スポンサーリンク

【MLB契約 2018 3月】PHI、未デビューのS・キンガリーに6年延長のオファー

PHI、デビュー前の選手に延長オファー

2018シーズン、3月29日の開幕まであと片手でカウント出来るようになりました。

怪我人の情報なども入っていて、カージナルスのアダム・ウェインライトが左太ももの肉離れでリターンの目処が立たない様子です。イチロー選手は頭部死球の影響はないようで安心なのですが、その前に痛めたふくらはぎの具合が今ひとつで、様子見です。

何かいい意味でバタバタとしてきましたね!

現地2018年3月25日は、景気のいいニュースが入ってきました。

スコット・キンガリーに6年延長

1月のトップ・プロスペクトの発表で35位にランキングされた内野手、スコット・キンガリー(Scott Kingery)がフィリーズから6年延長のオファーをもらいました!

2018年から2023年までの6年の延長で、総額2,400万ドル。

驚くことに、キンガリーはメジャー未デビューの選手です。

キンガリーの動画

契約の内容

尚且つ、その次の3年間の2024、25、26年もクラブオプションではありますが(フィリーズ側が再契約するかどうかを決める)、1,300万ドル、1,400万ドル、1,500万ドルで契約するという内容まで盛り込まれており、計6,600万ドルの価値。

過去の例

未デビューの例

未デビューの選手が契約延長するのはアストロズのジョン・シングルトンのみ。2014年に契約しました。

デビュー直後の例

またデビュー後であれば、今季からSFGに移籍したエバン・ロンゴリアがデビューから6ゲームこなした後に6年1,750万ドルの契約をしています。

スコット・キンガリーとは

スコット・キンガリーは2018年4月29日で24才になる内野手。

特別若い訳ではありません。アマチュア・ドラフトは2015年に2巡目でフィリーズから指名を受けています。

マイナー時代

2017年はダブルAとトリプルAでプレー。両レベルで打率.304、HR26、打点65の成績を残しています。

もう確実に力をつけているのがわかる選手ですね。

守備がうまい

フィリーズがこれだけ肩入れする理由の1つは、守備が非常にうまい点が挙げられます。

ゴロさばきも然ることながら、その強肩たるやマニー・マチャドやノーラン・アレナドかと思うほどのストロングアームです。見応えがあります。

盗塁

そして、スター性と打撃ですね。ルックスも人気が出そうな感じですし、何よりほぼ5ツールと言っていい身体能力だと思います。

内野手なので外野手ほどの走力は求められませんが、盗塁も2017年は29を数えています。

開幕はマイナーですが、すぐに上げてくると思われます。

フィリーズの狙い

フィリーズはキンガリーを囲い込みました。

未デビューゆえに博打の要素もあると言えばありますが、マイナーでの動きを見て「行ける!」と判断し、複数年で囲い込んだということだと思います。

デビュー後、大活躍した上で再契約となると年俸も上がりますし。

本人にとってはどうなのでしょうか?

延長終了後

年齢的に30才手前でのFAとなりますが、もっと稼げる可能性もあります。難しいところですね。

29才でのFAでグンと年俸が上がって複数年契約をしたとして、33、4才で再度FAとなった場合、今年のように年俸が高額すぎて行き先が決まらないということも十分にあり得ます。

だとしたら、今回のオプションくらいの金額なら結構妥当かもしれません。

フィリーズ経営陣がそこまで見据えて契約したのかはどうかは定かではありませんが、とにかく上で早く見たい選手なのは間違いありません!

皆様もご納得の行くプレーを見せてくれると思います!

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
タイトルとURLをコピーしました