スポンサーリンク

【MLB2021FA】ドジャースがジャスティン・ターナーと再契約!贅沢税サラリーも大幅アップへ

結局、J・ターナーと再契約へ 

 現地2021年2月13日、3Bスポットで大きな噂も出ていたドジャースですが、結局、ジャスティン・ターナー(Justin Turner)との再契約でシーズンインすることとなりました。

マット・チャップマンの噂 

 前の投稿記事と関連がある話なのですが、ドジャースは3Bスポットにアスレチックスで2018-2019と2年連続ゴールドグラブ賞であり、プラチナ・グラブ賞を受賞したマット・チャップマンを狙っているという噂がありました。

 もう少し前にはロッキーズからノーラン・アレナド、あるいはカブスからクリス・ブライアントという噂もありました

 ただ、トレバー・バウアーと大きな契約を結んだ後は、マット・チャップマンとのサインの噂が現実味を帯びていました。

 現地2020年9月14日、マット・チャップマンが左尻(腰)を傷め、全治16週間、計4ヶ月のシーズン・エンディング手術を受けたことで、もしも開幕がアウトであればアスレチックスはドジャースとの交渉に応じていたかもしれません。

 しかし、マット・チャップマンは開幕OK!スプリングトレーニングも予定どおりに参加可能。ただでさえ、マーカス・セミエンが抜けて補強もままならないアスレチックスからマット・チャップマンがいなくなれば、2021年の戦い方がどうなるのかという状況でしたから、それはそれで良かったとは思います。

契約

 ジャスティン・ターナーとドジャースとの契約ですが、以下の通りとなりました。

  • 2 年/$34M (2021-22) + 2023 $16M クラブオプション($2M)
    • サイニングボーナス:$8M
    • 支払い: $8M(2021)、$16M(2022)
    • 2022年MVP投票でTOP 15位に入れば、2023年のオプションは行使→投票は入らず、LADは行使せず

 

AAVで$17M

 サイニングボーナスで$8Mという設定は高いという意味でかなり珍しいです。ただ、これは支払総額を時間で調整することにはなっても、贅沢税の計算は総額を均等割にしますから、AAV(Annual Average Value)は$17Mということに。

ドジャース、贅沢税上のサラリーは4M!

 ジャスティン・ターナーとのディール決定前はマックス・マンシーを3Bに起用して、2Bと1BあるいはOFの運用を考えた方がいいのではないか?と思っていたのですが、契約に踏み切りました。

 これで、ドジャースの贅沢税上のサラリーはジャスティン・ターナーの$17Mを含めて、ついに$254Mを超えました。

ドジャースの贅沢税上のサラリー:2021年

 ドジャースの2021年のサラリーの状況です(現地2021年2月13日時点)。

  • トレバー・バウアー:$34M
  • デービッド・プライス: $31M
  • クレイトン・カーショウ: $31M
  • ムーキー・ベッツ: $25.555M
  • ジャスティン・ターナー: $17M
  • コディー・ベリンジャー: $16.1M
  • ケンリー・ジャンセン: $16M
  • A.J. ポロック: $12M
  • コーリー・シーガー: $13.75M
  • マックス・マンシー: $8.666M
  • ジョー・ケリー: $8.3333M
  • ブレイク・トライネン: $8.75M

$40Mオーバーで待ち構える不遇

 2021年の贅沢税の基準額は$210Mですから、現時点ですでに$44Mもオーバー。

  • 超過1年目:超過額に対して20%
  • $20Mを超えた部分に+12%課税 ※$20M-$40Mの部分は計32%の税率に
  • 超過1年目:$40Mを超えた部分に+42.5%課税 ※この部分は計62.5%の税率に

 さらに痛いのが、プロスペクト補強の点。

  • 基準額を40M以上超えた場合(アマチュア・ドラフトの指名権):クラブの一番高い指名順が10個下がる
    • もしそのクラブが上位6番目までに指名できる場合は2番めに高い指名順が10個下がる 。(成績の悪かったチームほどドラフトで上位指名できるのでそのチームの指名が全体6位までに入っている場合はそこはプロテクトして、2番めの指名できる順位が10個下がるということ)

 レッドソックスがまさにこれにひっかかったワケですね。ドラフトの順位が10下がるというので当時の経営陣は本当に頭を抱えていました。

ドジャース:最低でも$40M内に抑えたい→トレードあり!

 よって、ドジャースは最低でも$4M、できれば少しスペースをもたせて$7Mほどはサラリーを削りたいのは必至。

 ということで、トレードによる放出も考えるでしょう。誰を出すかはまだわかりません。

 せっかくブルペンを補強していたのにフローロとコラレックを出したので、ブルペンは避けてもらいたいところですね。ただ、これはどうなるかわかりません。一気に$10M以上削る決断もあるかもしれません。いずれにせよ、需要次第です。

ジャスティン・ターナーとは

 ジャスティン・ターナーにとってはせっかくのめでたいお話なのに、お金の話題ばかりで失礼しました。

 ジャスティン・ターナーは2021年は36才で開幕を迎えます。よって今回の契約は37才のシーズンまで。クラブオプション行使なら38才までですね。

 もともとは2006年のレッズ、7巡目指名。

 2008年12月に、レッズが捕手のラモン・ヘルナンデスを獲得したトレードで、他の選手とともにオリオールズへ移籍。メジャーデビューはその翌年の2009年のことです。

 しかし、オリオールズではほとんど結果を残せず、翌年の2010年5月にDFA。ウェーバーにかけられたところをメッツにクレームオフされました。

 メッツでは2011年に117試合に出場。打率.260で内野のユーティリティーとして活躍。メッツには2013年まで所属。ただ、ゲームに出てはいたものの決め手にかける存在でした。というのもメッツ時代のHRは297試合でたったの8本。

 2013年終了後にFAとなり、ドジャースとディールが成立。

ドジャースで一気にHRが増える

 ドジャース1年めの2014年はやや手応えを掴んだ程度の7HR。しかし、2015年に16HR、2016年には27HRをマーク。

 キャリア124HR(2020年終了時)のうち、116本がドジャースに入ってからのHR。バッティングフォームも足を高く上げるスタイルに変え、一気に距離も伸びたイメージがあります。

 何より、力が抜けてリラックスしてボールを待っていますね。

ユニフォームの背中の汚れの原因は?

 ジャスティン・ターナーと言えば、背中の汚れが有名です。なんであのような変な場所に汚れがつくのか?とお思いの方も多いはずです。

 筆者は最初、ルーティンの動きの中で、ロージンかスプレーを触った手であんな場所を触っているのか?それにしても試合の早いイニングでもう汚れがついているから、余計に不思議でもありました。

 秘密をバッチリ確認できる動画があります。これです。

 まあ、バットでないと届きませんよね。

 以上です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
【MLB2024】ナッツのスティーブン・ストラスバーグは未だ40manロスター。今後の動向は?
タイトルとURLをコピーしました