スポンサーリンク

【MLB移籍2019】ニール・ウォーカーはMIAへ、フレディ・ガルビスはTORに決定

スポンサーリンク

内野手2人のディール

現地2019年1月29日、ベテランの内野手2人のディールが決定しております。いずれもこの遅いFA市場においては3月を過ぎるのではないか?と懸念していた2人でしたので、1月中にディールが決まってよかったです。

ニール・ウォーカーがマイアミと1年で合意

ヤンキースからFAとなっていた元パイレーツで2014年シルバースラッガー賞受賞のニール・ウォーカー( Neil Walker )がマイアミ・マーリンズと合意しております。

こんないい選手が1年たったの200万ドルで合意です。

2018年も400万ドルだった

ニール・ウォーカーは2018年においてもヤンキースと400万ドルの契約でした。最高はメッツ2年めの2017年の1,720万ドル。

叩かれておりますね。

ニール・ウォーカーとは

ニール・ウォーカーは33才で2019シーズンを迎えるベテラン内野手。2004年パイレーツ1巡目でドラフト指名された選手です。

2014年シルバースラッガー賞受賞、20HR以上を2シーズン達成(2014・2016年)。

MLB10年の通算成績は1,173試合に出場、打率.268、OBP .339、SLG .430、HR 141 、二塁打 216、打点 568。

本職は2Bですが、1B、3B、LF、RFなどユーティリティとしても活躍しております。

マイアミの内野陣は?

マーリンズは2Bにスターリン・カストロ(Starlin Castro)、SSにJT・リドル(JT Riddle)のセンターラインを中心に、3Bにマーティン・プラード(Martin Prado)、さらにピーター・オブライエン(Peter O’Brien)さらにミゲル・ロハス(Miguel Rojas )がおります。

またルーキーのブライアン・アンダーソン( Brian Anderson)も控えております。

ニール・ウォーカーはバックアップ的位置づけになるとは思いますが、勝負強いベテランが内野に控えるのはマイアミにとっては頼もしい限りです。

打ち勝つ作戦か

2018年はERA 4.76でナ・リーグ最下位だったマーリンズ。打率の方はリーグ11番めとこれまたあまりよくありませんでした。

投手陣の整備はお金も時間もかかりますから、手っ取り早く攻撃力を強化してピッチャーに腕を振らせて調子を取り戻させようという作戦かもしれませんね。

それにしてもニール・ウォーカーの200万ドルは安すぎる!

アメリカの小売業界では、今週末はブラック・フライデーで賑わったようです。ブルームバーグによれば、ネットの出足の方が好調だったとか。 ...

パドレスのフレディ・ガルビスがトロントへ

もうひとり、ディールが決まっております。

パドレスからFAとなっていたフレディ・ガルビス(Freddy Galvis)のブルージェイズ入りが決まりました。

契約は1年400万ドル。2020年はクラブ・オプションでクラブ側が再契約を望む場合は550万ドルでの契約となります。またクラブがオプションを行使しない場合はバイアウトとなり100万ドルがガルビスに渡ります。

よって、実質的に1年500万ドルが保証されている内容となります。

フレディ・ガルビスはゲームに出まくり

パドレスの正SSだったフレディ・ガルビスは29才になったばかり。2012年から2017年までフィリーズで活躍していた選手。2018年にパドレスに移籍しました。

2017年、2018年と2年連続で162試合に出場を果たしております。

その前の2年もずっとゲームに出ており、2016年は158試合、2015年は151試合に出場。もう4年連続皆勤賞のような扱いでいいと思えます。

天候不順などで20連戦などが発生する昨今のMLBにおいて、これだけ毎試合ゲームに出ているのは非常に珍しいですことです。

MLB7年で通算打率は.246 、HRは65 本、打点が300。

守備も打撃もよいいい選手です。

パドレス退路を立ったか

パドレスは2019シーズン、トップ・プロスペクト2位のフェルナンド・タティス・Jr.を正SSに使うつもりでおります。

ガルビスはFAステータスではありましたが、もしもパドレスが噂されているリアルミュート獲得に参戦するなら、タティス・Jr.がマーリンズから要望されるのは必至なので、なんとかガルビスともう1年契約しておけば?とは思っておりました。

しかし、ガルビスのブルージェイズ入りが決まったことで、その選択肢が断たれ、タティス Jr.をSSで起用するか、トレード要員として出すかということになりました。

2019トップ・プロスペクト 現地2019年1月26日、MLB.comが選ぶ2019年トップ・プロスペクト・ランキング1...

マーリンズは捕手のプロスペクトであるフランシスコ・メヒア(SDP) Cを欲しがっているという噂もありますので、タティス・Jrをキープ出来るかどうか注目したいと思います。

グリエルとのポジション争い

フレディ・ガルビスは能力が高いので内野はどこでも守れますが、おそらくSSとしての起用が増えるのではないかと思われます。

現状、ブルージェイズのSSは25才のルルデス・グリエル・ジュニア( Lourdes Gurriel Jr. )で2018年には65試合、打率.281、HR11、RBI 35が濃厚ですが、ガルビスをメインSSとして起用していくのではないか?と筆者は見ております。

ルルデス・グリエル

ルルデス・グリエルは現アストロズのユリ・グリエルの弟。

兄は2014年に横浜DeNAで65試合プレー。2015年2月に兄に代わってこのルルデスが横浜に来る予定でしたが、結局来日しなかったという無法ぶりを発揮したことがあります。

契約がどうだったのか疑わしいところがあり、本人や代理人はMLBの可能性を探っていたのでしょうが、契約をどう捉えているのか大人としての見識が疑わしいのは確かです。

こういう選手ほど活躍するものですが、あえて応援も何もせずガルビスに頑張ってもらいたいなと思っております。

元フィリーズ。がんばってほしいです。

お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク