スポンサーリンク

【MLB2021FA】ドジャース、トレバー・バウアーを獲得!記録的なディールは2年めに45Mドル!(訂正あり)

2020 サイ・ヤング賞右腕はLAD!

 現地2021年2月5日、今オフのFA選手の中で最も注目度の高かったトレバー・バウアー( Trevor Bauer)のディールがついに決定。

 ロサンゼルス・ドジャースに決定しました!!

 そのディールは単年ベースでは記録的な額に。また、意外にもショートディールで決めたところがトレバー・バウアーらしいところでもあります。

契約は3年102Mドル

契約合意時(訂正前)

 その契約内容ですが、以下の通りです。

 現地2021年2月5日時点では下記の内容でしたが、正式合意後は内容が変わっています。

  • 3年/$102M(2021-2023) :AAVで$34M
    • 支払い:2021: $40M、2022: $45M、2023: $17M
    • 2021年、2022年終了後にオプトアウトあり

 贅沢税算出のもとであるAAV(Annual Average Value)で均等割りで$34M/年。

正式契約発表後(訂正後)

 なお、併記していて見にくいかもしれませんが、こちらが正式合意後の内容です。

3 年/$102M (2021-23) 総額は変わらず。

 ドジャースとバウアーは以下条件で契約しました。

  • サイニング・ボーナス:$10M
    • (2021年3月15日、7月15日にそれぞれ $5Mずつ支払い)
  • サラリー: こちらの配分が合意時とは異なっています。
    • 2021:$28M (2021年11月1日受け取り)
    • 2022:$32M 
    • 2023: $32M
  • オプトアウト:
    1. 2021年終了後(バイアウト$2M) :その場合、ドジャースは2021年の$28Mのうち、$20Mを利息なしで繰延払い。スケジュールは2031年から2040年までの10年間、12月1日に$2Mずつ支払い
    2. 2022年終了後(バイアウト $15M )
  • 限定的なノートレード条項:
    1. 開幕時からASGまでの間でトレードとなった場合:
      • ALのクラブにトレードとなる場合は、バウアーの承認が必要。
    2. オールスター後にトレードが決まる場合:
      • 以下の条件に該当し、ALクラブにトレードとなる場合はバウアーの承認が必要。
        • オールスター前に80イニング以上を投げた場合。
        • もしくはオールスター前にスタートごとに最低でも1イニング以上投げた場合。
  • 契約中にスキル不足でリリースとなった場合、バウアーはバイアウトとして契約期間の残額を受け取ることを選択肢を有する。ドジャースがMLB最低賃金を差し引いた残りの残高を支払うことで、別のクラブが彼にMLB最低賃金でサインすることを疎外する。

 最後のスキル不足うんぬんというのはあり得ない話ではありますが、万が一のことを想定してプロテクトに入れているのはさすがにトレバー・バウアーですね。ひょっとしたら、キレてバックスクリーンに大遠投するのもスキル不足とみなされかねないので、こちらも入れたのではないかと想像します。

2021年、単年NO.1ではなくなりました。

 サラリーを2021年の金額で限定させていただきましょう。上位10名のランクで、フル・コントラクトも参考までに入れております。これはAAVではなく、2021年の支払額として決まっている金額です。

  1. トレバー・バウアー(LAD):$40M (3年$102M: 2021-23)
  1. マイク・トラウト(LAA):$37.1M (12年/$426.5M: 2019-30)
  2. ゲリット・コール(NYY): $36M (9年/ $324M: 2020-28)
  1. ジェイコブ・デグロム(NYM): $36M (5年/$137.5M :2019-23)
  1. ノーラン・アレナド(STL): $35M (8年/$260M: 2019-26 + 1年/$15M:27)
  1. スティーブン・ストラスバーグ(WSH): $35M (7年/$245M: 2020-26)
  1. マックス・シャーザー(WSH): $34.5M (7年/$210M: 2015-21)
  2. マニー・マチャード(SDP): $34M (10年/$300M: 2019-28)
  3. ジャスティン・バーランダー(HOU): $33M (2年/$66M: 2020-21)
  4. ザック・グレインキ (HOU) : $32.9M (6年/206.5M: 2016-21)

メッツにドジャースが待ったをかける!

 今回のディールでNYの有名メディアの記者さんがメッツに決定と速報を流されましたが、おそらくその時はそれで合っていたと思われます。メッツも獲得したと思ったでしょう。ところが、ロスに明るいメディアの方からはその速報はまだ違うとすかさず諌める場面があったのは非常に興味深かったです。

メッツのオファー

 競合していたのがメッツだった訳ですが、時間が経つにつれ、そのオファーが明らかになってきました。

  • 3年/$105M(2021-23) : AAVで$35M
  • 2021: $40M、2022: $35M、2023:$30M
  • 2021年と2021年終了後にそれぞれオプトアウトあり(バイアウトは$5M) 

ということはバウアーは低い方を選んだということになります。カリフォルニア・ネイティブでノース・ハリウッド出身のバウアーは地元を選んだ形となりました。

ドジャース、7.7M!

 ここでドジャースの贅沢税ですが、かなりすごいことになりました。上述した通り、基準額の$210Mに対して、バウアーのAAV、$34Mを加え、尚且つMLS3年未満のプレーヤーをざっと7名、$4.9Mとした場合、その総額は$237.7M。$27.7Mオーバーです。

 超過1年目で、$20M-$40Mのレンジの2つの要件が重なり、タックス・レートは20%+12%で32%ということに。

ドジャースの上位サラリー 

 ドジャースの上位サラリーの状況です。$30Mオーバーが3人もいて、この3名だけで$100M!なお、念の為。ここでの算出金額は上述の通り、あくまでAAV(年均等割)です。よって、バウアーは$40Mではなく、$34Mになります。

  • トレバー・バウアー:$34M
  • デービッド・プライス: $31M
  • クレイトン・カーショウ: $31M
  • ムーキー・ベッツ: $25.555M
  • コディー・ベリンジャー: $16.1M
  • ケンリー・ジャンセン: $16M
  • A.J. ポロック: $12M
  • コーリー・シーガー: $13.75M

 ちなみにウォーカー・ビューラーで$3.7Mです。

超強力ローテーション

 ドジャースの2021年のローテーションはご覧の布陣に。

  • クレイトン・カーショウ(L)
  • トレバー・バウアー
  • ウォーカー・ビューラー
  • デービッド・プライス※(L)※スプリングトレーニング次第
  • ダスティン・メイ
  • フリオ・ウリアス(L)

 デービッド・プライスは正直、現時点ではプレーするかどうかさえわかりません。ドジャースはそのリスクも一応考えてバウアー獲得に踏み切ったとも言えますね。

 ちなみにライバルのパドレスのローテーションはこちら。

リリーバーも補強

 なかなかWSチャンプになれなかったドジャースですが、今オフはリリーバーもきちんと補強。コーリー・クヌーベルを獲得しています。

 トミー・ケインリーも獲得していますが、2021年はその大半をトミー・ジョン手術のリハビリに費やしますので、2022年から稼働と見た方がいいでしょう。

 トレバー・バウアーとは?

 トレバー・バウアーの略歴だけ記載しておきます。1991年1月17日生まれの30才。2011年、Dバックス1巡目指名(全体3位)。UCLA出身。

 デビューはドラフト翌年の2012年。

  2012年11月、Dバックス、インディアンス、レッズ間で発生した3チームトレードでインディアンスに移籍。以降、2019年のトレードデッドラインまでインディアンスに在籍。バウアーはインディアンスで育ったようなものです。

 2019年のトレードデッドラインでインディアンス、レッズ、パドレス間で発生した3チームトレードでレッズへ移籍。

 2020年オフ、FAとなっていました。

 主なアウォードやスタッツはご覧の通り。

  • オールスター出場:1度 (2018)
  • サイ・ヤング賞受賞:1度 (2020)
  • NL ERA1位: 1.73 (2020)
  • NL完投数1位:2試合 (2020)
  • NL 完封数1位:2試合(2020)
  • 15勝以上のシーズン: 1度 (2017: 17勝)
  • 200 イニング以上: 1度 (2019: 213.0)
  • 200奪三振以上: 2度 (2018 : 221、2019:253 )
  • 通算:75勝64敗 ERA 3.90(2020年終了時点)

 個人的にルーキーの頃から好きな投手でしたので、自ずと彼に関する記事は増え気味です。旧ブログからの移管を行っていませんが、たくさんの記事を書いてきました。そのバウアーがサイ・ヤング賞を獲得したのは本当に嬉しかったです。 

 才能がありすぎてプライベートでも目立つ存在ではありますが、日本好きのところや、論理的で、野球オタクなところはとてもいいです。

 地元で頑張ってもらいましょう。

 そして、パドレスとの対戦は非常に興味深いですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました