スポンサーリンク

【次も期待!】ブレット・フィリップス、アンツイスト投法で好投!優等生レイズのイメージを変える

レイズ、大敗でPPP(Position Player Pitching)の日

 現地2021年7月2日、レイズ@ブルージェイズ戦は、序盤2回を終えてブルージェイズが6−0とリード。レイズ先発は21才のルイス・パティーニョ。オフにブレイク・スネルとのトレードでパドレスから移籍してきた右腕です。

ルイス・パティーニョ、立ち上がりに失敗

 そのルイス・パティーニョは97mphのファストボールを誇りながらも、あまりにも真っ正直過ぎたのか、立ち上がりにブルージェイズ打線に捕まり、6失点。投球フォームもよく、強いボールを投げていたのですが、ファストボールとスライダーのみで単調だったのかもしれません。

 ちなみに2020シーズンもMLBで投げましたが、昨シーズンはもっと迫力がありました。荒々しいという印象。この日はその怖さがありませんでした。パティーニョは6回1アウトまで投げるも失点はこの立ち上がりだけだっただけに次回はまた修正が必要ですね。ただ、いい素材には違いありません。パドレスはどんだけいい選手を抱えていたのかと思いますね。

アレク・マノアが6.1イニングをノーヒットに抑える

 レイズは中盤に挽回したかったところですが、それを阻止したのがブルージェイズ先発のアレク・マノア。

 マノアは5月27日のデビュー戦以降、6月は5試合に登板したものの、勝てない日々が続いていました。しかし、月が変わってまた本来の良さが戻ってきたようです。

 この日は6回1アウトまでノーヒット・ピッチング。レイズに流れを渡しませんでした。

 その後、ブルージェイズは6回にワイルド・ピッチで1点、7回にはヴラディミール・ゲレロ・Jr.の今季27号のHRなどで3点を追加して10-0とリード。

 レイズも8回表にブランドン・ラウのタイムリー2塁打で1点を返すもこれが精一杯。8回表を終わって10-1とブルージェイズがリードしていました。

PPPにブレット・フィリップス

 レイズの守りは残り8回裏のみ。そうなると出てくるのはPPP(Position Player Pitching)。

 今回、レイズが用意したのはOFのブレット・フィリップス。

 ブレット・フィリップスと言えば、2020年のワールドシリーズ Game4でレイズが奇跡的な勝利を手にしたあの一線で、サヨナラヒットを打った選手。

 あの喜び方からすると、かなり明るい選手であることは明白なのですが、この日はまさにその本領を発揮したのでした。

ブルペンからおかしい

 まずはブルペンの模様。

 最初、このブルペンの動画を見た時、コメディアンのウィル・ファレル(Will Ferrell)のなりきりMLBプレーヤーの過去映像でも流しているのか?と思いました。なんの関連で?と。

 しかもこのシリーズはJuly 4thを記念するキャップをかぶっているため、余計にレイズの選手であることに気づくのが遅れました。

 実はブルペンのこの動画もふざけているのではなくて、それなりの理屈があったのです。

本気投げで94mph

 8回裏のマウンドに上がったブレット・フィリップスですが、先頭のジョナサン・デービスに対していきなりの本気投げで94mphを見せました。惜しくもボールとなりましたが、ブルージェイズ・ベンチも騒然。

 ところが2球目からはその半分のベロシティーの40mph後半のスローボールを投じ続けました。

ひねりを封じるアンツイスト投法でオフ・スピード・ピッチ

 ブルペンでふざけていたように見えたあの投球は実はスピードを殺すために捻らないで投げる投法を練習していたのでした。とびきり遅いボールならむしろ打たれる確率は減りますから。

 しかもあのスローボールは変化球。一瞬、ナックル・ボールか?と思わせましたが、スライダーでした。そのせいか、ジョナサン・デービスをCFフライ、さらにリース・マクガイヤをSSゴロに打ち取り、2アウト。これはワンダー・フランコのベア・ハンド・プレーが素晴らしかったですね。

 その後、ヒットと2つの四球で1点は失いましたが、上出来だったと思います。

レイズのイメージが変わった

 これは主観でもありますが、レイズと言えば、MLB30クラブ中、25位以下のサラリーで優秀な成績を残すクラブ。ゆえに無駄や遊びのない超優等生集団というイメージがあったのですが、この肩のちからが抜けた様子や、本人が考えて編み出した仮設を自ら実行して検証するさまは、まるでビデオ・ゲームでも興じているようなプロセス思いでした。工夫を楽しんでいる姿にレイズの硬いイメージが吹っ飛びました。

 レイズも最近はリッチ・ヒルがベンチでバットを振り回して暴れたりしていましたが・・・。

 ブレット・フィリップスはレイズにとって、貴重な選手かもしれませんね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】ナショナル・リーグ西地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 2023】メッツ、バッティング・チャンプのジェフ・マクニールと4年/50Mドルで延長契約
【発表】MLB 2023トップ・プロスペクト・ランク100!1位はオリオールズのガナー・ヘンダーソン
【MLB2023HOF】スコット・ローレンが野球殿堂入り!フレッド・マグリフはEra Commiteeで選出
【MLB移籍2023】レッドソックス、トレードで左腕のジョシュ・テイラーを出してアダルベルト・モンデシーを獲得
【MLB2023】エンゼルス・オーナー、売却はせず
【MLB移籍2023】トミー・ラステラを獲得したマリナーズ、左腕のジャスティス・シェフィールドをDFAに
【MLB スタジアム 2023】ブルージェイズ、ロジャース・センターのウォールの距離を変更
【MLB移籍2023】マーリンズとツインズ間でトレードが成立!ルイス・アラエズとパブロ・ロペスがスワップ!
【MLB移籍2023】ロイヤルズ、アロルディス・チャップマンと1年契約で合意!
【MLB移籍2023】レッドソックス、2021RBIキングのアダム・デュバルと1年契約で合意
【MLB 移籍 2023】ブルワーズ、マーリンズからFAのブライアン・アンダーソンと合意へ
【MLB 移籍 2023】レッドソックスが捕手を補強!ホルヘ・アルファーロとマイナー・ディールで合意
【MLB 2023】ツインズ、トミー・ジョン・リハビリ中のクリス・パダックと3年の延長契約へ
【MLB 移籍 2023】カブス、FAのトレイ・マンシーニと2年契約で合意!打撃の厚みが増す!
【MLB 移籍 2023】パイレーツ、FAのアンドリュー・マッカッチェンと1年で合意!2013年NLMVP!
【MLB 移籍 2023】藤浪晋太郎投手、アスレチックスと1年で合意(追記あり)
【MLB 移籍 2023】FAのカルロス・コレアはようやく決着!ツインズに戻る!
【MLB 移籍 2023】アメリカン・リーグ東地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 移籍 2023】フィリーズ、タイガースから左腕のグレゴリー・ソトとINFのコディー・クレメンスをトレードで獲得
【MLB 移籍 2023】マリナーズ、CWSからFAのAJ・ポロックを獲得!
【MLB 2023 FA】エリック・ホズマー、カブスと合意するも、強烈なプロスペクト、マット・マーヴィスと競合
【MLB 2023 FA】Dバックス、リラックス投法のザック・デイビーズと1年/5Mドル保証で再契約
【MLB 2023】”地元スーパースターを確保”レッドソックス、ラファエル・デバースと11年/331Mドルで延長合意
【MLB 2023】レッドソックス、ラファエル・デバースと調停を避けて1年/17.5Mドルで合意(追記あり)
【2022-26 新CBA】クオリファイング・オファーのドラフト補償とペナルティーについて
【MLB 2023 FA】レッズ、ウィル・マイヤーズとカート・カサリを獲得し、ムスターカスをDFAに
【MLB プロスペクト 2023】再生カブス”の投手陣の大きな武器になりそうなヘイデン・ウェズネスキーをご紹介
【MLB 2023 FA】Dバックスがエバン・ロンゴリアと1年契約で合意
【MLB 2023 FA】信頼のコンタクト・ヒッター、ジーン・セグラはマーリンズに決定! 2年/17Mドル保証
タイトルとURLをコピーしました