スポンサーリンク

【2021WS_G2】アルトゥーベ、ウルキディーが活躍!アストロズが1勝1敗のタイに

スペシャル・イベント

ワールドシリーズ G2 : ATL 2 @ HOU 7(1勝1敗)

 現地2021年10月27日のワールドシリーズ Game2は、前日とは一転、アストロズが躍動しました。Game1ではブレーブスの良いところが目立ったゲームとなりましたが、それでも初回の満塁の攻防などアストロズのマグマがふつふつと沸いている要素もあり、6-2でブレーブス勝利(G1)したというスコアほど差はついていなかった戦いぶりでもありました。

 Game2ではそれが顕在化しました。

スタメン

#ブレーブスアストロズ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
P
ロザリオ:LF
フリーマン:1B
アルビーズ: 2B
ライリー: 3B
ソレア:DH
ピダーソン: RF
デュバル: CF
ダーノー: C
スワンソン:SS
M・フリード
アルトゥーベ:2B
ブラントリー:LF
ブレグマン: 3B
アルバレス: DH
コレア: SS
タッカー:RF
グリエル: 1B
シリ:CF
マルドナード:C
J・ウルキディー
WS 2021 G2(現地2021年10月27日)

 ブレーブスは、ソレアとロザリオの打順が入れ替わり、NLCSのオーダーにソレアが加わった形となりました。ピダーソンとダーノーも前後してます。これが当たったから監督というのはすごいなと思います。ピッチャーはマックス・フリード。

 一方、アストロズはCFがマコーミック(Chas McCormick)からシリにスイッチ。双方ともに右打席ですが、この日はシリに。ピッチャーはホセ・ウルキディー。

流れ

WS G2の流れ ATL 2 @ HOU 7
  • 1回表
    【ATLANTA】
    • 2アウトからアルビーズ、ライリーが2連打も無得点。
    • アウト3つは三振。ウルキディー、好調な立ち上がり。
  • 1回裏
    【HOUSTON】(1-0)
    • ホセ・アルトゥーベがリードオフ・ダブル。
    • マイケル・ブラントリーが犠牲フライ。アルトゥーベが3Bへタッチアップ。
    • アレックス・ブレグマンがCF深くへ犠牲フライを放ち、アルトゥーベがホームイン(1-0)。
  • 2回表
    【ATLANTA】(1-1)
    • 2アウトからトラビス・ダーノーが同点ソロHR(1-1)。
  • 2回裏
    【HOUSTON】(5-1)
    • 1アウトからカイル・タッカーがCFへシングル。
    • ユリ・グリエルもCFへシングル(タッカーは3塁へ)。
    • ホセ・シリが2B前のボテボテの内野安打でタッカーが生還(2-1)。
    • 1アウト1、2塁でマーティン・マルドナードが三遊間を破るシングル。これをLFのエディー・ロザリオがベースカバーのいない3Bに送球。グリエルとシリが生還(4-1)。
    • アルトゥーベ打席の時にマルドナードがワイルドピッチで2塁へ進塁。
    • アルトゥーベはCFライナーで2アウト。
    • ブラントリーがRF前シングルを放ち、マルドナードが生還(5-1)。

  • 3-4回
    【ATLANTA】【HOUSTON】

    両先発が好投し、膠着。

  • 5回表
    【ATLANTA】(2-5)
    • 先頭のダーノーがCF前シングル。
    • 2アウト後、フレディー・フリーマンがLFへタイムリー(2-5)。

  • 6回裏
    【HOUSTON】(6-2)
    • ヨルダン・アルバレスが四球
    • カルロス・コレアがLF前シングル(ノーアウト1、2塁)。
    • (ブレーブスはここでフリードからディラン・リーへスイッチ)
    • タッカーが2Bゴロ。1アウト3塁、1塁に。
    • グリエルのSSゴロで送球を受け取った2Bのアルビーズがボールをファンブル。これが捕球とみなされず。この間にアルバレスが生還(6-2)。

  • 7回裏
    【HOUSTON】(7-2)
    • アルトゥーベがソロHR(7-2)。ポストシーズン通算22本目。

  • 8回裏
    【HOUSTON】
    • ロスターINしたカイル・ライトが登板。三者連続三振(12球)。

  • 9回表
    【ATLANTA】
    • マウンドにはケンダール・グレイブマン(ライアン・プレスリーは8回)。デュバル、ダーノー、スワンソンを三者凡退に斬って取り、アストロズが7-2で勝利。WSは1勝1敗に。
2021 World Series Game 2, Atlanta Braves at Houston Astros, October 27, 2021 | Baseball-Reference.com
Houston Astros beat Atlanta Braves (7-2). Oct 27, 2021, Attendance: 42833, Time of Game: 3:11. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, play-by...

ホセ・ウルキディーが5回2失点の好投

 ポストシーズンはわからないものだなというのをまざまざと思い知ったのが先発のホセ・ウルキディーの好投。ALCS Game 3ではレッドソックスにコテンパンに叩かれ、2回もたず6失点。

 94-5mphのファストボールで今度はブレーブスに血祭りに上げられるかも!?との予想をしていましたが、ところが5回を被安打6、失点2と好投。まるでルーキーの頃のウルキディーとなって戻ってきました。アストロズはALCS以来、1戦目に登板した投手が散々な出来ながら、2戦目以降はきっちりと仕上げてくる不思議さがあります。ジェイク・オドリッジしかり、ALCSでそうなったルイス・ガルシアしかり、そしてこのホセ・ウルキディーもそうです。これはザック・グレインキも調整してアトランタで投げて来そうですね。

マックス・フリードは5回、6失点

 一方、ローテーションの回転の良さで、しっかりとGame2にエースを当てることが出来たブレーブス。満を持してのマックス・フリードで連勝と行きたかったところですが、この日は5回を投げて、被安打7の6失点。奪三振は6。

 ロザリオのスローイングエラーなどアンラッキーな面はありましたが、コンスタントに当てられてしまいました。

 フリードはNLDSではブルワーズ相手に6回3ヒッターの好投。NLCSでは2試合でERA5.91とやや悪化。ドジャースが相手でしたから、致し方ない面も。

 ただ、初回にフォルティネビッツとともに10失点を献上した2019年のNLDS Game5の時とは違いました。

 オフスピードのカーブに特徴のある投手ですが、何か狙われていた面も。癖が出ているのか?!

カイル・ライトが三者連続三振

 WSからロスターINしたカイル・ライトですが、この日は8回から登板。素晴らしい投球でした。12球で三者連続三振。あわやイマキュレート・イニングとなるところでした。

キーマンのホセ・アルトゥーベが躍動

 Game1ではアストロズの最大のキーマンであるホセ・アルトゥーベを機能させず、見事に抑え込んだブレーブスでしたが、この日は5-2、1HRと躍動させてしまいましたね。

 やはりアルトゥーベをどう抑えるかがカギとなるので、Game3以降、対策を施してそれが通用するのか、見ものですね。肝心なところでバットに当てさせないという、もはや神業レベルの対策が必要かもしれませんが、この躍動を止められるかどうか、面白いところですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB Hall of Fame】ベテランズ委員会による投票でジム・カートら6名が野球殿堂入り
【MLB2022】レンジャーズ&コーリー・シーガーの10年325Mドルのメガ・ディールについて
【MLB2022】注目FAマーカス・セミエンがレンジャーズとサインした7年175Mドルのディールについて
【MLB2021-22】守備の達人、ジャッキー(JBJ)がレッドソックスに復帰。レンフローも動いたトレードの中身
【MLB2022FA】カブスがマーカス・ストローマンと3年/71Mドルで合意
【MLB2021-22】ロックアウトへ突入の見込み(追記: 突入しました)
【MLB2021-22】ノンテンダー・FAリストにマシュー・ボイド、ヨハン・カマーゴら
【MLB2022FA】マックス・シャーザーがメッツとレコード・ブレイキング・ディールへ! 3年130Mドル
【MLB2022FA】CBA期限前に大型ディールのラッシュ!セミエン、ロビー・レイ、シャーザー、シーガーなど(追記あり)
【MLB2022】ブルージェイズ、イーミ・ガルシアと2年で合意
【MLB移籍 2022】マリナーズ、トレードでパドレスからアダム・フレイジャーを獲得
【MLB2022FA】メッツ、OFのスターリン・マルテも獲得!4年のビッグ・ディール
【MLB2022FA】メッツ、マーク・カナと2年26.5Mドルでサイン!
【MLB2022FA】メッツ、3Bのエドゥアルド・エスコバーと2年20Mドルでサイン
【MLB2022FA】レッドソックス、マイケル・ワカと1年で合意。その獲得動機とは?(追記あり)
【MLB2022FA】筒香選手はパイレーツと1年/4Mドルでサイン
【MLB 2021-22】MLBと選手会が、ノンテンダー・デッドラインの日付の前倒しに合意!11月30日に変更
【MLB2022FA】ケンダール・グレイブマンはホワイトソックスと3年で合意
【MLB2022FA】カージナルス、スティーブン・マッツを獲得!4年のディール
【MLB2021】発表、オールMLB!大谷選手がDH(ファースト・チーム)、スターター(セカンドチーム)で選出
タイトルとURLをコピーしました