スポンサーリンク

【MLB2023】Dバックス、またも初回に先制点!ザック・ギャレンも好投して連勝!ドジャースは崖っぷちに

NLDS Gm2:AZ 4 @ 2 LAD (AZ2連勝)

 ドジャースが追い込まれました。

 現地2023年10月9日のDバックス@ドジャースのNLDS Gm2はまたしてもDバックス打線が初回に機能。試合を有利に進め、守ってはエースのザック・ギャレンが好投し、4-2で勝利となりました。

スタート

 この日のスタメンです。両クラブともにGm1とほぼ変更なしです。Dバックスは1、2番を本来の形に戻しました。

AZLAD
RF: キャロル2B:ベッツ
2B: マルテ1B: フリーマン
DH: ファムC:スミス
1B: C・ウォーカー3B: マンシー
C:モレーノDH: JD・マルチネス
LF: グリエル・Jr.RF: ヘイワード
CF: トーマスLF: ペラルタ
3B: ロンゴリアCF: アウトマン
SS: ペルドモSS: M・ロハス
P:ギャレンP: ミラー

LAD、またも先発が崩れる

 Dバックスの初回の攻撃も素晴らしいのですが、むしろドジャースが2戦連続で先発がゲームメイク出来なかったのが痛いところです。Dバックスの初回の攻撃です。

  • コービン・キャロル:四球
  • ケーテル・マルテ:シフトを敷く3B前にバントヒット
  • トミー・ファム:LFへシングル(当たりが強すぎてキャロルも還れず)
  • クリスチャン・ウォーカー:CFへ犠牲フライ (AZ1, LAD 0)
  • ガブリエル・モレーノ:(ファムが2塁へ盗塁し1アウト2、3塁に)→モレーノはSSゴロ。この間にマルテが生還 (AZ 2, LAD 0)
  • ルルデス・グリエル・Jr.:CFへシングル。ファムが生還。(AZ 3, LAD 0)
  • アレク・トーマス:見逃し三振
       

 やはりキャロルを塁に出してしまうと、その後の投球にも影響が出ますね。トミー・ファムが当たっています。

 ボビー・ミラーは2回表にもピンチを作り、1.2イニングで降板。被安打4、失点3、自責点3、BB 2、SO 1でした。

 ドジャースは2番手のブラスダー・グラテロルが好投。BB1のみの出塁でほぼ完璧な投球でした。

 その後を継いだライアン・ブレイジャーも機能していたのですが、6回表に2アウトからルルデス・グリエル・Jr.に一発を浴び、4失点目。

ドジャース、打線も機能せず

 ドジャースは、Dバックスのエース、ザック・ギャレンの前に苦戦。初得点は4回裏で、2アウトからJ.D.マルチネスが右中間にソロHRを放って1点目。1回の2アウト1、2塁のチャンスに三振に倒れましたが、このHRがあのタイミングに出ればという野球ではよくあることが起こりました。

 ドジャースは6回裏にも最大のチャンスを迎えます。1アウトから、マンシーとJDが連続シングルを放ってチャンスメイク。ザック・ギャレンはここで降板。左腕のソールフランクが登板しました。

 ソールフランクはクリス・テイラーに四球を与え、1アウト満塁の大ピンチを迎えます。

 ドジャースはデービッド・ペラルタに変わり、キケ・ヘルナンデスを代打に送りました。ソールフランクはアウトコースからカーブを入れるなど抜群のコマンドを発揮。キケ・ヘルナンデスには弾き返され、CFへ抜けそうな当たりを2Bのマルテが止め、1点は奪われました。これがCFへ抜けていたら、1点差になっているところでした。

 その後、ソールフランクはアウトマンから三振を奪い、ここで降板。良い投球でしたね。

 Dバックスはソールフランクに代わり、サイドワインダーのライアン・トンプソンを起用。

 コルテン・ウォンを1Bゴロに仕留めて、見事にこのピンチを切り抜けました。

 Dバックスは8回にケビン・ギンケルが登板し、スコアレス投球。最終回はポール・シーワルドが登板して、ドジャース打線を抑え、このまま4-2で逃げ切りました。Dバックスは連勝で、NLCSへ王手をかけました。

MLB Gameday: D-backs 4, Dodgers 2 Final Score (10/09/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

【YOUTUBE】D-backs vs. Dodgers NLDS Game 2 Highlights (10/9/23) | MLB Highlights

ムーキー、2試合連続無安打

 ドジャースは先発投手の出来もさることながら、打線も機能しておらず、特にリードオフのムーキーは未だヒットなし。頼りのフリーマンも2戦でこの日に1安打したのみ。マンシーもこの日に1安打を放ったのみです。

 シーズン中、8勝5敗とお得意様にしていたDバックスから連敗となり、後がなくなりました。

 打線に火が点いて欲しいところですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました