スポンサーリンク

【MLB2020FA】ブルワーズ、1BにTORからFAのジャスティン・スモークを獲得

MLB移籍/FA情報

CREW、1B獲得へ

 現地2019年12月19日、ブルワーズがまたしてもディールを成立させました。ブルージェイズからFAとなっていたジャスティン・スモーク(Justin Smoak )を獲得です。正式発表はまだ。

契約内容

 決定したディールの詳細ですが、2020年のサラリーは$4.0M、2021年がクラブオプションで$5.5M、1Mバイアウトがついています。よって、最低でも$4M+$1Mで$5Mの保証があるという内容になっています。

探していた1B

 ブルワーズは11月4日にエリック・テームズのクラブオプションを拒否。テームズの2020年のクラブオプションは$7.5Mプラス$1Mバイアウト。よってブルワーズは1Bにライアン・ブラウンを外野からつけるかというプランを考えていました。

エンカーナシオンの線もあったが

 補強でポジションを埋めて行く中で、ブルワーズはエンカーナシオンとのディールも探っていました。エンカーナシオンはヤンキースとの間で2020年に$20Mものクラブオプションの規定がありましたが、ヤンキースはこれを拒否。FAとなっていました。

 おそらくエンカーナシオンとのディールはコストが合わなかったと思われます。仮にエンカーナシオンが$20Mだったとして、ジャスティン・スモークとのディールはその1/4で収まりました。

ジャスティン・スモークとは 

 ジャスティン・スモークは1986年12月5日生まれの33才。左投げ両打ちの選手です。マリナーズの印象の強い選手ですが、ドラフトは2008年のレンジャーズの1巡目指名。デビューもレンジャーズ時代で、2010年4月23日でした。

TEX→SEA→TOR→MIL

 デビューしたばかりのジャスティン・スモークでしたが、2010年7月9日にトレードでマリナーズに移籍。これはレンジャーズがクリフ・リーとマーク・ロウの2人を獲得したトレードで、複数人とともにマリナーズに動いたのでした。

 その後、2014年10月、アウトライトウェーバーとなり、マイナーへ落ちる前の続きでブルージェイズがクレームオフ。同年12月にFAとしてサイン。そして2019年10月31日に再度FAとなったのでした。

 魅力は一発。2017年には38 HR、90 RBIを記録。キャリア10年で191 HR、年平均25HRを放っています。

2019年の成績

 2019年は121試合に出場し、打率.208、OBP .342、SLG.406、HR 22、RBI 61、OPS+ 101、WARは0.6でした。

左右同じくらいの打率 

 スイッチヒッターなので、投手の右左は関係ありません。なお、キャリア通算で右打席での左投手の打率は打率.235。一方左投手相手での右打席は打率.228。左右どういった投手と対戦してもさしてかわりません。

ジャスティン・スモークのブルワーズでの活躍に期待したいと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 匿名 より:

    細かい所ですが、スモークは左投げ両打ちだと思います

    • hirotee より:

      匿名様

      こんにちは
      両打を間違えないように書いたところ、
      投げの方を誤って記載しておりました。
      ご指摘ありがとうございました。

NEW

【MLB契約2022】パドレスが”超激レアキャリア”のマット・スウィリーとマイナー契約
【MLB2022】レイズ、タンパとモントリオールでのホーム分割案がMLBから拒絶される
【MLB2022】トリプルAでロボアンパイアー(ABS)開始!
【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
タイトルとURLをコピーしました