です。

ガーディアンズから最多4名

 ガーディアンズからLF、CF、2B、Pと4名が受賞。固い守備力でポストシーズンに進出したのがよくわかる結果となりました。ニックネーム変更のファースト・イヤーで幸先良いスタートとなりました。

 プラチナ・グラブの受賞者は現地11月11日の発表となります。

追記:プラチナ・グラブが決定

 現地2022年11月11日、プラチナ・グラブ賞が決定しました。

  • 【AL】ホセ・トリビーニョ
  • 【NL】ノーラン・アレナド

 ホセ・トリビーニョは初、ノーラン・アレナドはなんと2017年から6年連続での受賞。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました