スポンサーリンク

【MLB移籍2019】レッドソックスGMがクローザーに大枚をはたかない意向!キンブレルの動向は?

果たして意図はどちらに?

現地2019年1月18日、ちょっと気になる発言がありましたので、フォーカスさせていただきたいと思います。

レッドソックスのデイブ・ドンブロウスキが記者に対して「クローザーに対して多額の支出をしようとはまだ思っていない」と発言しました。

これは普通に考えればキンブレル獲得を諦めると捉えた方がよさそうですが、それはそれで早計かとも思います。

原文を見てみると、上記の日本語のまんまなんですが、「まだ」というのがポイントかなと思います。

 “I still don’t expect us to have a high expenditure on our closer situation.”

ESPN

贅沢税の観点から

レッドソックスの現地2019年1月18日現在の契約状況をざっと計算しますと、全ポジションを含めて22名の数字ですが、2019年のサラリーペイロールは、約202.6M(約210億円)。

これは再契約となったクリス・セールやデービッド・プライス、ネイサン・イオバルディをはじめ、調停前の契約で$20Mに上がったムーキー・ベッツらの金額を反映したものです。ジョー・ケリーはもちろん入っておりません。

なお、セットアップのライアン・ブレイジャーは2019の金額がまだ出ていなかったため入れておりません。当然、加算要素になります。

Name / Position2019 Salary USD
D・プライス
SP
31,000,000
J.D.マルチネス
SP
23,750,000
R・ポーセロ
SP
21,125,000
M・ベッツ
RF
20,000,000
N・イオバルディ
SP
17,000,000
D・ペドロイア
2B
15,125,000
C・セール
SP
15,000,000
X・ボガーツ
SS
12,000,000
J・ブラッドリーJr.
CF
8,550,000
M・モアランド
1B
6,500,000
S・ピアース
1B
6,250,000
E・ヌネス
2B/3B
5,000,000
E・ロドリゲス
SP
4,300,000
B・ホルト
SS/2B
3,575,000
C・バスケス
C
2,850,000
S・レオン
C
2,475,000
T・ソーンバーグ
RP
1,750,000
M・バーンズ
RP
1,600,000
S・ライト
RP/SP
1,375,000
H・ハンブリー
RP
1,312,500
B・ワークマン
RP
1,150,000
B・スワイハート
LF
910,000
Total202,597,500

2019年の贅沢税が$206Mですから、他の選手を入れても超えることは間違いないところです。

キンブレルはフィットする

ドンブロウスキさんは慎重に発言しただけだとは思いますが、今のところクローザーが不在です。

ローゼンタールさんがヤンキースのブルペンと比較してくれています。既存のライアン・ブレイジャーやマット・バーンズをクローザーに持ってくることも可能でしょう。しかし、どっしりとしたクローザーがいないことは否めません。

しかもセットアップにはジョー・ケリーがいないわけですから、なおさらです。

キンブレルには3チーム

クローザーが有無や獲得の意思などを考えると、1.レッドソックス、2.フィリーズ、3.ブレーブスというところが今のところ候補に上がっており、レッドソックスがもっともフィットするのは間違いなさそうです。

1ヶ月前からお伝えしていることですが、年数と金額をどうWIN-WINとするのか。これに尽きますね。

いずれにせよ、レッドソックスは条件も提示しており、獲得する方向で動いていると見ていいと筆者は思います。

レッドソックス以上にお金を出せるところを考えると、もうヤンキースしかなく、ヤンキースはもう黄金のブルペンが出来上がっております。

よって消去法においてもキンブレルはレッドソックスではないか?と思っております。

ブレーブスが今オフの動きが目立たないので、密かに資金を捻出しているかもしれませんが、それでもレッドソックスではないか?と思っております。

ドンブロウスキさんの肩書は社長

ついついGMと書いてしまうのですが、デイブ・ドンブロウスキさんの正確な肩書は”プレジデント・オブ・ベースボール・ペレーションズ (President of Baseball Operations)”。

現場の最高責任者です。

レッドソックスはフロントオフィスにジェネラルマネージャーを配置しておらず、肩書は現場の社長ですが、実質的な役割としてはGMです。

Baseball Americaの”2018 MLB エグゼクティブ・オブ・ザ・イヤー(Executive of the Year)”に選ばれております。

ちなみにMLB.comが2018最高幹部は、アスレチックスのビリー・ビーン副社長でした。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
タイトルとURLをコピーしました