スポンサーリンク

【MLB 2021】ブルージェイズの大きなルーキー、アレク・マノアが6回、2ヒッターで白星デビュー

プロスペクト

噂通りの大きさ

 現地2021年5月27日(木)、ブルージェイズの巨漢プロスペクト右腕のアレク・マノアが@ヤンキース戦でメジャー・デビューを果たしました。

 6フィート6インチということで、198cm。前日の記事内で「2m超え」と書いてしまいましたが、訂正しました。失礼しました。

 身長はメジャーの投手ではこのくらいの人は結構います。ジャスティン・バーランダーが196cm、エンゼルスのアーロン・スレガースに至っては208cm。マノアの場合、横も含めて大きな選手だったのは確かですね。プロフィールの体重は、117kgですが、これは目安程度の数字と思っていた方がよさそうです。

スライド登板で多重ハードル

 もともと26日(水)のゲームに登板することが決まっていたアレク・マノアですが、雨のため、この日のダブルヘッダーのGame1にスライドしたのでした。よってデビュー戦は7イニング制で、しかも相手ヤンキースの先発はドミンゴ・ヘルマン。直近3試合で2勝1敗と、調子を上げてきている投手です。

 デビュー戦がヤンキースというだけでもハードルが高く設定されている中、敵地であり、ドミンゴ・ヘルマンが相手先発であり、さらに7イニング制で先制点を与えてはいけないというまさに多重ハードルの中でのデビュー戦となったのでした。

ファミリーの大声援

 そんな厳しいデビュー戦でアレク・マノアは何かのびのびと投球。本人のメンタルは推し量ることくらいしかできませんが、非常に良い投げっぷりだったと思います。

 そうさせた要因の一つは熱い声援を送る家族の存在もあったかもしれません。

ママ、大声援

 晴れの舞台に、家族はじめ友人も多数スタンドに見えていたアレク・マノア。フロリダから来たようです。もう身内だというのが非常によくわかる団体で、カメラも頻度高く抜いておりました。

 ひときわアツかったのがお母さん。もう大声援を送り続けていたのでした。アツいママに何か見覚えがあるな?と思い、調べてみると、レッドソックスのマイケル・チャビスのお母さんがアツかったのを思い出しました。

2019年1巡目 

 アレク・マノアは2019年のブルージェイズ1巡目指名の投手。全体順位は11位。1巡目の同期ではホワイトソックスのアンドリュー・ボーンがデビューしていますので、2人目。

マイナーでSO9が13.5 

 アレク・マノアはドラフト・イヤーにクラスAマイナスのショートシーズンのリーグでプロデビュー。6試合でSO 9は14.3。

 2020シーズンが本格的なプロでの投球になるところでしたが、ご承知の通り、マイナー・リーグがキャンセルになりましたので、メジャーへの試金石となるダブルA、トリプルAでの登板は2021年から。

 早めのデビューを考えていたブルージェイズは2021年はトリプルAからスタートさせました。5月初めに開幕となったトリプルAでは、3試合、3スタート、18イニングを投げて、3勝0敗、ERA 0.50。奪三振は打者66人に対して27をマーク。SO 9は13.5。やはり力があったということですね。

デビュー戦は6回2ヒッター、無失点

Alek Manoah SILENCES the Yankees' offense in his MLB debut (And his family celebrates in the crowd!)

 そのデビュー戦ですが、さすがに先頭のD.J.ルメイヒューに対してはストレートのフォアボールを与えてしまったものの、ルーグネッド・オドーア(Rougned Odor )を三球三振でメジャー初SOをマーク。

Max 97.3mph

 さらに、アーロン・ジャッジにはフルカウントから渾身のファストボールを投げ、空振り三振に。ジャッジにとっては屈辱的なスイングとなるほどの威力のあるボールでした。ちなみにこの日のMAXはこのボールで、97.3mph(156.59mkh)を計測。

抜群のコントロール

 驚いたのはコントロールの良さ。この日は6回まで投げたのですが、88球中、60球が枠内。

15人/22人の初球がストライク

 さらに、打者22人に対した訳ですが、そのうち15人に対してはファースト・ピッチが枠内という、もうそれは勝てるわと納得のコントロールを見せたのでした。

球種

 この日投げた球種はファストボールが、4シームでアベレージでMid-90というところ。またシンカーも同じような球速です。そしてスライダー、チェンジアップ。横の変化だけでなく、奥行きも使った投球ができるということですね。

アンドゥハーが2安打

 この日、許したヒットは2本だったのですが、いずれもミゲル・アンドゥハーが放った安打でした。アンドゥハーは2回裏の第1打席では初球をCF前に、さらに5回裏の第2打席では初球のスライダーを見た後は、全てスイング。ファウルを重ね、最後はRF前に運びました。

 どうも相性が良いようですね。

連続HRで援護 

 味方のブルージェイズ打線ですが、3回表にマーカス・セミエンと、ボー・ビシェットがBack to Back でソロHRを放ち、ブルージェイズが2点を先制。

 マノア降板後の7回にはジョーダン・ロマーノが1回を完璧に抑え、ゲームセット。マノアがデビュー戦で白星を上げたのでした。

Blue Jays vs. Yankees Game 1 Highlights (5/27/21) | MLB Highlights

下半身に壁があるような投げ方

 きれいなフォームのアレク・マノア。ただ、何か下半身に壁があるような投げ方に見えるのはなぜだろう?と思ってよく見たところ、理由がわかりました。

インステップ&つま先閉じ

 踏み出した左足がやけに斜めに見えるのが下半身に壁があるように見える理由だったのですが、つま先と閉じるのはもう常識となっていますが、マノアの場合、さらにインステップをしているようです。真後ろの角度からではなかったので、どれくらい内側に入っているのかは不明です。

 そして、リリースの瞬間だけつま先を閉じていれば、パワーは腕に伝わるので、後は開いても問題ないと思うのですが、マノアの場合、閉じている時間が長いのも特徴かと思います。

 これはメジャーの硬いマウンドにも要因があって、うまく抜けなかっただけかもしれないのですが、この体型でインステップはかなり右打者には強烈な印象を与えると思います。

 ブルージェイズ、楽しみな投手が出てきましたね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB 2021】大谷選手、2日連続のHR!18号、19号!
【粘着剤ルールへの反応】タイラー・グラスノーとアレックス・コブのコメント
【MLB規制】高粘着異物の具体的な運用が明らかに(追記あり)
【MLBボール】投球時の高粘着の異物による滑り止め規制の開始
トレード注目のマックス・シャーザー、怪我は右の鼠径部で軽症(追記あり)
【MLB2021】大谷選手、自打球直後に二塁打!投げては奪三振8で勝利に貢献
【MLB2021】「好調」ニック・マドリガル(CWS)、右ハムストリングを傷め長期離脱へ
【MLB2021】ルーク・ウィリアムス、メジャー初HRは「サヨナラ」!
【MLB2021】ケブライアン・へイエスとボビー・ウィット・Jr.がベース踏み損ねでHRが無効に
【MLBデビュー】チームUSAでの活躍で昇格したルーク・ウィリアムス、初ヒットはセイフティー!!
【MLB アウトライト】フィリーズがスコット・キンガリーに厳しい決断
【MLB2021】レッドソックス、ライバル対決をスイープ!
【MLB2021】ジェシー・ウィンカーが今季2度めの1試合3HR!レッズはカージナルスをスイープ
”See you in TOKYO” チームUSA、東京五輪出場決定!トッド・フレイジャーが4-4!
【MLB2021】今季初のライバル対決はレッドソックスが勝利!デバースが先制3ランHR!
【MLB2021】ダルビッシュ投手、メッツ戦で投打に活躍し6勝目!
【ROAD to 東京】アメリカ大陸予選、チームUSAがスーパー・ラウンドへ
【MLB 2021】ロイヤルズ、噂のエドワード・オリバレスが昇格後も好調
【MLB2021】101mphが10球!ジェイコブ・デグロムがまた異次元の投球
【東京五輪2021】アメリカ大陸予選!ジャレン・デュラン、トリストン・カサスほかチームUSAのロスターが決定
タイトルとURLをコピーしました