スポンサーリンク

【MLB2020FA】ブルワーズ、1BにTORからFAのジャスティン・スモークを獲得

CREW、1B獲得へ

 現地2019年12月19日、ブルワーズがまたしてもディールを成立させました。ブルージェイズからFAとなっていたジャスティン・スモーク(Justin Smoak )を獲得です。正式発表はまだ。

契約内容

 決定したディールの詳細ですが、2020年のサラリーは$4.0M、2021年がクラブオプションで$5.5M、1Mバイアウトがついています。よって、最低でも$4M+$1Mで$5Mの保証があるという内容になっています。

探していた1B

 ブルワーズは11月4日にエリック・テームズのクラブオプションを拒否。テームズの2020年のクラブオプションは$7.5Mプラス$1Mバイアウト。よってブルワーズは1Bにライアン・ブラウンを外野からつけるかというプランを考えていました。

エンカーナシオンの線もあったが

 補強でポジションを埋めて行く中で、ブルワーズはエンカーナシオンとのディールも探っていました。エンカーナシオンはヤンキースとの間で2020年に$20Mものクラブオプションの規定がありましたが、ヤンキースはこれを拒否。FAとなっていました。

 おそらくエンカーナシオンとのディールはコストが合わなかったと思われます。仮にエンカーナシオンが$20Mだったとして、ジャスティン・スモークとのディールはその1/4で収まりました。

ジャスティン・スモークとは 

 ジャスティン・スモークは1986年12月5日生まれの33才。左投げ両打ちの選手です。マリナーズの印象の強い選手ですが、ドラフトは2008年のレンジャーズの1巡目指名。デビューもレンジャーズ時代で、2010年4月23日でした。

TEX→SEA→TOR→MIL

 デビューしたばかりのジャスティン・スモークでしたが、2010年7月9日にトレードでマリナーズに移籍。これはレンジャーズがクリフ・リーとマーク・ロウの2人を獲得したトレードで、複数人とともにマリナーズに動いたのでした。

 その後、2014年10月、アウトライトウェーバーとなり、マイナーへ落ちる前の続きでブルージェイズがクレームオフ。同年12月にFAとしてサイン。そして2019年10月31日に再度FAとなったのでした。

 魅力は一発。2017年には38 HR、90 RBIを記録。キャリア10年で191 HR、年平均25HRを放っています。

2019年の成績

 2019年は121試合に出場し、打率.208、OBP .342、SLG.406、HR 22、RBI 61、OPS+ 101、WARは0.6でした。

左右同じくらいの打率 

 スイッチヒッターなので、投手の右左は関係ありません。なお、キャリア通算で右打席での左投手の打率は打率.235。一方左投手相手での右打席は打率.228。左右どういった投手と対戦してもさしてかわりません。

ジャスティン・スモークのブルワーズでの活躍に期待したいと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 匿名 より:

    細かい所ですが、スモークは左投げ両打ちだと思います

    • hirotee より:

      匿名様

      こんにちは
      両打を間違えないように書いたところ、
      投げの方を誤って記載しておりました。
      ご指摘ありがとうございました。

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました