【MLB移籍For2018】アレックス・コブはオリオールズへ!4年契約で合意

良いなと思ったらシェアお願いします

アレックス・コブの移籍がついに決定

今オフFA市場で注目されていた大物選手の移籍がついに決定した模様です。

現地2018年3月20日、レイズからFAのアレックス・コブ(Alex Cobb) はオリオールズと4年契約で合意。総額は5,600万ドルから6,000万ドル。

こちらの情報はまだ非公式で、フィジカル・チェック待ちですが、ほぼ間違いないでしょう。

いみじくも、ア・リーグ東地区のチームへの移籍となりました。

アレックス・コブとは

アレックス・コブは今季30才のシーズンを迎えます。非常にコントロールがよく、カーブのキレがバツグンの投手です。フォアボールは1試合当たり3個以内に抑えるレートを持っています。

2006年アマチュア・ドラフト4巡目でレイズから指名を受け、プロ入り。2011年にメジャーデビュー。2012年から3年連続で2桁勝利を上げ、順調なキャリアを積んでいたのですが、2015年にトミージョン手術を受けましたが、翌年の2016年9月に復帰。

2017年には29試合、179.1イニングを投げ、12勝10敗、3.66 ERA。2013年と14年のERAがそれぞれ2.76、2.87でしたから、ちょっと落ちましたね。

トミージョン手術の影響も感じさせない2017シーズンでしたので、2018シーズンの活躍も期待できます。

オリオールズの事情

オリオールズは、2017年11月にウバルド・ヒメネス(Ubaldo Jimenez)との4年契約が終了。ローテが1枚欠けておりました。

もっとも、アンドリュー・キャッシュナー(Andrew Cashner)の補強やクリス・ティルマン(Chris Tillman)との再契約もあったのですが、強力な1枚を補強できたのは事実です。

2018ローテションが完成

これでローテは、先の2人とともに、ケビン・ゴーズマン(Kevin Gausman)、ディラン・バンディー(Dylan Bundy)、アレックス・コブとなりました。

もっとも5人で回すか、4人で回すかは今のところは不明ですが、わかっているのは、マイク・ライト(Mike Wright Jr.)やミゲル・カストロ(Miguel Castro)、ネストール・コルテスJr(Nestor Cortes Jr.)は6人目を争うということです。ひょっとしたら、コブもこの中に入っていて、5人目を争うのかもしれませんが、だとしたら、コブで確定だと思います。

2017シーズン、最下位だったオリオールズ。マチャドも残りましたし、今季は巻き返したいところですね。

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

Amazon タイムセール

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク