スポンサーリンク

【MLB2024】好調ガーディアンズが投手補強。マシュー・ボイドとメジャー契約へ

ガーディアンズが残っていたFA左腕と契約

 現地2024年6月27日を終えた時点のクリーブランド・ガーディアンズのシーズン成績は51勝28敗で勝率は.646。ALセントラルの首位を独走中です。ALでは51勝30敗で勝率.627のオリオールズを抜いて1位。強さの概要は下のクワンの記事で書いております。

 そんなガーディアンズがここに来て投手補強を実施。ベテラン左腕とサインしました。

マシュー・ボイドとサイン

 現地2024年6月27日時点ではフィジカルチェックの結果待ちで詳細は判明していませんが、33才のベテラン左腕のマシュー・ボイド(Matthew Boyd)とメジャー契約でサインしました。

 マシュー・ボイドはこれまでほとんどのゲームで先発として登板。キャリアのほとんどをタイガースで過ごしてきました。メジャー通算9シーズンで計174試合に登板。そのうち先発は160試合。イニング数は886.2、通算成績は44勝67敗、ERA 4.94。

 ローテーション投手として特に2017年から2019年は輝かしい活躍を見せました。

直近はトミー・ジョン手術上がり

 ただ、近年はさまざまな健康上の問題を抱え、2021年9月には屈筋腱の手術を行い、2022シーズンのほとんどを欠場。復帰したのは2022年9月で、当時所属していたマリナーズでリリーフとして10試合に登板したのみ。

 2023はタイガースに復帰し、開幕から先発として15試合に登板したものの、6月26日のレンジャーズ戦で左肘に違和感を感じ、途中降板。

 診断の結果、トミー・ジョン手術が必要となり、2023年6月29日に実施。そのままシーズンエンドとなり、オフにFA。この日まで残っていました。

 2024シーズンが33才のシーズンであることはなんとかクリアー出来たかもしれませんが、トミー・ジョン手術を行ったことが各クラブの決断に二の足を踏ませた大きな原因です。また手術の時期も悪かったです。復帰まで最長18ヶ月かかるトミー・ジョン手術でそれを待っていたら2024年は全休となってしまいますので。

ショーケースで登板

 しかし、今回、ガーディアンズは手術から1年足らずでサインに踏み切りました。

 そうなったのは、マシュー・ボイドがショーケースで実際に投げたため。このショーケースは2024年6月7日(金)にカリフォルニアで行われ、MLB17クラブが集結。

 この時点で術後11ヶ月程度であったマシュー・ボイドはマウンドに上がりました。これは普通に考えれば故障の再発という意味でかなりのギャンブル。しかもマシュー・ボイドが行った手術は再建型のトミー・ジョンと言われており、そうであれば術前のUCLは断裂だっと思われます。にもかかわらず早期のマウンド復帰。

 登板時期を考えれば、実際は補強型のインターナル・ブレース手術だったかもしれませんが、そこまでの情報は確認出来ませんでした。クラブ側はエージェントに裏を取っているとは思います。ちなみにボイドはボラス・コーポレーションです。

92-93mphをマーク

 そのショーケースでマシュー・ボイドは、92-93mphを計測。彼のファストボールの平均ベロシティーは91.8mph(キャリア平均)ですから、それよりもむしろパワーアップしたパフォーマンスを見せたということに。ちょっと信じがたいですね!

 今回、ガーディアンズはしかもメジャー契約で獲得に至ったということです。

ガーディアンズの投手陣 

 ガーディアンズのローテーションは主にご覧の投手たちが担っています。

#NameAgeWLGSERA
1タナー・バイビー2562163.50
2ローガン・アレン(L)2583165.72
3トリストン・マッケンジー2634154.66
4ベン・ライブリー3274133.03
5カルロス・カラスコ3736145.27
CLEの主なローテーション

 シェーン・ビーバーを欠きながら、タナー・バイビーとローガン・アレンが素晴らし活躍。トリストン・マッケンジーはピリッとしないことが多いですが、ベン・ライブリーも素晴らしいです。そしてカルロス・カラスコも復活。打たれてはいますが、ローテーションを穴を埋めているというところ。

 ご覧のように先発はかなり安定しています。左がもう1人欲しいというのはあるかもしれせん。

リリーフ起用か?

 トミー・ジョン手術上がりということで、マシュー・ボイドはショートイニングに限定されますから、ブルペンに入りそうです。彼は経験も豊富で、ショートイニング限定となれば、ゲーム終盤の緊迫した左打者との対戦に当てられることになりそうです。

 実際、マシュー・ボイドの肘の回復度合いがどれくらいのものか気になりますが、ガーディアンズは慎重にフィジカルチェックを行うことでしょう。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 名無し より:

    失礼ながら、ジャスティン・ビーバーで笑ってしまいました。。。

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ブレーブス、今度はオジー・アルビーズが長期離脱!マックス・フリードもILへ
【MLB2024】勝率5割超え、NLウエスト2位で上昇気流に乗ったDバックスはトレードDLでバイヤーへ
【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
タイトルとURLをコピーしました