スポンサーリンク

【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成

先発8試合目での快挙達成

 殆どのクラブが開幕5戦目を迎えようしていた現地2024年4月1日、早くも今季初のノーヒットノーランが生まれました。記録が生まれたのはミニッツメイド・パークで開催されたブルージェイズ@アストロズ戦。

アストロズは今季初勝利

 アストロズはここまで開幕4連敗。躓いたのは開幕戦です。ここ数年は相性の良いヤンキースに対して序盤に4-0とリードし、「やはり!」という展開を見せたものの、中盤に先発のフランバー・バルデスが捕まりリードを1点差に詰め寄られます。ラファエル・モンテロで同点に追いつかれ、さらに今季からセットアップに移ったライアン・プレスリーが決勝点を許し、逆転負け。嫌な負け方をしました。これが尾を引いたのか、その後連敗し、このゲーム前までは勝ちがない状態でした。

故障者に代わっての抜擢

 そんな勝ちのないアストロズは5戦目というローテーションの最後にくる投手でこの悪い流れを断ち切らない状況で頭の痛いところでしたが、そのNO.5のロネル・ブランコ(Ronel Blanco)が素晴らしい仕事をしたというのがこの日のピッチングです。

 そのロネル・フランコですが、先発に抜擢されたのは、ジャスティン・バーランダーとホセ・ウルキディーがILで離脱しているため。どうしても枚数が足りないジョー・エスパーダ新監督は開幕直前にロネル・ブランコに先発転向を通達したのでした。

メジャー通算28試合、先発は8試合目

 そのロネル・ブランコですが、年齢は1993年8月31日生まれの30才。今季途中で31才になるドミニカ共和国出身の投手ですが、メジャー・デビューは2022年で今季で3シーズン目。2022年はリリーフで7試合、2023年も17試合しか登板しておらず、そのうち先発は7試合。ERAは2022は7.11で2023年は4.50とブルペンが足りなくなったら、補強しようかという起用をされてきた投手です。

 アストロズはスプリング・トレーニング中にすでにバーランダーとホセ・ウルキディーのILを見越し、複数の投手の先発のテストを行い、ロネル・ブランコもその中の1人でした。ロネル・ブランコは5試合中4試合に先発し、15.2 IPで被安打6、スコアレス、BB9 2.3、SO9 10.3、ERA 0.00をマーク。これにより、先発に大抜擢されたのでした。

105球、2BB、7K

 そのロネル・ブランコは初回、先頭のジョージ・スプリンガーに四球を与えます。ストライクとボールがはっきりしており、やばいなという立ち上がりでした。しかし、つづくヴラディーミル・ゲレロ・Jr.から三振を奪うと、ジャスティン・ターナーを3Bゴロに仕留め、ダブルプレーが成立しそうでしたが、これを1Bのホセ・アブレイユが掴みきれずにセーフに。記録上はジャスティン・ターナーの3Bゴロということに。そしてドールトン・バーショーから三振を奪い、1回のピンチを切り抜けました。

打線も援護

 アストロズは1回裏に、ホセ・アルトゥーベがシングルで出塁し、3番のカイル・タッカーが左中間スタンドに2ランHRを放ち2点を先制。さらに女房役のヤイナー・ディアスもソロHRを放ち、初回に3-0と援護します。

 2回裏にはジェレミー・ペーニャにソロHR、中盤にも得点を重ね、7回裏にはカイル・タッカーにこの日2本めになる2ランHRが出るなど7回を終えて10-0とリード。ロネル・ブランコを援護します。

ドゥバン、アブレイユが好プレー

 ノーヒッターの影に好守備ありですが、この日も出ましたね。危なかったのは終盤の2イニングです。まず、8回表、先頭のアレハンドロ・カークが放った投手への強い当たり放ち、これをブランコがグラブに当てて打球こコースを変えてしまいましたが、それを2Bのマウリシオ・ドゥバンがバックアップ。見事にアウトにしました。これがセーフなら記録上は間違いなくヒットでした。

 さらに9回表、1アウトからキャバン・ビジオが放った1、2塁間のヒット性の当たりをホセ・アブレイユがしっかりと止め、ブランコが1Bカバー。これも見事な連携でアウトにしました。

 9回裏、2アウトとなってジョージ・スプリンガーに四球を与え、ヴラディーミル・ゲレロ・Jr.を迎えるという最後の試練が訪れましたが、ブランコはゲレロ・Jr.を2Bゴロに斬って取り、見事にノーヒットノーランを達成したのでした。

(YOUTUBE)FIRST NO-HITTER OF 2024! Ronel Blanco makes history for the Astros!

チェンジアップを多投

 スプリング・トレーニングからモデルチェンジを披露したロネル・ブランコが前年と大きく変わったところは、チェンジアップの球数。この日も全投球数の1/3以上の36球を投じました。そのほかはスライダーが34球、ファストボールが31球、カーブが4球。

 ファストボールが93-94mphほどのブランコは際立って速いボールを投げる訳でもないので、チェンジアップを多投することでファストボールを速く見せる工夫をしているということかと思います。

 割としびれる投球内容だったと思います。

 MLBでのノーヒットノーランの達成はロネル・ブランコが今季1番目。

 アストロズ史上では、2023年8月1日にフランバー・バルデスがガーディアンズを相手に達成して以来、17度目のノーヒットノーランということになります。

 ロネル・ブランコがこのまま力を発揮し続けるかどうか、興味深いですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました