スポンサーリンク

【MLB移籍2019】アメリカン・リーグ東地区各クラブの移籍と戦力のまとめ

各クラブの新戦力のリストと現有戦力のポジション概要を簡単にまとめてみました。

レッドソックス

現地2019年2月11日現在

2018-19契約概要

キープレヤーの再契約に成功。あとは贅沢税とキンブレルの獲得の実現。

現地2018年12月6日、レッドソックス・ファンにとっては嬉しいニュースが入ってきました! レッドソックスからFAとなっ...

SP

  1. クリス・セール(L)
  2. デービッド・プライス(L)
  3. リック・ポーセロ
  4. ネイサン・イオバルディ
  5. エドゥアルド・ロドリゲス(L)
  6. スティーブン・ライト

RP/CL

ジョー・ケリー(LADへ)の抜けた穴は大きいものの、粒ぞろいのリリーバーの存在は心強いです。キンブレルの再契約が実現すればかなり楽ですが、金額的に折り合いがつくかどうか。

  • マット・バーンズ
  • ライアン・ブレイジャー
  • ブランドン・ワークマン
  • ヒース・ハンブリ−
  • ヘクター・ベラスケス
  • ボビー・ポイナー(L)
  • タイラー・ソーンバーグ
  • ブライアン・ジョンソン(L)

INF/OF/DH

ベッツの調停を避けた契約など現有戦力の維持にも成功。ペドロイアの足の状態がよければかなり強い布陣を組めます。

  • C:サンディー・レオン、クリスチャン・バスケス、ブレイク・スワイハート
  • 1B/DH:スティーブ・ピアース、ミッチ・モアランド
  • DH:J.D.マルチネス
  • 2B: ブロック・ホルト、ダスティン・ペドロイア
  • SS:ザンダー・ボガーツ
  • 3B:エデュアルド・ヌネス
  • LF:アンドリュー・ベニンテンディ
  • CF:ジャッキー・ブラッドリー・JR.
  • RF:ムーキー・ベッツ

CL:クレイグ・キンブレルを獲得するかどうか。ただ、ドンブロウスキ社長はクローザーに大枚をはたかないとの意向も。

果たして意図はどちらに? 現地2019年1月18日、ちょっと気になる発言がありましたので、フォーカスさせていただきたいと思います。 ...

ヤンキース

2019年2月3日現在

2018-2019契約概要

オッタビーノ、ルメイユ、トゥロの獲得など旧ロッキーズの面々の補強は大きいです。コービンを獲れなかったものの、すでにレフティーにパクストンを迎えているだけでも相当手厚い。

  • J.A.ハップ(再)
  • アダム・オッタビーノ(COL)RHP/RP
  • DJ・ルメイユ(COL)INF
  • ザック・ブリットン(再)LHP/RP
  • トロイ・トゥロウィツキー(TOR)SS
  • ジェームズ・パクストン(SEA) LHP /SP
  • CC・サバシア(再)LHP/SP
  • ブレット・ガードナー(再)OF
  • ドリュー・ハッチソン(TEX)RHP/SP マイナー契約
  • ダニエル・コーロンブ(OAK) LHP/RP マイナー契約
  • レックス・ブラザーズ(ATL) LHP/RP マイナー契約
  • ダニー・ファークハー (CWS)RHP/RP マイナー契約
ルメイユ、まさかのヤンキース入り 驚きましたね。 前日の記事内にも噂として情報を入れておいた、ロッキーズからFAの...

SP

  1. ルイス・セベリーノ
  2. 田中将大
  3. C.C.サバシア(L)
  4. ジェームズ・パクストン(L)
  5. JA・ハップ(L)

RP/CL

オッタビーノの補強は相当大きいです。このメンツならトレードで新たな補強を獲得出来る可能性も。

2人のリリーバーのディールが決定 現地2019年1月17日、ビッグ・ディールが決まりましたね! ヤンキース、オッタビーノ獲得へ...
  • CL:アロルディス・チャップマン(L)
  • D・ベタンセス
  • A・オッタビーノ
  • Z・ブリットン(L)
  • C・グリーン
  • ジョナサン・ホルダー
  • トミー・ケインリー
  • スティーブン・タープリー(L)
  • ジョナサン・ロアイシガ
  • チャンス・アダムス
  • ドミンゴ・ヘルマン

INF/OF

アンドゥハーのトレードは一旦は収まったものの、ディディ復帰後のトゥロの扱いなど注目ポイントは多い。ファンから相当ブーイングを受けているエルズベリーが復活するか。

  • C: ゲイリー・サンチェス、A・ロマイン、カイル・ヒガシオカ
  • 1B: ルーク・ボイト、グレッグ・バード、DJ・ルメイユ
  • 2B: ブレイバー・トーレス、ルメイユ、タイラー・ウェイド
  • 3B: ミゲル・アンドゥハー、ルメイユ、ウェイド
  • SS:トゥロウィツキー、ディディ・グレゴリアス、グレイバー・トーレス
  • LF:ブレット・ガードナー、クリント・フレイジャー、ジャンカルロ・スタントン
  • CF:アーロン・ヒックス、ジャコビー・エルズベリー
  • RF:アーロン・ジャッジ、ジャンカルロ・スタントン、タイラー・ウェイド
  • DH:ジャンカルロ・スタントン、エルズベリー、サンチェス

もうお腹いっぱいでしょ。これくらいでよしなにと言いたいところですが、マチャードかハーパーを獲得できる余裕があります。両選手ともに10年$300Mという破格の金額を要求しているところがなんとも言えませんが、贅沢税の枠が空いており、本当に獲得に走るかもしれません。

