スポンサーリンク

【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利

レッドソックス、開幕戦に勝利 (BOS 6@4 SEA)

 現地2024年3月28日、いよいよMLB2024シーズンが開幕。レッドソックスはシアトルにてマリナーズとのオープニング・ゲームです。

緯度の高いシアトルでの開幕

 西海岸とは言え、緯度の高いシアトルでのナイトゲームということで気温の低さが心配されましたが、ローカル時間7時11分PMのファースト・ピッチ時の気温は華氏53℃で摂氏換算で11.6℃。ただし、ルーフを閉じての気温でした。なお、シアトルの外気は18時時点で摂氏6.1℃。T-Mobileパークは割と隙間がありそうな構造なのですが、やはりルーフを閉じる効果はありますね。

先制点はラフィーの2ランHR

 レッドソックスがブライアン・ベイヨー、マリナーズがルイス・カスティーヨで始まったこのゲームは、序盤ははっきり言ってマリナーズに分がある展開で、特にルイス・カスティーヨは2番ラファエル・デバースと3番トレバー・ストーリーから2者連続で三振を奪うなど、レッドソックス攻撃陣が挫けそうな素晴らしい立ち上がりとなりました。

 両チーム通じての初安打は1回裏のマリナーズの攻撃で、2番のフリオ・ロドリゲスがRFへうまく運んだ2塁打でした。マリナーズはつづくホルヘ・ポランコにも連続ヒットが出て1アウト1、3塁のチャンスでしたが、ここはブライアン・ベイヨーがミッチ・ガーバーからダブルプレーを奪い、先制点を与えませんでした。

 しかし、先制点を奪ったのはレッドソックス。3回表、先頭のエマニュエル・バルデスがRFへシングルヒットを放って出塁。その後、2アウトを奪われますが、2巡目に入ったラファエル・デバースがアウトハイのシンカーを左中間スタンドに放り込む2ランHRを放ち、レッドソックスが2点を先制しました。ラフィーの当たりは飛びましたね。

吉田選手が二塁打

 レッドソックスはつづく4回表にも吉田選手の今季初ヒットとなる二塁打を皮切りにフィルダース・チョイスで3点目をゲット。

 ただ、その裏にはミッチ・ハニガーの2ランHRで3-2と1点差に追い上げられます。さらに5回と6回にも1点ずつを上げ、5-2とリードを拡げます。

 終盤7回裏、リリーフのジョーリー・ロドリゲスがディラン・ムーアに2ランHRを浴び、5-4と再び1点差に追い上げられるも、ここでこの日の真打ちが素晴らしい仕事を成し遂げました。

タイラー・オニールが5シーズン連続開幕戦でHR

 8回表、今季からレッドソックスに移籍した先頭のタイラー・オニールがマリナーズ3番手のコディー・ボルトンのハンギング・スライダーを右中間スタンドに放り込むソロHRを放ち、6-4とし再びリードを2点差に拡げます。

 タイラー・オニールはカージナルス時代の2020年から5年連続で開幕戦にHRを放ったことになります。

5シーズン連続は史上初

 MLB史上で5シーズン連続で開幕戦にHRを放ったのはタイラー・オニールただ1人。過去最高は4シーズン連続。タイラー・オニールは大きな仕事を成し遂げました。

(過去の開幕戦連続HR)

  • トッド・ハンドリー(Todd Hundley/NYM): 4年連続(1994-97)
  • ゲイリー・カーター(Gary Carter/MON) : 4年連続(1977-80)
  • ヨギ・ベラ(Yogi Berra/NYM): 4年連続(1955-58)

【YOUTUBE】Tyler O’Neill becomes the first player in HISTORY to homer in 5 STRAIGHT OPENING DAY games!

投手リレー

 レッドソックスの投手リレーは ブライアン・ベイヨーが5.0 IP/ 2H/ 2 R/ 2ER/ BB0/ SO 2/ HR1、2番手はルイス・ウリアスとのトレードでマリナーズから獲得したアイザイア・キャンベルで1.0 IPで1ER、3番手はジョーリー・ロドリゲスで1.0 IPで1 ER、4番手はクリス・マーティンで1.0 IPで R 0/ ER 0、最後はケンリー・ジャンセンで1.0 IPをBB 1のみの無失点でリレーしました。クリス・マーティンはまた今季も頼りになりますね。

 一方のマリナーズは先発のルイス・カスティーヨが5.0 IP/ 6 H/ 4R/ 4 ER/ 2BB/ 5 SO / 1HR、2番手は左腕のタイラー・ソーセドが1.0 IP/ 1ER、3番手のコディー・ボルトンが2.0 IP/ 1 ER、4番手のオースティン・ボスが1.0 IPでスコアレス投球。

 両軍ともにブルペンがリフレッシュされております。

コーラ、始めて開幕戦に勝利

 なお、レッドソックス監督のアレックス・コーラは2018年から2019年の2年間、2021年から現在まで計6度の開幕を迎えていましたが、実は開幕戦で勝利したのは今回が始めて。タイラー・オニールの5年連続開幕戦HRと絡めて、6連敗にならなくて良かったとジョークを飛ばしておりました。   

MLB Gameday: Red Sox 6, Mariners 4 Final Score (03/28/2024)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 お読みいただき、ありがとうございます。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
【MLB2024】レンジャーズのルーキー、ワイアット・ラングフォードがサイクル安打を達成!
【MLB2024】ドジャースはミゲル・ロハスが出場すると、勝率がアップする!
タイトルとURLをコピーしました