スポンサーリンク

大谷選手、2018終了後に即トミー・ジョン手術へ。ROYレースでは再び首位に

トミー・ジョン手術施行へ

現地2018年9月25日、大谷翔平選手(Shohei Ohtani)の右肘のトミー・ジョン手術施行が決定しました。

シーズン終了後第1週つまり10月1週目にロサンゼルスの病院のニール・エラトラッシュ医師(Neal ElAttrache)のもとで行われます。(もう来週です)

9月5日にUCLの新しい箇所に損傷が見つかりトミー・ジョン手術のリコメンドを受けていた大谷選手。

期するものがあったのか、その日以来がんがん打ちまくっておりましたね。当ブログでもセスメイネス手術のことなど書かせていただきましたが、この間にいろいろな意見を聞き、リハビリ期間とバッターでの可能性、復帰見込みなどいろいろと総合的に判断した上での決断かと思います。

【MLB2018】大谷投手、TJリコメンド後にマルチHR!トラウトのルーキー時より早いペース!
現地2018年9月5日、ショッキングなニュースが入ってきました。 9月2日に復帰登板を果たした大谷投手でしたが、登板後はじめて...

NYY グレイバー・トーレスの例も

一番の問題はトミー・ジョン手術は投手なら長い人で復帰に18ヶ月かかることですが、最近では12−14ヶ月で復帰するケースが多いです。

ただ、これが野手になると復帰はもっと早くて、例えばヤンキースのグレイバー・トーレス(Gleyber Torres)は2017年6月のマイナーのゲームで捕手と交錯して左肘を負傷。トミー・ジョン手術施行に至ったのですが、正確な施行日はわからないものの、仮に2017年7月に施行したとして2018年4月22日にメジャーのグランドに立っております。

その日が彼のメジャー・デビューの日で、開幕日はマイナーのグランドに立っておりましたから、投げないのであれば6-8ヶ月あれば現場復帰できる見込みです。

念の為、グレイバー・トーレスの場合は左肘への施行です。右投げ右打ちの彼の利き手への施行ではなかったということだけは書いておきます。

なお、いい解釈としては前年7月から今年3月の計8ヶ月で現場に復帰しているということは、バットはもっと早い時期に振れていた訳です。焦る必要はありませんが、開幕に間に合う可能性もあります。ただ、現実的には無難にいくでしょうから開幕は過ぎると思います。

ポジション・プレーヤーのトミー・ジョン手術実行者は現LADのコーリー・シーガー(利き腕の右肘を今季5月に施行して来季開幕復帰見込み)、MINのミゲル・サノ(2014年3月に右肘、その年全休)、同僚LAAのザック・コザート(患部は膝でした)などがおります。

“I am disappointed at the fact that I’m not going to be able to pitch next season, but I’m trying to make positives out of the negatives,” Ohtani said through interpreter Ippei Mizuhara. “Normal players, guys that only pitch or hit, they wouldn’t be able to play at all next season, but fortunately, I have the luxury of being able to play as a hitter next season. I’m just trying to take positive stuff out of that and try to help the team win as many games as possible as a hitter.”

ご本人は「来季投げられないのはほんとうに残念だけど、プラスに考えていきたい。普通は手術すれば全休だが、自分の場合は打者として試合に出られます。これは恵まれたことなので、がんがん暴れてチームに貢献します」という趣旨のことをおっしゃっています。前向きです。

ROYレースで再び首位に

記者が独自にスコアを出して新人王を推測しております。先週はヤンキースのミゲル・アンドゥハー( Miguel Andujar)が1位だったのですが、今週は21号を放ったこともあり、再び大谷選手が1位のスコアとなっております。

実際はどうなるのでしょうか?「投手としての成績も加味しますよね?今回投票前にその点も記者団に考慮に入れるようにしっかりと共有しておいてよね」と記者たちに念押ししておきたいです。

このレースもあと5試合ほどで決します。大谷選手にROYを取ってもらいたいですね。

Final Rookie of the Year Award poll
Almost from the first hour of Spring Training, pretty much everyone in and around baseball agreed that Shohei Ohtani of the Angels and Ronald Acuna Jr. of the B...

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】フィリーズ、最高のゲーム展開で2011年以来のポストシーズン進出を果たす!
【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
タイトルとURLをコピーしました