スポンサーリンク

ドジャース、ブルワーズの奇策継投に対応!WSへ王手(2018 NLCS)  

現地2018年10月17日、NLCS Game5が行われ、ドジャースがエースのカーショウの好投で3勝目を上げ、WS進出へ王手をかけました。

【Score】NLCS 2018 Gm5

123456789RHE
ML001000001251
LAD00001220x590

W・マイリーが打者1人で交代

予告先発でC・カーショウとW・マイリーが発表されていた訳ですが、ブルワーズのC・カウンセル監督は左腕のW・マイリーが1番のベリンジャーに四球を与えたところで右腕のB・ウッドラフに交代させました。

ドジャースのラインナップはご覧のメンバー。

  1. ベリンジャー CF 左
  2. ターナー 3B  
  3. フリース 1B  
  4. マチャード SS 
  5. マンシー 2B  左
  6. テイラー LF  
  7. ヘルナンデス RF 
  8. バーンズ C  
  9. カーショウ P 左

特に怪我などのトラブルでなく、ドジャースが左腕対策で右打者を揃えてきたことに対しての対応策とのこと。今季のマイリーの右打者との対戦成績は229−53、Av .240、左打者との対戦成績は71-16、Av. 225で際立って右打者に打たれているという実績はなかったのに、ちょっとやりすぎかなとは思いました。

4回までは無得点に抑えたのでゲームメイクの点では奏功したのかもしれません。ドジャースは中盤にフリースに変えてピダーソンを置くなどの対応に出ました。

先制点はブルワーズで3回表に、ランナー2人がいるところで、L・ケインがCFへ大きな2塁打を放ち、1点。ただ満塁にしたのにケインのタイムリーだけだったのは痛かったです。ゲーム前半はブルワーズのペースで進みます。

C・テイラーが自慢の足を活かして同点

ドジャースは5回表に、C・テイラーがSSのO・アルシアの悪送球で出塁。2塁へ進塁します。悪送球と言ってもギリギリのプレーでした。そのテイラーは3盗も決めてチャンスを拡げた後、A・バーンズがCFへしぶとくヒットを放ち1−1の同点に追いつきます。C・テイラーの足が活きました!

その後、ドジャース打線は6回裏に疲れの見え始めたウッドラフから2本のタイムリーで2点を奪い、3−1と勝ち越しに成功。

7回にはJ・ソリアからJ・ターナーがタイムリーを放ち4点目。さらに、代わったX・セデーノからも途中出場のB・ドージャーがシングルを放って5点目。

7回を終えて5−1とリードを拡げます。

カーショウが7回を1失点

ドジャース先発のカーショウは3回表のピンチを1失点で凌いだ後は、4回から7回まで三者凡退に打ち取り、らしさを発揮。この日もファストボールは90mphほどしか出ておりませんでしたが、大きなカーブとのコンビネーションでうまく打ち取っておりました。

7回を被安打3、失点1、奪三振9という素晴らしい内容でチームに流れを引き寄せました。さすがエース。

ブルワーズは9回にアギラルとグランダーソンの連続2塁打で1点を奪うものの、反撃もここまで。ドジャースが5−2で勝利し、シリーズ3勝目としてWS進出へ王手をかけました。

【動画】Recap: LAD 5, MIL 2

イェリッチ、完全に調子を崩す

シーズン終盤に打ちまくったイェリッチですが、ポストシーズンに入って警戒されすぎて調子を崩してしまいました。この日もイェリッチが機能していれば!という場面があったので、ややブレーキになりつつあります。

ご覧の通り、NLCSに入ってからもちょろちょろとは打ってはいるものの、ゲームへのインパクトがあまりない状況です。

C, Yelich 2018 Postseason Batting Game Log 
Rk Series   Opp PA AB H HR RBI BB IBB SO HBP BA OBP
1 NLDS g1   COL 5 3 2 1 2 2 0 0 0 .667 .800
2 NLDS g2   COL 4 2 0 0 0 2 0 0 0 .400 .667
3 NLDS g3 @ COL 5 3 0 0 0 2 0 0 0 .250 .571
4 NLCS g1   LAD 5 4 0 0 0 1 0 3 0 .167 .474
5 NLCS g2   LAD 5 4 1 0 0 1 1 0 0 .188 .458
6 NLCS g3 @ LAD 4 3 1 0 0 1 0 0 0 .211 .464
7 NLCS g4 @ LAD 6 5 1 0 0 1 0 1 0 .208 .441
8 NLCS g5 @ LAD 4 4 0 0 0 0 0 1 0 .179 .395
        38 28 5 1 2 10 1 5 0 .179 .395

Provided by Baseball-Reference.com: View Original Table   (現地2018年10月17日時点)

ブルワーズは足を傷めてサイドラインに退いたジオ・ゴンザレスの代わりに、ザック・デイビーズを登録。この日、早速8回のマウンドに上がっております。細身ながらキレのいいボールを投げる若手の右腕です。
1日移動日を挟んでいよいよミラー・パークで決着がつきます。 お読みいただき、ありがとうございました。
C・イェリッチが首位タイへ導く2HR!MVPだけでなく3冠も射程圏内に
クリスチャン・イェリッチがすごいです! 現地2018年9月29日(土)のシーズン161試合目のタイガース戦で、これぞチームの中心という活躍を...

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました