スポンサーリンク

【MLB 2018年9月】ブレイク・スネル、サイ・ヤングへ一歩前進!両リーグトップの19勝目

ブレイク・スネルが快投

現地2018年9月12日、レイズのブレイク・スネル( Blake Snell )がインディアンス相手に快投を演じました!

6回までNO-NO

8月10日以来、投げるごとに勝ち星がついてきているブレイク・スネルはこのゲーム開始前までの成績が6戦に登板して6連勝。非常に勢いがあります。

この日はインディアンスとの対戦で、投げ合う相手はサイ・ヤング賞候補の一人、カルロス・カラスコ。カラスコもすでに16勝を上げております。

非常に興味深い顔合わせでしたが、今日はもうブレイク・スネルにスキがなさ過ぎて、カルロス・カラスコが目立つシーンがなくなってしまいました。

この日のブレイク・スネルは本当にすごかったです。6回までインディアンス打線をNO-NOに抑える快投ぶり。4シームのMaxが99.0mphを記録しています。

スネルの球種

スネルの他の持ち球はスライダー、チェンジアップ、カットボール、カーブなのですが、左投手でこれだけ速い4シームを見せられると変化球は手が出ません。なおかつ変化球のコントロールもいい訳ですから、打者とすればお手上げ状態ですね。

その背番号4番の左のエース、ブレイク・スネルの投球をご覧ください。

7回表に先頭打者のホセ・ラミレスにホームランを打たれ、残念ながら記録は生まれませんでしたが、素晴らしいピッチングでした。スネルは7回を投げきり、被安打1、失点1、与四球2、奪三振9でした。

ちなみにカルロス・カラスコは7回、被安打6、失点3、奪三振5でした。

レイズはケビン・キアマイアーの犠牲フライなどで3点を上げ、3-1で勝利しています。これでブレイク・スネルは今季19勝。両リーグ通じてTOPの勝利数となりました。

サイ・ヤング賞に一歩前進!

そのブレイク・スネルですが、この日の19勝目で現時点でア・リーグの「サイ・ヤング賞筆頭候補」と言っていい位置につけております。

勝ち星が2番めのコーリー・クルーバーと比較してみたところ、非常にいい勝負です。努力要素が加味されるなら、イニング数が多いコーリー・クルーバーが優位ですが、双方ともにあと2回か、3回ローテーションが回ってくるので、残りの投球内容が鍵ですね。

YearAgeWLERAGIPWHIP
Snell251952.0328164.00.982
Blubber321872.9130195.00.969
現地2018年9月12日時点

そのほか、ア・リーグのサイ・ヤング賞候補としては、アスレチックスのクローザー、ブレイク・トライネン、マリナーズのクローザー、エドウィン・ディアス、レッドソックスのクローザー、クレイグ・キンブレルなど今季はクローザーの名前が上位に来ております。

アウォードの行方も気になりますね。MLBは残り20試合を切って17試合ほどです。

追記1(2018年9月19日)

現地2018年9月18日、ブレイク・スネルはレンジャーズ戦に登板。5回を被安打1、無失点、奪三振5。チームも4−0で勝利し、両リーグ通じて20勝一番乗りを果たしました(20勝5敗)。

さらにシーズン奪三振200も達成。

この日、インディアンスのコーリー・クルーバーも勝利投手となり、19勝7敗。互いにあと2回の登板機会があると見られ、どうなるか。他にブルペン陣の活躍もあり、サイ・ヤング賞争い、ますます面白くなってきております。

追記2 (2018年9月25日)  21勝目

現地2018年9月23日、トロント戦に登板したスネルは6回2/3、100球を投げ、被安打3、奪三振11、無失点で21勝目を上げました!

これで8月10日から9登板、9連勝の無双ぶり!

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
タイトルとURLをコピーしました