スポンサーリンク

【MLB2021】レイズ、ヤンキースをスイープ! ヤンキー・スタジアムでは2020年開幕から8勝1敗!

スイープ!

 タンパベイ・レイズは現地2021年4月18日、ヤンキー・スタジアムで行われたヤンキースとの3ゲームシリーズのGame3に4-2で勝利。

 レイズはこのシリーズをスイープしました。逆にヤンキースはゲリット・コール登板日でも、現状のスランプを払拭することができず、開幕から5勝10敗の最悪のスタートとなりました。

レイズはオープナーで勝利

 現地2021年4月18日に行われたGame3は、ヤンキースがゲリット・コール、レイズがアンドリュー・キットレッジが登板。レイズはこの日、オープナーでの戦いとなりました。

 ジャンカルロ・スタントンのライトへのソロHRで先制されたレイズですが、3回表にヤンディー・ディアスのタイムリーを含む3連打などで2点を奪い、2-1と逆転。

筒香選手がタイムリー2塁打

 5回裏にD.J.ルメイヒューのタイムリーで2-2のタイスコアに追いつかれるも、7回表には筒香選手のタイムリー2塁打で3−2と勝ち越しに成功。

 さらに、9回表にはジョーイ・ウェンドルのソロHRで追加点をあげ、4−2のスコアに。

ライアン・ヤーブローが好投

 レイズは先発のアンドリュー・キットレッジを1.2イニングで交代。その後を継いだライアン・ヤーブローが7回2アウトまで5.0イニングを被安打2、失点1でナイスゲームメイク。後はディエゴ・カスティーヨ、ジェフリー・スプリングと繋いだレイズが4−2で逃げ切りました。

レイズ、ヤンキースに強し! 

 レイズはその反骨心からか、ヤンキース戦に非常に頑張っています。

開幕時の40manのサラリーは圧倒的な差  

 その反骨心を表す一つが贅沢税上のサラリー。2021年の開幕時の40manロスターの贅沢税上のサラリーは、ヤンキースが$207.6Mに対し、レイズは$83.0M。ヤンキースが全30クラブ中2位で、レイズは26位。レイズはだいたいいつもこのくらいにつけていますね。レイズは実にヤンキースの40%のサラリーで戦っていることになります。

レイズの過去のNYY戦@NYYのスイープは4度

 まず、レイズは過去、ヤンキースと戦って、どれくらいスイープしたことがあるのかと言うと、ヤンキー・スタジアムでの3ゲームシリーズ以上(4ゲームシリーズもあるため)で数えると、4度あります。

  • 3-0 / 2021年4月16日から18日
  • 3-0 / 2020年8月18日から20日
  • 3-0 / 2014年6月30日から7月2日
  • 3-0 / 2013年9月24日から26日

ヤンキースタジアムでのスイープは2チーム目

 ヤンキースはヤンキー・スタジアムで圧倒的な強さを誇っており、2017年8月以降で同スタジアムでスイープをしたのは、インディアンスとレイズだけ。しかもレイズは2度も達成しています。これは同地区ゆえ、対戦機会が多いということもあります。

過去24シーズンだと9度

 またスイープ関連でいくと、レイズのクラブ史上24シーズンで3ゲーム以上のシリーズでヤンキースをスイープしたのは計9度。

 このうち4度は上記のヤンキースタジアムで、5度はトロピカーナ・フィールドでの達成。

2020シーズン開始から@NYYで8勝1敗

 2020シーズンはホーム(4試合)・ロード(6試合)で計10試合を戦いましたが、成績は8勝2敗。今季はすでにホーム(3試合)・ロード(3試合)の計6試合を戦っていますが、成績は5勝1敗。

 レギュラーシーズンでは、2020年開幕からこの日まで13勝3敗。

 さらにこれをヤンキー・スタジアム限定で抽出すると、2020年が5勝(6試合中)で今季は今回の3勝(3試合)ですから、実に8勝1敗という強さ。

 これはすごいの一言ですね。

ヤンキース、とにかく打てない

 アーロン・ジャッジはこの日、4-0。2021年4月18日のゲームを終えた時点でのヤンキースのチーム打撃スタッツはご覧の通り。

 悪いですね。

 これからフロントも含め、どのような対処をしてくるのか、ちょっと見ものですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました