スポンサーリンク

【MLB2021FA】強気の姿勢でフィリーズのマイナーディールを選んだブランドン・キンツラー

シナリオ次第で大いなるメリット

 2020年のコロナ禍をMLBにいち早く拡げてしまった面もあったマーリンズですが、シーズン中断を経験しつつも、あれよあれよという間に勝ち星を重ね続け、ついには前年の105敗から一転、60試合で31勝29敗をマーク。

 ナ・リーグ東地区2位に着地し、ポストシーズンにも進出したのはご承知の通りです。

2020マイアミ躍進のキーマン

 2020 シーズンのマイアミ・マーリンズ躍進の最重要キーマンとなったのが、クローザーを務めたブランドン・キンツラー(Brandon Kintzler )でした。野球はもちろん1人では出来ませんが、キンツラーが後ろにいたことの価値は計り知れません。

 そのブランドン・キンツラーが現地2021年2月10日にフィリーズとマイナーディールでサインしました。

マーリンズのメジャーオファーを断る

 マーリンズは2020年オフから元ソフトボール女子で、メジャー初の女性GMとなったキム・アングさん(キムはキンバリーなどのKim)が編成を担っています。

 そのアングGMの強い要望でマーリンズのクローザーとして再契約のオファーがあったブランドン・キンツラーですが、これを拒否。あえてフィリーズでのマイナー契約を選択しました。

マーリンズは$2M

 今回、マーリンズがブランドン・キンツラーにオファーした契約は1年/$2M。2021年途中で37才(8月の誕生日で)になるキンツラーにとって、このオファーは決して悪くはない数字でした。交渉によっては、インセンティブも盛り込めたかもわかりません。

フィリーズでのポテンシャルにかける

 しかし、フィリーズとのマイナー契約を選んだブランドン・キンツラー。そのディール内容は以下の通り。

  • マイナー契約
  • メジャーに昇格すれば $3M
  • 追加で $1M のパフォーマンス・ボーナス

 ポテンシャルで最大$4M。

 ブランドン・キンツラーの2020年の契約はサラリーは$3.25Mで、2021年は$4Mのクラブオプションで$0.25Mバイアウトというものでした。しかし、マーリンズはクラブオプションを行使せず。FAとなっていました。

 フィリーズとのポテンシャルディールはいわば、そのクラブオプションが行使されたのとほぼ同じ金額になります。

満額を狙うなら開幕メジャーしかない

 自らの腕を信じ、茨の道を選んだことにと言えばかっこいいですし、逆に「結局、お金か」という考えもあるでしょう。

 行動経済学の観点でサラリーの面だけに限って言えば、間違いなく$2Mのマーリンズのオファーを選ばないといけない選択肢です。

 メジャーに上がれば$3Mというのは、結局日割りになってしまうからです。その日が遅れれば遅れるほど、金額は$3Mから減ります。$3Mのサラリーの満額を狙うなら、もう開幕メジャーしかありません。

 2020年のような緊急事態が発生し、ショートシーズンになるようなこともなきにしもあらずなのですから、保証がないというのは前年割れどころの騒ぎではなくなる恐れもあります。

 そこをあえてチャレンジするというのは、厳しい面をクリアーするという覚悟があるということかと思います。

良いシナリオではフィリーズにもメリット

 ブランドン・キンツラーは2020年、24試合、24.1イニングを投げて2勝3敗、12セーブ、ERA 2.22という素晴らしい数字を残しました。

 前年並の数字を残せれば、フィリーズにとって大きなメリットがあります。

 現時点ではクローザーにアーチー・ブラッドリー、セットアップにヘクター・ネリス、デービッド・ヘイル、そしてホセ・アルバラードが控えています。その中にブランドン・キンツラーが入れば、フィリーズのゲーム後半は相当強いものに。

 そして本人も良い成績を上げれば、ボーナス込の$4Mも十分に可能性のある話になりますね。

唯一のデメリットはフィリーズが0M超えに

 もしブランドン・キンツラーの開幕メジャーが実現すれば、フィリーズの2021年の贅沢税上のサラリーは$201Mほどになる見込みです。

 唯一のデメリットとしてはこの点くらいでしょうか。

 ブランドン・キンツラーが機能してくれれば、フィリーズは本当に面白い存在になれます。

 怪我に気をつけ、無事に開幕メジャーを迎えてもらいたいなと思います。

 ベロシティーは91-92mphくらいの数字ですが、左肩をしっかりと閉じて投げるフォームは非常に美しいです。またグラブを抱え込む感じも非常に好きなので、ぜひ頑張ってもらいたいと思います。

 こちらはメジャー3年目、2013年の動画です。ボールに勢いがあります。

 以上です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました