スポンサーリンク

大谷選手、6月のPOM受賞後に29号、30号そして激走のウォークオフ・ラン

またもや衝撃の活躍

 レイズ、ヤンキースとの東海岸遠征をなんとか3勝3敗のタイで終えたエンゼルス。1日は移動日で1日OFFとなり、カリフォルニアに帰ってきました。現地2021年7月2日からはオリオールズとの3連戦。そしてレッドソックスとの3連戦と続きます。

6月POMの発表

 さて、現地2021年7月2日は2021年6月のPlayer of the Month (POM)が発表となり、ア・リーグは大谷翔平選手、ナ・リーグはナショナルズのカイル・シュワーバーが受賞しました。これは文句なしですね。

大谷選手の成績

 大谷選手の6月の成績は、打率 .309、OBP .423、SLG .889でOPSは1.312。HRは13本。

投手部門はPitcher of the Month

 Player of the monthはあくまでも打者に対して贈られる賞。月間で優秀な投手には”Pitcher of the Month”が贈られます。

 大谷選手は投手としては、6月は5試合で23.2イニングを投げ、2勝0敗、ERA 4.94、打者103人で奪三振33という成績をマーク。

 なお2021年6月のPither of the monthは、ア・リーグがアスレチックスのショーン・マナエア、ナ・リーグはメッツのジェイコブ・デグロムが受賞しています。

 一応、切り分けることにはなっていますが、二刀流の存在がない前提の区分けですから、今後考慮する必要があるかもしれませんね。

グリフィン・カニングが炎上

 勝率の上ではオリオールズを大きく上回っているエンゼルスはこの3連戦は叩いておきたいところ。しかし、やはり5割前後のチームはどうも歯車がうまく噛み合いません。投打がちぐはぐなんですね。

 この日、エンゼルスはグリフィン・カニングが先発。期待の右腕が1回、2回ともに2アウトを奪いながらそれぞれソロHRを打たれるという勿体ない立ち上がり。

 エンゼルスは2回裏にホセ・イグレシアスが2ランHRを放ち、2−2のタイスコアに持ち込んだのですが、グリフィン・カニングは3イニング目も2アウトを奪いながらも失点。シングル、シングル、四球、ダブル、ダブル、四球と2アウト後に波状攻撃を受け、3回途中6失点で降板しました。

29号

 2−6のビハインドとなったエンゼルスは3回裏、先頭の大谷選手がオリオールズ先発で左腕のキーガン・アキンから初球の4シームをライトスタンドへソロHRを放ち、3−6と追い上げ開始。

 大谷選手は29号。エンゼルスはマックス・スタッシにもタイムリーが出てこのイニングで4-6の2点差に追い上げます。

30号 

 4回裏、エンゼルスは先頭のテイラー・ウォードがシングルで出塁。ワイルド・ピッチなどで進塁したウォードをデービッド・フレッチャーがタイムリーシングルで還し、5-6の1点差に追い上げます。

 そしてフレッチャーを塁に置いて大谷選手。オリオールズはこのイニングからディロン・テイトがマウンド。

 3球変化球が続き、オフスピード・ピッチから一転、4球目は95mphの4シームでした。しかし、甘いコースに来たのを大谷選手は見逃さず。これを逆方向へ弾き返し、打った瞬間の音でHRとわかる当たり。これが2ランHRとなり、エンゼルスが7-6と逆転に成功しました。今季30号HRです。

 9mphほどの速度差があったのですが、もうこれくらいなら気にしないのですね。

 しかし、6回表、ホセ・キンタナが出したランナーをスティーブ・シーシェックがオースティン・ヘイズに2塁打を打たれて還してしまい、スコアは7-7の同点に。ただ、シーシェックはこの1点で踏みとどまりました。

 8回表からのマイク・メイヤーズは四球、シングルと続けざまに出塁を許し、結構危なかったのですが、無失点に抑えました。結構、ポイントだったかもしれません。

大谷選手、スティールやり直しでも成功

 9回裏、1アウトで大谷選手に打席が回ったのですが、もうくさいところにしか投げない投球で四球に。

 そしてアンソニー・レンドンへの3球目。スティールに成功した大谷選手でしたが、アンソニー・レンドンのフォロースルーのバットがキャッチャーのペドロ・セベリーノのバットに当たったということで盗塁が取り消しに。大谷選手は一度1塁に戻りました。

 アンソニー・レンドンは三振に。

 そして次打者のジャレッド・ウォルシュの初球。大谷選手は果敢にセカンド・アテンプト。顔にタッチされるというアクシデントがありましたが、問題なし。

 エンゼルスは大谷選手のお膳立てで2アウトランナー2塁のサヨナラのチャンスを作ります。

 そしてその直後、ジェレッド・ウォルシュがRF前シングル。あまりに良い当たり過ぎて、足の遅い選手なら3塁ランナーコーチは手を回していなかったと思いますが、ここはスピードのある大谷選手。果敢に突っ込みました。

 結果、足1つ分の差というかぎりぎり大谷選手のホームインが早く、エンゼルスがサヨナラ勝ち。ホームイン後、バランスを崩してヒヤッとしましたが、すぐにガッツポーズで勝利を喜んだ大谷選手。

 ナイス走塁でしたね。

 エンゼルスが8-7でシーソーゲームを制したのでした。投打のバランスがもう少しよくなればいいですね。

 それにしても大谷選手はオールスター前に30HRに到達しました。この日、エンゼルスは81試合目。162試合の折返しです。

 ということはペースだけで行くと、60HR!まあ、とにかくHRのペースは多少落ちても体調を整えながら、シーズン最後まで怪我なくやってもらいたいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】好ゲームのMIL@SDP戦!ダルビッシュ投手の熱投とコルテン・ウォンのスーパープレー!
【MLB2022】DFAから一転、2HR!メジャー復帰のアリティディス・アキーノが爆発の予感
【MLB2022】フレディー・ペラルタが右肩のハリでIL入り!
【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました