スポンサーリンク

【MLB2021】レイズ、ヤンキースをスイープ! ヤンキー・スタジアムでは2020年開幕から8勝1敗!

スイープ!

 タンパベイ・レイズは現地2021年4月18日、ヤンキー・スタジアムで行われたヤンキースとの3ゲームシリーズのGame3に4-2で勝利。

 レイズはこのシリーズをスイープしました。逆にヤンキースはゲリット・コール登板日でも、現状のスランプを払拭することができず、開幕から5勝10敗の最悪のスタートとなりました。

レイズはオープナーで勝利

 現地2021年4月18日に行われたGame3は、ヤンキースがゲリット・コール、レイズがアンドリュー・キットレッジが登板。レイズはこの日、オープナーでの戦いとなりました。

 ジャンカルロ・スタントンのライトへのソロHRで先制されたレイズですが、3回表にヤンディー・ディアスのタイムリーを含む3連打などで2点を奪い、2-1と逆転。

筒香選手がタイムリー2塁打

 5回裏にD.J.ルメイヒューのタイムリーで2-2のタイスコアに追いつかれるも、7回表には筒香選手のタイムリー2塁打で3−2と勝ち越しに成功。

 さらに、9回表にはジョーイ・ウェンドルのソロHRで追加点をあげ、4−2のスコアに。

ライアン・ヤーブローが好投

 レイズは先発のアンドリュー・キットレッジを1.2イニングで交代。その後を継いだライアン・ヤーブローが7回2アウトまで5.0イニングを被安打2、失点1でナイスゲームメイク。後はディエゴ・カスティーヨ、ジェフリー・スプリングと繋いだレイズが4−2で逃げ切りました。

レイズ、ヤンキースに強し! 

 レイズはその反骨心からか、ヤンキース戦に非常に頑張っています。

開幕時の40manのサラリーは圧倒的な差  

 その反骨心を表す一つが贅沢税上のサラリー。2021年の開幕時の40manロスターの贅沢税上のサラリーは、ヤンキースが$207.6Mに対し、レイズは$83.0M。ヤンキースが全30クラブ中2位で、レイズは26位。レイズはだいたいいつもこのくらいにつけていますね。レイズは実にヤンキースの40%のサラリーで戦っていることになります。

レイズの過去のNYY戦@NYYのスイープは4度

 まず、レイズは過去、ヤンキースと戦って、どれくらいスイープしたことがあるのかと言うと、ヤンキー・スタジアムでの3ゲームシリーズ以上(4ゲームシリーズもあるため)で数えると、4度あります。

  • 3-0 / 2021年4月16日から18日
  • 3-0 / 2020年8月18日から20日
  • 3-0 / 2014年6月30日から7月2日
  • 3-0 / 2013年9月24日から26日

ヤンキースタジアムでのスイープは2チーム目

 ヤンキースはヤンキー・スタジアムで圧倒的な強さを誇っており、2017年8月以降で同スタジアムでスイープをしたのは、インディアンスとレイズだけ。しかもレイズは2度も達成しています。これは同地区ゆえ、対戦機会が多いということもあります。

過去24シーズンだと9度

 またスイープ関連でいくと、レイズのクラブ史上24シーズンで3ゲーム以上のシリーズでヤンキースをスイープしたのは計9度。

 このうち4度は上記のヤンキースタジアムで、5度はトロピカーナ・フィールドでの達成。

2020シーズン開始から@NYYで8勝1敗

 2020シーズンはホーム(4試合)・ロード(6試合)で計10試合を戦いましたが、成績は8勝2敗。今季はすでにホーム(3試合)・ロード(3試合)の計6試合を戦っていますが、成績は5勝1敗。

 レギュラーシーズンでは、2020年開幕からこの日まで13勝3敗。

 さらにこれをヤンキー・スタジアム限定で抽出すると、2020年が5勝(6試合中)で今季は今回の3勝(3試合)ですから、実に8勝1敗という強さ。

 これはすごいの一言ですね。

ヤンキース、とにかく打てない

 アーロン・ジャッジはこの日、4-0。2021年4月18日のゲームを終えた時点でのヤンキースのチーム打撃スタッツはご覧の通り。

 悪いですね。

 これからフロントも含め、どのような対処をしてくるのか、ちょっと見ものですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました