スポンサーリンク

【MLB2021FA】ナショナルズ、カブスからFAのジョン・レスターを獲得!1年で合意へ

ナッツ、貫禄のローテーションを完成

 現地2021年1月18日はいったい、どういう日だったのか?と思うほど話題が豊富でしたね。

 まずはベテラン左腕の契約合意のニュースからです。

 ワシントン・ナショナルズは、カブスからFAとなっていたベテラン左腕のジョン・レスター(Jon Lester)と1年で合意。ジョン・レスターの加入によってナショナルズはレギュラーシーズンでの3ゲームシリーズ、4ゲームシリーズで対戦相手がとても厄介だと思えるほどのローテーションを完成させました。

契約内容

 ナショナルズとジョン・レスターの契約は1年/$5M(2021)に加え、2022年はミューチュアル・オプションがつく模様です。こちらはまだ正式発表ではありませので、詳細が分かり次第、追記いたします。

 おそらくべスティング・オプションに近いような基準が設定され、オプション行使のサラリーはかなり高めの設定にしているのではないか?と思います。

37才のシーズンを迎えるジョン・レスター

 コロナ禍により各クラブは収益減となり、それを背景とした渋い契約が続いているがゆえに、ジョン・レスターの2021年の契約はかなり厳しい状況になると思われていました。

カブスがオプションを行使せず

 しかもレスターの前年のサラリーは$15M(2020)。そこを参照点にすると、レスターとの交渉は最低でも$10Mを超えるところからスタートすることが予想され、そこも厳しさを誘発する要素だと思っていました。

【レスターの前回契約】

  • 2014年12月にサイン
  • 6年/$155M (2015-20) + 2021: $25M ミューチュアル・オプション→カブスは、オプション行使せず。
  • $10M バイアウト

 しかし、ナショナルズが果敢に交渉。しかも、$5Mという破格の条件で合意したのは驚きでしたね。

 「キャリアの最後はボストンで」という噂もありましたので、決まるならレッドソックスではないかと見ていたので、本当にこのディールには驚かされました。

背景にNO.4、5スポットへの不安

 ナショナルズには言わずと知れたマックス・シャーザー、スティーブン・ストラスバーグ、そしてパトリック・コービンという強固な3本柱が存在します。

 しかし、NO.4スポット、NO.5スポットに不安がありました。

 NO.4で収まっていたアニバル・サンチェスとは2021年の$12Mのクラブオプションを行使せず、$2Mバイアウトで決別となりました。

 NO.5スポット候補の右腕のオースティン・ボス(28才)は、2020シーズンは2勝5敗、ERA6.34と苦戦。期待のローテーション候補なのですが思うように育っておらず、今のところは計算に入れにくい状態。

 そこでベテラン左腕のジョン・レスターをターゲットにした模様です。何より、レスターの2021年のサラリーを抑えて獲得に至ったのは見事というしかありません。

【ナショナルズ2021ローテーション】

  • マックス・シャーザー
  • スティーブン・ストラスバーグ
  • パトリック・コービン(LHP)
  • ジョン・レスター(LHP)
  • オースティン・ボス

ジョン・レスターのキャリア

 ジョン・レスターは1984年1月7日生まれの37才。ドラフトは2002年、レッドソックスの2巡目指名(高校卒での契約)です。

 デビューは2006年。華麗なキャリアは以下の通りです。

  • オールスター出場:5度(2010、 2011、 2014、 2016、2018)
  • 2016 NLCS MVP
  • NL 最多勝:1度(2018:18勝)
  • NL 勝率1位 (2016:.792 ) ※このシーズンは19勝5敗
  • AL 完封数1位:2試合 (2008)
  • ノーヒットノーランを達成(2008年5月19日)
  • 15 勝以上のシーズン: 8度 (2008-2011、 2013、 2014、 2016、2018)
  • 200イニング以上: 8シーズン (2008-2010 、 2012-2016)
  • 200 奪三振以上: 4シーズン (2009、 2010、 2014-2015)
  • ワールドシリーズ制覇:3度(レッドソックス:2007 & 2013、カブス:2016)

悪性リンパ腫(2006)

 キャリアでの大きな出来事としては、ルーキーイヤーの2006年に血液癌とも言われる悪性リンパ腫が見つかり、8月23日の登板を最後にサイドラインへ下がったことがありました。

 メジャー2年目となった2007年もその影響でシーズンデビューは7月23日。しかし、2007年はポストシーズンで活躍。

 その後は再発することなく、2020シーズンまで活躍。

 なお、2020シーズンは12試合に登板し、3勝3敗、ERA 5.16という成績でした。

  2021年はフェンウェイで!と思っていただけに残念ですが、ナショナルズでぜひ力を発揮してもらいと思います。

  お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】フィリーズ、最高のゲーム展開で2011年以来のポストシーズン進出を果たす!
【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
タイトルとURLをコピーしました