スポンサーリンク

【MLB 2023 FA】今オフ、静かなドジャースがノア・シンダーガードと1年/13Mドルで合意

”Thor”はまた1年契約で合意

 このオフシーズンはほとんど動いていないロサンゼルス・ドジャース。メガ・ディールと言えばドジャースでしたが、今オフはメッツにその座を譲っている形となっています。その「静かな姿勢」にはいつくかの理由があるのですが、それは後述するとして、そんなドジャースがようやくFA獲得に動きました。

 ”Thor”のニックネームでおなじみのノア・シンダーガード(Noah Syndergaard)と1年で合意です。

契約内容

 現時点でわかっている契約内容はご覧の通りです。

  • 1年/$13M(2023)
    • $1.5Mインセンティブ 

 インセンティブの内容はおそらくイニング・ピッチ(投球回数)、登板試合数など稼働率を意識したものと、それにともなう良いシナリオとしてのアウォード・ボーナスという設定になると思いますが、現時点では詳細はわかっていません。追って記載します。

2022年よりダウンしても受諾した理由 

 2年前の話になります。現地2020年3月26日にトミー・ジョン手術を受けたノア・シンダーガードは、2021年に復帰。ただし、登板は9月28と10月3日の2試合のみで、いずれも1イニングのみの登板でERAは9.00。リハビリ途中のオーバー・ペースがたたり、かえって復帰時期が遅れた上に、本来の投球とはほど遠いものでした。

 2021年終了後、初FAとなったノア・シンダーガードに対し、メッツはクオリファイング・オファー(QO)を提示(金額は$18.4M)。ノア・シンダーガードの2021年のサラリーは$9.7Mで、しかも上述の通り、2イニングのみの登板であったにも関わらず、オファーしました。

 通常であれば、QOは提示しない成績ですが、これはメッツなりの誠意の表われだったのでしょう。

 しかし、ノア・シンダーガードはこれを拒否。FA市場に打って出ました。そこでサインしたのがエンゼルスで、QOを上回る1年/$21M(2022)でサインしたのでした。

2022年のノア・シンダーガード

 ノア・シンダーガードにとって2022年は術後初のフルシーズンであり、この1年を経て長期契約へというシナリオを描いていたようです。ただ、2022年の成績は、まあまあではあったものの、とりわけ素晴らしいものでもありませんでした。

 エンゼルスでは、15試合に先発し、80.0イニングを投げ、5勝8敗、ERA 3.83、SO9 7.2、BB9 2.5。

 たエンゼルスは、シーズン半ばでポストシーズンを諦めたため、トレード・デッドラインでは売り手に回り、その流れでノア・シンダーガードもフィリーズへトレードしました。なお、フィリーズとの別のトレードで、ブランドン・マーシュを出したエンゼルスはJT・リアルミュートの次の捕手として期待されるローガン・オホッピを獲得したのでした。

 シンダーガードはフィリーズでは10試合に登板し、その内、9試合に先発、1試合はリリーフでした。54.2イニングで5勝2敗、ERA 4.12、SO9は5.1でBB9は1.5。フィリーズでの登板の方が内容は良かったです。1シーズンを通して、25試合、24スタート、134.2イニングで10勝10敗、ERA 3.94、SO9は6.3、BB9は2.1でした。

 また、ポストシーズンではNLDS Game4でブレーブスを相手に先発し、3イニングで許したヒットはHRの1本のみで、もっと投げても良かったのではないか?という素晴らしい投球を披露。ただ、ワールドシリーズGame4では3イニングで2失点とNLDSの投球を上回るのもではありませんでした。

 ノア・シンダーガードは今オフ、ドジャース以外の複数のクラブからマルチイヤーの高額オファーを受けていたようです。ただ、今回も1年契約でサインすることで、2023年オフに再びFA市場に出て、複数年の高額契約を狙っていると・・・というところかと。また、サラリーを抑えたいドジャースにとっても1年契約の方がありがたいという双方の受給がマッチしたディールでもありました。実際、トミー・ジョン手術後の2年目は、1年目の実績を上回るケースが多く、うまく嵌る可能性は十分にあります。

ベロシティーが復活なるか!

 1992年8月29日生まれのノア・シンダーガードは2022年の誕生日で30歳となりました。

 ノア・シンダーガードと言えば、かつてはメジャーで屈指の好投手のうちの一人でもありました。 

 デビューイヤーの2015年は9勝7敗をマークし、ROY(新人王)の投票で4位に。翌年の2016年は31試合、30先発で、183.2イニングを投げ、14勝9敗で、ERA 2.60、SO%(奪三振率) 29.3%、BB%(与四球率)5.8%、GB%(ゴロ率)50.5%。この年のfWAR(FanGraphs 計算のWAR)は、6.0! これは、クレイトン・カーショウ、ホセ・フェルナンデスに次ぐメジャー3位の成績でした。

 2015年から2019年にかけて5シーズンで、716.0イニングを投げ、ERAは3.31。SO%は26.4で、BB%は5.6。この時期はまさに”Thor”のようで、マウンドに立ちはだかるヒーローでもありました。

 実際、4シームのアベレージは、2016年が98.7mph、2017年が98.6mph、2018年が97.6mph、2019年が97.8mph をマーク。シーズンを通した先発投手の平均のベロシティーが、このようなすごい数字だったのです。100mphを連発していました。

 しかし、トミー・ジョン手術後の2022年の4シームのそれは94.1mph。全盛期の2016年よ4.6mphもダウンしているのです。

 2016年に10.68をマークしたSO9は2022年は6.35。かつての無双状態ではなくなりました。トミー・ジョン手術後の2度めのフルシーズンとなる2023年にかつてほどではないにしても強いボールが復活するかが今後のキャリアを決めそうです。 

ドジャースのローテーション

 2022年はウォーカー・ビューラーがシーズン途中で離脱。どうなるか?と思われましたが、トニー・ゴンソリンが16勝1敗、タイラー・アンダーソンが15勝5敗をマークし、当初それほど計算に入れていなかったこの2人の圧巻の投球のおかげで、シーズン111勝を達成。NLウェストを制覇しました。

 今オフはクレイトン・カーショウと1年/$20Mで再契約したものの、タイラー・アンダーソンをFAで失いました(エンゼルスとサイン)。

 ウォーカー・ビューラーは、2022年8月にトミー・ジョン出術を行い、2023シーズンの復帰は微妙です。早くて9月で、数試合に登板というところか、2022年は全休かもしれません。

 よって、安定感のあるフリオ・ウリアス(17勝)を軸に、クレイトン・カーショウ、トニー・ゴンソリン、トミージョン手術から復帰のダスティン・メイ、そしてノア・シンダーガードとあと1人というローテーションになると思われます。トニー・ゴンソリンはシーズン後半に疲れから前腕部を傷めましたので、2023年はどこまでやれるか?やや不透明な部分もあります。

ドジャースが今オフ、静かな理由 

 今オフ、ドジャースの動きが静かな理由は3つほどありそうです。

【1】贅沢税のリセット

 やっぱり気にするんだな?というのがドジャースの贅沢税への態度。ドジャースは2021年と2022年に2年連続で贅沢税のしきい値を突破。

SeasonLAD CB TAX Threshold
2021$285.6M$210M
2022$302.4M$230M
2023$199.2M ※$233M
※ 現地2022年12月14日時点の計算

 2年連続の超過はペナルティーが厳しくなるため、2023年は$233Mを下回るように、意図的に調整しています。タイラー・アンダーソンや、コディー・ベリンジャーを流出させたのも理由はそれです。

 その甲斐あって、現地2022年12月14日時点では、$32Mほどスペースが空いております。

 一度、しきい値内に収まれば、贅沢税はリセットされますので、2023年は$233MM未満に抑えるように動きそうです。

【2】万が一のバウアー復帰に備えた動き

 トレバー-バウアーのサスペンションが裁判によって解かれた場合、ドジャースの2023年の40manのサラリーは一気にしきい値付近にまで上昇。万が一、こうなってしまうとしきい値を超える可能性も出てくるので、それを警戒しての動きでもあります。なお、それは2023年1月にでも判明する予定です。

【3】ファンタジー:「大谷選手の獲得」

 ドジャースの動きが今オフ、静かな理由の3つ目は、大谷選手獲得も視野に入れている可能性があるということ。もっとも、これは噂でしかありませんが、チラホラと話が出ています。

 大谷選手は2023年終了後にFA。そしてエンゼルスはオーナーが代わることが決まっており、現オーナーは2023シーズン開幕前の売却成立を望んでいます。大谷選手の2023年終了後の動向は、色々な要素が絡んでいますが、「ドジャース」というのも有力な選択肢の1つです。 

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. カサボー より:

    オホッピはマーシュとの交換だよ

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました