スポンサーリンク

【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利

レッドソックス、開幕戦に勝利 (BOS 6@4 SEA)

 現地2024年3月28日、いよいよMLB2024シーズンが開幕。レッドソックスはシアトルにてマリナーズとのオープニング・ゲームです。

緯度の高いシアトルでの開幕

 西海岸とは言え、緯度の高いシアトルでのナイトゲームということで気温の低さが心配されましたが、ローカル時間7時11分PMのファースト・ピッチ時の気温は華氏53℃で摂氏換算で11.6℃。ただし、ルーフを閉じての気温でした。なお、シアトルの外気は18時時点で摂氏6.1℃。T-Mobileパークは割と隙間がありそうな構造なのですが、やはりルーフを閉じる効果はありますね。

先制点はラフィーの2ランHR

 レッドソックスがブライアン・ベイヨー、マリナーズがルイス・カスティーヨで始まったこのゲームは、序盤ははっきり言ってマリナーズに分がある展開で、特にルイス・カスティーヨは2番ラファエル・デバースと3番トレバー・ストーリーから2者連続で三振を奪うなど、レッドソックス攻撃陣が挫けそうな素晴らしい立ち上がりとなりました。

 両チーム通じての初安打は1回裏のマリナーズの攻撃で、2番のフリオ・ロドリゲスがRFへうまく運んだ2塁打でした。マリナーズはつづくホルヘ・ポランコにも連続ヒットが出て1アウト1、3塁のチャンスでしたが、ここはブライアン・ベイヨーがミッチ・ガーバーからダブルプレーを奪い、先制点を与えませんでした。

 しかし、先制点を奪ったのはレッドソックス。3回表、先頭のエマニュエル・バルデスがRFへシングルヒットを放って出塁。その後、2アウトを奪われますが、2巡目に入ったラファエル・デバースがアウトハイのシンカーを左中間スタンドに放り込む2ランHRを放ち、レッドソックスが2点を先制しました。ラフィーの当たりは飛びましたね。

吉田選手が二塁打

 レッドソックスはつづく4回表にも吉田選手の今季初ヒットとなる二塁打を皮切りにフィルダース・チョイスで3点目をゲット。

 ただ、その裏にはミッチ・ハニガーの2ランHRで3-2と1点差に追い上げられます。さらに5回と6回にも1点ずつを上げ、5-2とリードを拡げます。

 終盤7回裏、リリーフのジョーリー・ロドリゲスがディラン・ムーアに2ランHRを浴び、5-4と再び1点差に追い上げられるも、ここでこの日の真打ちが素晴らしい仕事を成し遂げました。

タイラー・オニールが5シーズン連続開幕戦でHR

 8回表、今季からレッドソックスに移籍した先頭のタイラー・オニールがマリナーズ3番手のコディー・ボルトンのハンギング・スライダーを右中間スタンドに放り込むソロHRを放ち、6-4とし再びリードを2点差に拡げます。

 タイラー・オニールはカージナルス時代の2020年から5年連続で開幕戦にHRを放ったことになります。

5シーズン連続は史上初

 MLB史上で5シーズン連続で開幕戦にHRを放ったのはタイラー・オニールただ1人。過去最高は4シーズン連続。タイラー・オニールは大きな仕事を成し遂げました。

(過去の開幕戦連続HR)

  • トッド・ハンドリー(Todd Hundley/NYM): 4年連続(1994-97)
  • ゲイリー・カーター(Gary Carter/MON) : 4年連続(1977-80)
  • ヨギ・ベラ(Yogi Berra/NYM): 4年連続(1955-58)

【YOUTUBE】Tyler O’Neill becomes the first player in HISTORY to homer in 5 STRAIGHT OPENING DAY games!

投手リレー

 レッドソックスの投手リレーは ブライアン・ベイヨーが5.0 IP/ 2H/ 2 R/ 2ER/ BB0/ SO 2/ HR1、2番手はルイス・ウリアスとのトレードでマリナーズから獲得したアイザイア・キャンベルで1.0 IPで1ER、3番手はジョーリー・ロドリゲスで1.0 IPで1 ER、4番手はクリス・マーティンで1.0 IPで R 0/ ER 0、最後はケンリー・ジャンセンで1.0 IPをBB 1のみの無失点でリレーしました。クリス・マーティンはまた今季も頼りになりますね。

 一方のマリナーズは先発のルイス・カスティーヨが5.0 IP/ 6 H/ 4R/ 4 ER/ 2BB/ 5 SO / 1HR、2番手は左腕のタイラー・ソーセドが1.0 IP/ 1ER、3番手のコディー・ボルトンが2.0 IP/ 1 ER、4番手のオースティン・ボスが1.0 IPでスコアレス投球。

 両軍ともにブルペンがリフレッシュされております。

コーラ、始めて開幕戦に勝利

 なお、レッドソックス監督のアレックス・コーラは2018年から2019年の2年間、2021年から現在まで計6度の開幕を迎えていましたが、実は開幕戦で勝利したのは今回が始めて。タイラー・オニールの5年連続開幕戦HRと絡めて、6連敗にならなくて良かったとジョークを飛ばしておりました。   

MLB Gameday: Red Sox 6, Mariners 4 Final Score (03/28/2024)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 お読みいただき、ありがとうございます。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました