スポンサーリンク

C・イェリッチが首位タイへ導く2HR!MVPだけでなく3冠も射程圏内に

クリスチャン・イェリッチがすごいです!

現地2018年9月29日(土)のシーズン161試合目のタイガース戦で、これぞチームの中心という活躍を見せてくれました!

1本目は同点HR

まず、0−3とブルワーズが3点ビハインドで迎えた3回裏、1アウトからロレンゾ・ケインがシングルで出塁した後の打席で、タイガース先発バド・ノリスから2球で2ストライクで追い込まれるも粘りを発揮。

ボール→ボール→ファウル→ボール→ファウルと粘った8球目を左中間深くに叩き込む2ランHRを放ち、まずは2-3に。

2本目は決勝HR

その後、両チームとも得点を追加し、5−5のタイスコアで迎えた7回裏、先頭で打席に立ったイェリッチは左腕のダニエル・スタンフの外に逃げるスライダーをフルスイング。これがライトスタンド2階席に刺さるソロHRでブルワーズが6-5と勝ち越しに成功。

これが決勝点となりブルワーズが6-5でタイガースに勝利。

まさにクリスチャン・イェリッチが打って欲しいところで打った結果が勝利を引き寄せました。チームへの貢献度はほんとうにすごいの一言です。

しかもこの日、同地区首位のカブスがマイルズ・マイコラスの前に沈黙して1−2で敗戦。ブルワーズはカブスと94勝67敗、勝率.584で並び首位タイという状況に。

タイブレーカー

これでいよいよ現地2018年9月30日の162試合目で優勝が決します。なお、直接対決ではないため、双方が敗れたり、双方が勝ったりすると勝率が並ぶため、10月1日に1 Game Mutch Upのタイブレーカーが開催されます。

シーズン中の直接対決の成績でカブスがブルワーズに11勝8敗と勝利数が上回っているため、もし開催となった場合はホーム・フィールドはカブス・ホームのリグレーになります。

MVP最右翼に

この日のクリスチャン・イェリッチの活躍はMVPを投票する記者に大きなインパクトを残しました。2度のサイクル達成といい、MVP最右翼と言っていいでしょう。MVPの候補にはクリスチャン・イェリッチの他に、ブレーブスを地区優勝へ導いた一人であるフレディー・フリーマン、カブスのハビアー・バイエスの名前も上がっております。

しかし、イェリッチが最右翼となったのはやはりシーズンの打撃成績。残り1試合ですが、なんとここに来てトリプル・クラウンも見えて来ました!

トリプル・クラウンの可能性も

現地2018年9月29日時点でのナ・リーグの主要な打撃成績を上げてみますとこのような感じになります。

【打率】

  1.  クリスチャン・イェリッチ(MIL).324 
  2. スクーター・ジェネット(CIN).310
  3. アンソニー・レンドン(WSH).310
  4. フレディー・フリーマン(ATL).310

【HR】

  1. マット・カーペンター(STL)36
  2.  クリスチャン・イェリッチ(MIL)36
  3. ノーラン・アレナド(COL) 35
  4. トレバー・ストーリー(COL)35

【RBI】

  1. ハビアー・バイエス(CHC)111
  2. クリスチャン・イェリッチ(MIL)109 
  3. ノーラン・アレナド(COL)106

打率はもうキング確定です。そしてHRと打点。HRはマット・カーペンターと並んでトップ。打点もあと2打点というところです。

残り1試合でマット・カーペンターのカージナルス以外は地区優勝がかかっていますから、これは大変楽しみですね。イェリッチは警戒されるでしょうが、この勢いはトリプル・クラウンも実現させるかもしれません。なんと言ってもシーズンで2度もサイクルを達成した男ですから。

残り1試合、非常に楽しみです。

WAR

なお、イェリッチはWAR (Win above replacement)でも絶讚1位。筆者はWARは時には実態を正しく反映しないことがあるので、あまり好きな指標ではないのですが、賞レースでは用いられる指標ではあります。これもMVPには効いてくると思います。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

C・イェリッチがなんとシーズン2度めのサイクル達成!同一チーム相手は史上初
イェリッチが偉業現地2018年9月17日のMLBですが、激しいペナント争いの最中、素晴らしい記録が生まれました。ブルワーズ...

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】フィリーズ、最高のゲーム展開で2011年以来のポストシーズン進出を果たす!
【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
タイトルとURLをコピーしました