レイズ

現地2019年2月11日現在

2018-19契約概要

ズニーノ、ヤンディー・ディアス、チャーリー・モートンなどかなりいい補強をしたレイズ。まだエンカーナシオンのウルトラC級のトレードもあり得るかも。

  • マイク・ズニーノ (SEA) C
  • ヤンディー・ディアス(CLE)3B
  • エミリオ・パガン(OAK)  RHP/RP
  • チャーリー・モートン(HOU) RHP/SP
  • オリバー・ドレイク(TOR) RHP/RP
  • アビサイル・ガルシア(CWS)OF
  • タイラー・クロイド(MIA) RHP/RP 31才 マイナー契約

SP

トップ2の破壊力たるや、素晴らしい。

  1. ブレイク・スネル(L)
  2. チャーリー・モートン(2018: HOU)
  3. タイラー・グラスノウ
  4. ジェイク・ファリア
  5. ウィルマー・フォント

RP/CL

すべてのメンバーを記載しておりませんが、前年同様のオープナーの多用に備え、ワンポイントでも活躍できそうな長所利用の起用を見越したメンバーが多数おります。一人3人ミニマムのMLB新ルールの適用が実現すればゲームプランに影響があるかも。

  • チャズ・ロー
  • ホセ・アルバラード(L)
  • ホセ・デレオン
  • ライアン・ヤーブロー(L)
  • ライン・スタネック 他6名

INF/OF/DH

スターのキアマイアーを中心にヤンディー・ディアスの補強は攻撃力アップ予感。

  • C:マイク・ズニーノ、ニック・シアフォー、マイケル・ペレス
  • 1B: ヤンディー・ディアス、ジーマン・チョイ
  • 2B: ジョーイ・ウェンドル、ダニエル・ロバートソン
  • 3B: マット・ダフィー、ヤンディー・ディアス
  • SS:ウィリー・アダムス、ダニエル・ロバートソン
  • LF:トミー・ファム、オースティン・メドウズ
  • CF:ケビン・キアマイアー
  • RF:アビサイル・ガルシア、オースティン・メドウズ

ウルトラCでSEAからエドウィン・エンカーナシオンを引っ張るか!?

ブルージェイズ

現地2019年2月17日現在

2018-19契約概要

こまめに補強しております。

内野手2人のディール 現地2019年1月29日、ベテランの内野手2人のディールが決定しております。いずれもこの遅いFA市場においては...
  • エリック・ソガード(MIL)2B
  • マット・シューメーカー(LAA)RHP/SP/RP
  • クレイトン・リチャード(SCP) LHP/SP
  • デービッド・フェルプス(SEA) RHP/RP
  • フレディー・ガルビス(SDP) SS
  • ジョン・アクスフォード(LAD)RHP/RP マイナー契約

SP

噂のあったストローマンのトレードは沈静化。アーロン・サンチェスとともにトップ2に限っては素晴らしいです。

  1. マーカス・ストローマン
  2. アーロン・サンチェス
  3. ライアン・ボルッキ(L)
  4. マット・シューメーカー
  5. クレイトン・リチャード(L)

RP/CL

100mphのケン・ジャイルズに安定感が増せばというところ。

INF/OF/DH

グリエル、ピラーの現有戦力に加え、フレディー・ガルビスの補強はよかったと思います。

  • C:ダニー・ジャンセン
  • 1B: ジャスティン・スモーク、ケンドリス・モラレス
  • 2B: デボン・トラビス、ブランドン・ドゥルーリー
  • 3B:ルルデス・グリエル・ジュニア、フレディー・ガルビス、リチャード・ウレーニャ
  • SS:ルルデス・グリエル・ジュニア、フレディー・ガルビス
  • OF: ビリー・マッキニー(LF)、ケビン・ピラー(CF)、ランドール・グリチャック(RF)

まだマーカス・ストローマンのディールが発生するかもしれません。

オリオールズ

現地2019年2月17日現在

2018-19契約概要

リビルドの度合いがひどいというレベルのオリオールズ。数年後の投資という考えで若手で乗り切ります。

ルール5ドラフトのリッチー・マーティンをSSで起用する見込みです。

【Rule 5 Draft 2018】 ウィンター・ミーティング2018も4日目、最終日となりました。毎年最終日に開催さ...
  • リッチー・マーティン(OAK) SS ルール5ドラフト
  • ドリュー・ジャクソン(PHI)SS ルール5ドラフトのトレード
  • エリック・ヤング・Jr. (LAA) CF スイッチヒッター 2013年に46盗塁 マイナー契約
  • グレゴリー・インファンテ (CWS) RHP/RP マイナー契約
  • ネイト・カーンズ(2017: KCR)RHP/SP 1年契約
  • アルシデス・エスコバー(KCR)SS マイナー契約

SP

  1. ディラン・バンディー
  2. アンドリュー・キャッシュナー
  3. アレックス・コブ
  4. デービッド・ヘス
  5. イェフリー・ラミレス
  6. ネイト・カーンズ

RP/CL

INF/OF/DH

トランボ、クリス・デービスの長打力が活きるかどうか。

  • C:チャンス・シスコ、オースティン・ウィンズ
  • 1B: クリス・デービス、トレイ・マンシーニ、M・トランボ(DH)
  • 2B:ドリュー・ジャクソン、ジョナサン・ビラー
  • 3B: レナート・ヌニェス
  • SS: リッチー・マーティン
  • OF:ジョーイ・リッカード、セドリック・マリンズ、DJ・スチュアート

チームの柱、アダム・ジョーンズはFA。MLBファンとしても再契約を望みます。

2019移籍まとめリンク


お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク