【MLB2020FA】ブルワーズ、1BにTORからFAのジャスティン・スモークを獲得

CREW、1B獲得へ

 現地2019年12月19日、ブルワーズがまたしてもディールを成立させました。ブルージェイズからFAとなっていたジャスティン・スモーク(Justin Smoak )を獲得です。正式発表はまだ。

契約内容

 決定したディールの詳細ですが、2020年のサラリーは$4.0M、2021年がクラブオプションで$5.5M、1Mバイアウトがついています。よって、最低でも$4M+$1Mで$5Mの保証があるという内容になっています。

探していた1B

 ブルワーズは11月4日にエリック・テームズのクラブオプションを拒否。テームズの2020年のクラブオプションは$7.5Mプラス$1Mバイアウト。よってブルワーズは1Bにライアン・ブラウンを外野からつけるかというプランを考えていました。

エンカーナシオンの線もあったが

 補強でポジションを埋めて行く中で、ブルワーズはエンカーナシオンとのディールも探っていました。エンカーナシオンはヤンキースとの間で2020年に$20Mものクラブオプションの規定がありましたが、ヤンキースはこれを拒否。FAとなっていました。

 おそらくエンカーナシオンとのディールはコストが合わなかったと思われます。仮にエンカーナシオンが$20Mだったとして、ジャスティン・スモークとのディールはその1/4で収まりました。

ブルワーズがエリック・ソガードとリオン・ヒーリーを獲得しました。内野争いは熾烈に

ジャスティン・スモークとは 

 ジャスティン・スモークは1986年12月5日生まれの33才。左投げ両打ちの選手です。マリナーズの印象の強い選手ですが、ドラフトは2008年のレンジャーズの1巡目指名。デビューもレンジャーズ時代で、2010年4月23日でした。

TEX→SEA→TOR→MIL

 デビューしたばかりのジャスティン・スモークでしたが、2010年7月9日にトレードでマリナーズに移籍。これはレンジャーズがクリフ・リーとマーク・ロウの2人を獲得したトレードで、複数人とともにマリナーズに動いたのでした。

 その後、2014年10月、アウトライトウェーバーとなり、マイナーへ落ちる前の続きでブルージェイズがクレームオフ。同年12月にFAとしてサイン。そして2019年10月31日に再度FAとなったのでした。

 魅力は一発。2017年には38 HR、90 RBIを記録。キャリア10年で191 HR、年平均25HRを放っています。

2019年の成績

 2019年は121試合に出場し、打率.208、OBP .342、SLG.406、HR 22、RBI 61、OPS+ 101、WARは0.6でした。

左右同じくらいの打率 

 スイッチヒッターなので、投手の右左は関係ありません。なお、キャリア通算で右打席での左投手の打率は打率.235。一方左投手相手での右打席は打率.228。左右どういった投手と対戦してもさしてかわりません。

ジャスティン・スモークのブルワーズでの活躍に期待したいと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    細かい所ですが、スモークは左投げ両打ちだと思います

    • hirotee より:

      匿名様

      こんにちは
      両打を間違えないように書いたところ、
      投げの方を誤って記載しておりました。
      ご指摘ありがとうございました。