スポンサーリンク

【MLB契約2020】レッドソックス、ムーキー・ベッツと調停(arbitration)レコードの27Mドルで合意へ

ベッツをキープする方向へ

 現地2020年1月10日はArbitration Deadline(アービトレーション・デッドライン)で、年俸調停に持ち込むかどうかを決める期限となっていました。

 各クラブとも6年のFA前のキープレーヤーとのディールを決定をしています。各クラブの状況は別記事にてアップ致します。

 もっとも注目すべきプレーヤーであったムーキー・ベッツに対し、レッドソックスは$27Mのサラリーで決着させました。

レコードセッティング

 もうかなり報道が出ていますので、今更ながらの感があるかもしれませんが、今回、レッドソックスがムーキーに対し提示し、合意した額は調停期間の選手としては史上最高額でのディールとなりました。

 それまではロッキーズがノーラン・アレナドと結んだ$26M (2019年)が最高でしたが、今回はそれを超えました。

過去の調停選手の高額ディール

 過去の高額ディールはこのような感じです。

  • ノーラン・アレナド(COL): $26M (2019)
  • ジョシュ・ドナルドソン(ATL) $23M (2018)
  • ブライス・ハーパー(WSH): $21.625M (2018)
  • ムーキー・ベッツ(BOS): $20M (2019)
  • デービッド・プライス(DET): $19.75M (2015)
  • アンソニー・レンドン(WSH): $18.8M (2019)
  • ジェイコブ・デグロム(NYM): $17M (2019)
  • クリス・デービス(Khris Davis/OAK): $16.5M (2019)
  • マニー・マチャード(BAL): $16M (2018)
  • ホセ・アブレイユ(CWS): $16M (2019)

 ベッツは2度目の高額ディールとなりました。

 メジャー最低年俸が約$0.55Mほどで、FA前のほとんどの選手が$1M以下で大活躍する中、まだまだ一部の選手だけですが、活躍に見合う額に近づく傾向にああります。カーター・スチュアートなどはそのこともあってNPBを選んだ訳ですからね。FA後の交渉のことを考えるとこれで良いのかどうかはわかりませんが、選手が疲弊する前に上がることはファンとしては喜ばしいとは思います。

ベッツの2019年

 ムーキー・ベッツは2011ドラフトのレッドソックスの5巡目指名でプロ入り。デビューは2014シーズンで21才の時。2015年にMVP投票で19位に入って以降、輝かしい成績が並びます。

  • オールスター出場: 4年連続(2016-19)
  • MVP1位 :1度 (2018)/ 2位(2016)/6位(2017)/8位(2019)
  • ゴールドグラブ賞: 4年連続(2016-19)
  • シルバースラッガー賞: 3度(2016/ 2018-19)
  • WAR 1位: 10.9(2018)
  • At Bat 1位:672(2016)
  • Extra Base Hits 1位: 84(2018)
  • Fielding % as RF 1位: 2度 .997(2016)/ .996(2019)
  • 200安打以上: 1度(214/2016)
  • Runs Scored 1位: 2度(129-2018/ 135-2019)
  • DRS (Defensive Runs Saved): 32-2016/ 31-2017/ 20-2018/ 15-2019

 2019シーズンでは、150試合、706打席、597打数、176安打。打率.295、OBP .391、SLG .524、HR 29、RBI 80、二塁打 40、三塁打 5、OPS+ 135。

 前年がすごすぎて、打率が下がったのは目立ちますが、さすがとしか言いようのない成績です。なお、打率.346を上げた2018シーズンのOPS+はなんと186でした!

レッドソックス、6.27Mへ

 ベッツが注目されていたのは、レッドソックスが贅沢税基準額の$208Mを慕われれるかどうかという点からだったのですが、現地2020年1月10日のレッドソックスの2020年の40manの贅沢上の見込みペイロールは$226.27M。$18.27Mオーバーとなっています。これは今回のムーキーの$27MとJBJの$11Mを加算した額。まだ額が確定していないEロッドは$9M、ベニンテンディーは$4.25M、バスケスは$4.51Mとして計算したものです。

やはり$30Mマイナス確保したい 

 現状で$226.27Mですから、なんとか$30Mほどは削り出したいところです。ブルームさんがどう動くか非常に注目です。なお、ベッツですがトレードの可能性は0%ではないものの、2020年もレッドソックスでプレーする可能性がほぼ決まりと見ていいのではないか?と思っています。

 お読みいただき、ありがとうございました。 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました