【WS 2017 Gm7】アストロズ、ワイルドなワールドシリーズを制し、チャンピオンに

Game7は予想外の展開でした。

現地2017年11月1日、ワールドシリーズ Game7 が行なわれ、アストロズが立ち上がり2回で5得点を奪い、そのまま波乱もなく5-1で逃げ切り、4勝3敗で見事にワールドシリーズ・チャンプの座に輝きました!

Congratulations!

とことん波乱を含み、ワイルドと呼ばれるほど打ち合いを繰り広げた2017のワールドシリーズでしたが、Game7はアストロズが5安打、ドジャースは6安打に終わりました。

その分、この日は両チームのブルペンがよかったですね。

ドジャースはダルビッシュ投手が2回でマウンドを降りましたが、その後、3番手にクレイトン・カーショウが登板。4回を被安打2、無失点に抑え、流れを引き寄せようとしました。

しかし、アストロズも6回からスターターのチャーリー・モートンを起用。4イニング投げ、被安打2、失点1に抑える好投をみせ、ドジャースに流れを渡しませんでした。

Game7は中盤以降、投手力が光ったいいゲームでしたね。

アストロズはこれで球団創設初のワールドシリーズ・タイトルです。

MVPは5HRを放ったジョージ・スプリンガー。アルトゥーベもコレアもブレグマンもよかったですが、ジョージ・スプリンガーは際立っていました。文句なしのMVPです。

ゲーム後、カルロス・コレアが公開でプロポーズするシーンも。いかにもアメリカらしい光景

でした。

これでMLBの2017は終了です。

毎年思いますが、WS後の野球ロスはつらいですね。

また、ストーブリーグの記事を書き続けます!

Amazon タイムセール

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク