【MLB移籍2018】レッドソックス、ミッチ・モアランドと再契約!ホズマーを諦める

良いなと思ったらシェアお願いします

現地2017年12月18日、ボストン・レッドソックスは2017年にレンジャーズから獲得し、今オフFAとなっていたミッチ・モアランドと2年1,300万ドルで再契約することになりました。

ミッチ・モアランドは32才。2016年に1Bでゴールドグラブ賞を受賞しています。

2017シーズンは149試合に出場し、打率.246 、HR 22、RBI 79。ここ3年はほぼ毎試合ゲームに出ているような状態で、今が旬とも言える選手です。

レッドソックスは今オフのFAの目玉、ロイヤルズからFAのエリック・ホズマーを狙っていましたが、モアランドと再契約したことでホズマー獲得戦からは降りました。

双方ともGG賞受賞で守備はうまく、ホズマーの方が打撃では上でしょうから、ホアランドに決めたのは金額だったかもしれません。ホズマーは高いはずです。ここはエビデンスがとれませんでした。(筆者の推測です)

これでレッドソックスの1Bにはモアランドがつきますから、ヘインリー・ラミレスはDH確定です。 ヘインリー・ラミレスはもともとSSの選手なんですが、若手にうまい選手がたくさんいますので、1BかDHになってしまいます。

レッドソックス、ナックルボーラーがDV規定で開幕から数試合登板できませんので、まだ投手を狙いにいくかもしれませんね。

これは筆者の願望ですが、ダルビッシュ投手を狙いにいってくれないかな???などと考えております。ダルビッシュ投手にはカブスが食指を伸ばしています。

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!