スポンサーリンク

【MLB2021】6月POMのカイル・シュワーバーがILへ!ナショナルズ、ロスター調整でアルシデス・エスコバーを獲得!

ナッツのロスター・ムーブ

 現地2021年7月3日、ナショナルズがロスター・ムーブを発表しました。これはカイル・シュワーバーが怪我をしたこととも大いに関係する動きになるのですが、そのカイル・シュワーバーの怪我のことから触れていきます。

6月POMのカイル・シュワーバーがIL

 6月のNL Player of the Month(POM)を受賞したナショナルズのカイル・シュワーバー(Kyle Schwarber)は、もう文句なしの活躍でしたね。

 27試合で、100打数中28安打を放ち、そのうちHRが16本!打率.は280、OBPは .362、SLGは .760で、OPSは1.122をマークしました。強烈でしたね。

 ところが、そのカイル・シュワーバーは現地2021年7月2日のドジャース戦で、トラブル。第2打席でフリオ・ウリアスからCF前シングルを放ったまではよかったものの、1塁ベース到着間近でを傷めてしまい、即座にゲームを離脱することとなりました。

ハムストリングスを傷める

 手で抑えている箇所からハムストリングス(太ももの裏です)を傷めたことは明白だった訳ですが、1日が経過して、どのような診断結果が出たのか待ってみたところ、少しだけですが、状態が判明しました。

 わかったことは手術は必要ないということ。

10 Day か、60 Dayか

 今回は一旦、10 Day ILに入ったカイル・シュワーバーですが、実は検査をした後も、復帰のタイム・テーブルは未定となっています。よって、場合によっては60DayILに移行する可能性も出てきました。

 損傷と回復を日々モニターして行くという、いわば「時ぐすり」が必要なようです。

 ただ、本人は2016年の怪我のような長期にわたることにないと踏んでいます。それはそうだと思いますね。2016年の怪我はひどかったですから。

2016年のシーズン・エンディング

 2016年の怪我の模様は下記のナッツとのディールが決定した時に記載しています。

 デビュー2年目の2016年4月7日、LFを守っていたカイル・シュワーバーは、打球を追いかけ、CFのデクスター・ファウラーと交錯。左膝の前十字靭帯を断裂。シーズン・アウトとなりましたが、ワールドシリーズには戦列に復帰。活躍しました。

アレックス・アビーラも

 なお、ナショナルズはベテラン捕手のアレックス・アビーラも10 Day ILとなりました。アレックス・アビーラは両足のふくらはぎを傷めてのIL入りです。

【移籍】アルシデス・エスコバーを獲得

 なお、ナショナルズは現地2021年7月3日、ロイヤルズからアルシデス・エスコバーを金銭トレードで獲得。一旦は、マイナーで受ける形を取りつつも、早速、アクティブ・ロスターに入れました。 

 2020年はヤクルトに所属したアルシデス・エスコバーは、今季34才のシーズンとなります。トレイ・ターナーがDay to Dayの怪我もあり、まずはエスコバーを内野全体のバックアップとして起用する見込みです。ロイヤルズの最強時代の内野の要でしたからね。

その他ロスターの動き

 なお、ナショナルズはロスターを空けるため、内野手のウンベルト・アルテアガ(Humberto Arteaga)をDFAとしています。これにより、アルシデス・エスコバーがアクティブ・ロスターに入ったのでした。

 また、キューバ出身の33才の右投げ左打ちの外野手、ヤディエル・ヘルナンデス(Yadier Hernandez)と捕手のトレス・バレラ(Tres Barrera)をトリプルAからコールアップしました。

 トレス・バレラは26才。2020年7月にPeds(禁止薬物)使用のバイオレーション(規定違反)で80試合のサスペンション(出場停止)処分を受けていました。今回は、アレックス・アビーラの代わりのコールアップで、正捕手のヤン・ゴームズのバックアップとして配置される予定です。

 カイル・シュワーバーの怪我後、勢いが削がれたナショナルズは3連敗で借金1(現地2021年7月3日時点)。ここからどう巻き返すのか、見ものです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】好ゲームのMIL@SDP戦!ダルビッシュ投手の熱投とコルテン・ウォンのスーパープレー!
【MLB2022】DFAから一転、2HR!メジャー復帰のアリティディス・アキーノが爆発の予感
【MLB2022】フレディー・ペラルタが右肩のハリでIL入り!
【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました