スポンサーリンク

【MLB ”Extension” 2019】BOSがクリス・セールと5年145Mドル、2020年から2024年までの契約延長に合意

ローテの柱を確保!ベッツへの影響は?

現地2019年3月22日、ボストン・レッドソックスの動きが活発化してきました。

スプリングトレーニングではキンブレルのような絶対的クローザーがいないせいか、腕の振りきりにやや不満の残るブルペン陣の強化ではなく、ゲームメイクの根幹を握る先発ローテーションの安定的確保に踏み切りました。

クリス・セールと5年$145Mで契約延長です。

C・セールの契約延長の内容

クリス・セールは2019年3月30日で30才になります。

今回の延長に至るまでの流れ

MLSは2019年1月時点で8.061年。延長前までは2020年にFAとなる予定でした。

BOS移籍前の契約

クリス・セールのレッドソックス在籍前の状況を簡単に整理してみますと、2013年3月7日に、当時在籍していたホワイトソックスと5年3,250万ドルで延長に合意。これは2017年までの契約で、実支払額とは違う、贅沢税に関係する年平均で、ざっと650万ドル。

2016年12月にBOSへ

その契約が効いている最中の2016年12月に、レッドソックスに移籍。レッドソックスにとっては”スーパー”がつくほどのプロスペクトだった、ヨアン・モンカダ、マイケル・コペックらを放出してのトレードでした。

2017年12月に1年$12.5M

2017年終了後の11月に、レッドソックスからクラブオプションを行使され、残留。この時の契約が1年、1,250万ドル(2018年)。

2018年10月に1年に$15M

そしてWS制覇に輝いた2018年オフの10月30日、前年同様にクラブオプションを行使され、残留。1年1,500万ドルがその時の契約です。

よって、2019年のサラリーは1,500万ドルで今シーズンを迎えようとしていたのでした。

当然、2019年オフにFAとなりますので、流出を防ぐべく早めの対応策として契約延長で囲い込もうというのが延長の背景です。

今回の契約の内容

上述の通り、今回の延長は2020年から2024年までの5年間を1億4,500万ドルで契約しました。

2020年以降の支払いの内訳はこのような金額です。

ボーナスとオプション

上記に加えて、下記のようなインセンティブとオプションが設定されています。

  1. 2022年終了後にオプトアウトが選択可
  2. 2020年-2024年はフル・ノートレード条項
  3. 先発試合数によるインセンティブ
  4. サイヤング得票によるインセンティブ
  5. 2024年終了後に2025年の契約をどうするか、ベスティング・オプションを設定

1は、セール側の意思で途中契約解除が可能という内容。詳しくは出ておりませんが、その場合はその年までのサラリーでということになると思います。

2は、上記期間に勝手にトレードを出さないでくださいという条項。

3と4の詳細は不明ですが、達成したシーズンには最高で200万ドルまでのインセンティブが設定されています。

ベスティング・オプションで2025年に$20M

ベスティング・オプションとして2025年に2,000万ドルで契約する内容も組まれていますが、その達成項目が下記です。

  • 2024シーズンがサイ・ヤング賞得票で10位以内
  • 2023シーズンと2024シーズンのサイ・ヤング賞の順位次第では2,500万ドルで契約できる。

このような内容となっています。2024年でクリス・セールは35才のシーズンですので、かなりハードルの高い内容ですが、これもやる気につながればというところですね。以上が契約の中身です。

贅沢税対策

契約の総額を年平均で出すという贅沢税の算出ルールに則って、レッドソックスはちょっとテクニカルなことをしました。

2020年からの5年1億4,500万ドルの計算だと、年平均だと2,900万ドル。

2019年の1,500万ドルを足したとすると、6年1億6,000万ドルですので、年平均で2,667万ドルに。ちょっと減りました。

そして、2025年のベスティングオプションの2,000万ドルを加味すると、7年1億8,000万ドルとなり、年平均が2,571万ドルに。実に2,900万ドルから329万ドルを減額したことになります。こうすることによって、セールの年平均額を下げて、贅沢税対策を施したのでした。

実支払いは増える要素が満載ではあります。

レッドソックスの主要選手の契約

2018年は本当に強かったレッドソックスは、やはりそれなりに選手への報酬も膨らんでおりました。主要な選手の契約をまとめておきたいと思います。

  • デービッド・プライス(SP):2015年12月に、2016年から2022年まで7年$217Mで契約。3年目経過の2018年10月にプレーヤーオプションを行使。2019年のサラリーは$31Mです。2020年から2022年までは$32M。FAは2022年終了後。年平均のサラリーは$31Mになります。
  • ネイサン・イオバルディ(SP):2018年12月に4年$68Mで契約。年平均で$17Mです。2022年終了後にFA。
  • リック・ポーセロ(SP):2015年4月に4年$82.5Mで延長。年平均で$20.625M、2019シーズン終了後にFA。今季は30才のシーズンです。
  • J.D. マルチネス(DH/OF): 2018年2月に5年$110Mで契約。年平均で$22M。2022年終了後にFA。
  • ザンダー・ボガーツ(SS):MLS 5.02年。2019年1月に1年$12Mで合意。2018年は$7.05Mでしたので、上がりましたね。2019シーズン終了後にFA。
  • ジャッキー・ブラッドリー・Jr.(CF):MLS 4.125年で、2019年1月に1年$8.55Mで調停を避け契約。FAは2021終了後。
  • アンドリュー・ベニンテンディ(OF):2020年から3年間調停資格。サラリーはまだ$0.71M。
  • ムーキー・ベッツ(RF):MLS4.07年。2019年1月に1年$20Mで合意。FAは2021終了後。

2021年終了後のオフは、かなり忙しくなりそうです。今のカブスのエプスタインGMの動きは参考になりそうです。

レッドソックスの贅沢税の状況

2018年終了後の40manの額は$239,481,745 で30クラブでトップ。

2019年の基準額は $206M。

現地2019年3月22日時点で、ロスター33人が決まっていて、25manの総計が、$203.67M(セールの増額分を入れなければ)、まだ未決の人のサラリーなどを考慮すると、ざっと$222.9Mくらいになっているであろうというところです。

MLB 2022 Payroll Tracker
A real-time look at the salary totals for each MLB team, including positional breakdowns.

実に重さを感じてしまうレッドソックスです。

一応、ざっと贅沢税で計算されるAAVを出しておきます。

  1. デービッド・プライス:$31M
  2. クリス・セール:$25.71M ←入れました。
  3. J.D.マルチネス:$22M
  4. リック・ポーセロ:$20.625M
  5. ムーキー・ベッツ:$20M
  6. ネイサン・イオバルディ:$17M
  7. ダスティン・ペドロイア:$13.75M
  8. ザンダー・ボガーツ:$12M
  9. ジャッキー・ブラッドリー・Jr.:$8.55M
  10. ミッチ・モアランド:$6.5M
  11. スティーブン・ピアース:$6.25
  12. エドゥアルド・ヌネス:$5M
  13. エドゥアルド・ロドリゲス:$4.3M
  14. ブロック・ホルト:$3.575M
  15. クリスチャン・バスケス:$$4.51667M
  16. サンディー・レオン:$2.475M
  17. タイラー・ソーンバーグ:$1.75M
  18. マット・バーンズ:$1.6M
  19. ヒース・ハンブリ−:$1.3125M
  20. ブランドン・ワークマン:$1.15M
  21. ブレイク・スワイハート:$0.91M
  22. アンドリュー・ベニンテンディ:$0.7175M
  23. ラファエル・デバース:$0.6145M
  24. ヘクター・ベラスケス:$0.57M
  25. ブライアン・ジョンソン:$0.555M

上の金額の合計額は約$212.4M(端数処理)。上記とは若干数字が違いますが、目安としてはこのような額です。

支払いの発生しているサラリー

80試合サスペンションのスティーブン・ライトは、40manに入れば、贅沢税に加算されます。$1.375M。

そして未だに払い続けているという点で、BOSファンから忌み嫌われている、パブロ・サンドバルは、$18.445M。桁を間違えているのではないか?と見直したのですが、合っています。

繰り延べ、Deferredサラリーということで、マニー・ラミレスは$2Mほどまだ残っております。

レッドソックスはかなり支払い額が膨らんできていますので、ベッツへのオファーは苦労しそうです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました