スポンサーリンク

【MLBトレード】ヤンキース、マイク・トークマンをジャイアンツへ!左腕のワンディー・ペラルタを獲得

MLB移籍/FA情報

4月のトレード

 現地2021年4月27日(火)、トレードが決まりましたね。ニュースが出た途端に記事にしたかったのですが、残念ながら出勤の時間となったので、速報性はなくなりましたが、こういったトピックも拾っておくのは、後からの振り返りに役立つこともあるので、記載させていただきます。

トレード内容

 今回、ヤンキース、ジャイアンツ間で有名選手のトレードが成立ということに。人の動きは以下です。

ジャイアンツGet

 ヤンキースからジャイアンツには、OFのマイク・トークマンが動くこととなりました。

  • マイク・トークマン(Mike Tauchman/30)OF/ 左投げ左打ち

ヤンキースGet

 ジャイアンツからヤンキースには2人のプレーヤーが動くことに。一人はまだ決まっていません。

  • ワンディー・ペラルタ(Wandy Peralta/29) LHP
  • PTBNL (Player To Be Named Later: 後日指名の選手)

選手紹介

マイク・トークマンとは

Mike Tauchman: “Every day is a milestone” | New York Yankees

 マイク・トークマンは1990年12月3日生まれの30才(現地2021年4月27日時点)。2013年アマチュア・ドラフトのロッキーズ10巡目指名。ブラッドレイ大学の出身。デビューは2017年6月で26才の時。結構、遅咲きです。ロッキーズには2018年まで在籍。今回、ジャイアンツに動くのは再び西海岸でプレーということですね。

 2019年3月にフィリップ・ディールとのトレードでヤンキースに。フィリップ・ディールは左腕投手で2019年に10試合、2020年に6試合、リリーフで登板しています。

2019年に活躍

 トークマンのここまでのキャリア・ハイライトで行けば、やはり2019年がもっとも活躍した年になります。2019年はヤンキースがけが人だらけになった年ですね。

 アーロン・ジャッジ、ジャンカルロ・スタントン、アーロン・ヒックスと外野が全員出揃うことがなかった年ですが、その時に活躍したのがマイク・トークマン。87試合に出場し、260打数72安打、打率.277、OBP .361、SLG .504、HR 13、二塁打 18、RBI 47。打撃よりも守備がよかったと言ってもいいかもしれませんが、レギュラーの穴をよくカバーしたと思います。

 怪我人だらけなのになぜか負けなかったのは、1番はD.J.ルメイヒューが活躍したからですが、このマイク・トークマンの活躍もかなりいいインパクトを残しました。

2020年は結果が出ず 

 しかし、2020年は60試合中、43試合に出場したものの、打率.242、HR 0、RBI 14と苦しんだシーズンでした。盗塁6はまあまあでした。

 2021年はここまで11試合に出場。打率.214(現地2021年4月27日時点)とやはり苦戦。今季のヤンキースの不調を跳ね返すパワーが出ていませんでした。

ワンディー・ペラルタとは

Wandy Peralta 2020 Highlights

 さて、ジャイアンツからヤンキースに移籍するワンディー・ペラルタは、ドミニカ共和国出身の29才の左腕。リリーバーです。2009年アマチュアFAとしてレッズと契約。デビューもレッズで、2016年のことです。24才の時。

 デビュー2年目の2017年には69試合に登板。ERAは3.76。2018年には59試合に登板し、ERA5.36。

 2019年9月にウェーバーにかけられたところをジャイアンツがクレームオフ。2019年は、レッズとジャイアンツで計39試合に登板し、ERAは5.67。2020年は25試合でERA 3.29、2021年はここまで10試合に登板し、ERAは5.40(現地2021年4月27日時点)。

95mph以上にもかかわらず

 「95mph以上の4シームを持っているにもかかわらず」という枕詞を使いたいのがワンディー・ペラルタ。グランドボール率(ゴロ率)も50.4%と高く、打ち取れる要素があるのですが、いかんせん点を取られてしまうのがワンディー・ペラルタ。

 このパワー・アームを活かすのは結構難しいかもしれません。

ジャイアンツは左ばかり

 このトレードは、どうもヤンキースの方が分がありそうなトレードです。というのも、ジャイアンツのOFは、マイク・ヤストレムスキー、アレックス・ディッカーソンが左打ち。オースティン・スレーター、ダリン・ラフは右打者ではありますが、マウリシオ・デュボンも含めて内野兼という布陣。

 ここに左打ちのトークマンが入ると、かなり飽和状態です。まあ、競争を意識させるというのがあるかもしれませんが、これがどう出るでしょうか。

 ワンディー・ペラルタの場合は、とにかく左腕のリリーバーは貴重ですから、ハマればかなりの戦力に。

 よって、どうもヤンキース側にメリットがありそうです。これに加え、後日プロスペクトも入る訳ですからね。

4月の動き

 今季は4月に人の動きが多いシーズンですね。記事にはしていませんが、今季からヤンキースに移籍したジェイ・ブルースが4月18日に正式に引退、さらに4月20日にはパイレーツに長く在籍したニール・ウォーカーも引退を表明しました。

 この辺は、2020年の影響も少なからずありそうですね。

 マイナーリーグが5月から始まりますし、また人の動きが増えるかもしれませんね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【死球明け】大谷選手、投手オンリーで6イニング1ヒッター
 【MLB2021】惜しすぎる!オリオールズ、ジョン・ミーンズのアン・パーフェクト・ノーヒッター
【MLB契約2021】ホワイトソックス、OFにブライアン・グッドウィンを補強。マイナー契約でサイン。
【MLB2021】「痛すぎる」!ドジャース、ダスティン・メイのトミー・ジョン手術で投手陣再構築へ
【MLB 2021】CWS、ルイス・ロバート、右股関節屈筋断裂で12-16週離脱へ
【MLB2021】好調、リース・ホスキンスにとって「勉強の日」
【MLB 2021】今度はカブス@レッズ戦でポストシーズン・ゲーム
【MLB2021】レッズのアミール・ギャレット、危うくまたベンチ直行(追記あり)
【ルール】独立Lのパイオニア・リーグが2021年に新ルール導入!目玉は延長戦なしでホームラン・ダービー!
【MLB2021】”完璧!” ブルワーズのリリーバー、J.P.ファイヤライゼンが14試合でERA0.00
【MLB 2021】レッドソックス、デグロム戦で勝利!ニック・ピベッタが好投!
【MLBトレード】ヤンキース、マイク・トークマンをジャイアンツへ!左腕のワンディー・ペラルタを獲得
【MLB 2021】歴史的快挙!大谷選手、先発投手兼2番打者で初勝利
延長10回「代打、カーショウ」!すさまじい総力戦はパドレスに軍配
【MLB 2021】”D-Backs Day !”ザック・ギャレンが1ヒッター、M・バンガーナーがノーヒッター!
【MLB 2021】パドレス、なぜ代えた?ドジャース、ブレイク・スネル降板後に一気に逆転して勝利!まるでWSの再現
【MLB 2021】アスレチックス、13連勝!クリス・バシットが6回2失点、好調マット・オルソンに加え、ジェド・ラウリーが活躍(追記あり)
【MLB 2021】パドレス、連勝!ダルビッシュ投手が9K!タティス・Jr.が2HR
【MLB 2021】埋もれていたコール・アービンも再生させ、アスレチックス、12連勝!
【MLB 2021】ジェイコブ・デグロムを今見られる幸せ!15奪三振などこの日、デグロムがやった7つのこと
タイトルとURLをコピーしました