スポンサーリンク

【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて

課題のブルペン強化の柱に

 現地2021年12月22日、この日もMLBはロックアウト中で動きがありませんので、ロックアウトに駆け込みで決まったディールで書ききれなかったものをあらためて記載しておきたいと思います。本日はフィリーズのディールです。

 現地2021年11月30日、フィリーズはドジャースからFAとなっていた右腕のコーリー・クネイブル(Corey Knebel )とサインしました。

フィリーズとクネイブルの契約内容

 契約内容は非常にシンプル。以下の内容となっています。

  • 1年/$10M(2022)
    • パフォーマンス・ボーナス
      • GF(Game Finished)が45、50、55、60試合となるごとに$50Kが加算

 コーリー・クネイブルの2021年のサラリーは$5.25M。これは調停を避けてドジャースがサインした金額です。今回は単年とは言え、倍増ということになりました。

ドンブロウスキーとは旧知

 コーリー・クネイブルは1991年11月26日生まれの30才。ドラフトは2013年のタイガースの1巡目指名(全体39位)。

 タイガース黄金時代の指名です。ということは、フィリーズの現ベースボール・オペレーション社長を務めるデーブ・ドンブロウスキー氏がタイガースのGM職を担っていた時(2002-2015)に獲得した投手。よって、デーブ・ドンブロウスキー氏はコーリー・クネイブルのことをよく知っているのです。

 タイガースではドラフト翌年の2014年にメジャー・デビュー。この年はリリーフで8試合、ERAは6.23。

ルーキー時、トレードの切り札にされてしまう

 2013年のドラフト1巡目が翌年の2014年にデビューし、タイガースにとっていいプロスペクトの誕生となったのですが、2014年のタイガースはマックス・シャーザー、ジャスティン・バーランダー、デービッド・プライス、リック・ポーセロ、アニバル・サンチェスという超がつくほどの豪華ローテーションを組んでいたシーズン。

 ところが、タイガースはクローザーにジョー・ネイサンがいて、35セーブを上げたものの、ERAが4.81とちょっと弱かったのです。

 ブルペン強化の意味も含め、同年のトレード・デッドラインでレンジャーズからホアキム・ソリアを獲得。その交換要員となったのがコリー・クネイブルだったのです。デビューしたばかりだったのに。

 ちなみに、2014年のトレード・デッドラインでタイガースはデービッド・プライスも獲得。サイ・ヤング賞が3人もいるローテーションとなったのでした。また、ドリュー・スマイリーもこの時のトレード・デッドラインで獲得しています。

 コーリー・クネイブルは2014年の残りシーズンでレンジャーズでの登板はありませんでした。

 そして、2015年1月、またしてもトレードの切り札として使われます。レンジャーズが右腕のヨバニ・ガヤードを獲得したトレードで、ブルワーズに移籍。

 しかし、ここからがコーリー・クネイブルが飛躍していきます。

 デビュー2シーズン目となった2015年、ブルワーズのブルペンを担ったコーリー・クネイブルは48試合に登板し、ERAは3.22をマーク。

輝いたブルワーズ時代

2017年

 そして輝いたのは2017シーズンです。ブルペンとしてフルで機能したこのシーズンは、76試合、76.0イニングに登板し、ERAはなんと1.78 ! まさに鉄壁のリリーフを見せたのでした。

 このシーズンのSO9は14.9をマーク。BB9は4.7と高めでしたが、HR9は0.7で球威で圧倒していたシーズンでもありました。このシーズンのブルワーズは86勝76敗で、ナ・リーグ中地区2位。惜しくもワイルドカードの進出は逃しました。

 2017年に手応えを掴んだブルワーズは2018年以降、4年連続でポストシーズン進出を果たすことになるのです。

2018年はポストシーズンでも好投

2018年、コーリー・クネイブルは57試合に登板。ERAは3.58。SO9は14.3をマーク。ブルワーズの地区優勝に貢献しました。このシーズンはカブスとのタイブレーカーで優勝しました。

 2018年のポストシーズンでは、ブルワーズはNLDSでロッキーズと対戦。3勝0敗とロッキーズをスイープ。コーリー・クネイブルは3試合全てに登板し、被安打0、与四球1のみでERAは0.00をマーク。

  1. 10/4 COL 2-3 @MIL F/10
  2. 10/5 COL 0-4 @MIL
  3. 10/7 MIL 6-0 @COL

 さらにドジャースとの死闘となったNLCSでは6試合、7.0イニングに登板し、被安打2、失点1、奪三振10、ERA1.29とバツグンの投球を披露したのでした。

  1. 10/12 LAD 5-6@MIL 
  2. 10/13 LAD 4-3 @MIL
  3. 10/15 MIL 4-0 @LAD
  4. 10/16 MIL 1-2 @LAD
  5. 10/17 MIL 2-5 @LAD
  6. 10/19 LAD 2-7 @MIL
  7. 10/20 LAD 5-1 @MIL

トミー・ジョン手術へ 

 2017年、2018年と素晴らしい投球を見せたコーリー・クネイブルでしたが、その疲れが肘痛となり、襲ってきました。

 2019年開幕前にUCLの損傷が発覚。結局、同年3月後半にトミー・ジョン手術を受けることに。

 2019年は全休。

 2020年は開幕がずれたこともあり、術後1年4ヶ月となる7月24日のオープニングからマウンドに立ちました。ただ、このシーズンは15試合、13.1イニングの登板に終わり、ERAは6.08と本調子ではありませんでした。

 2021年1月にトレードでドジャースに移籍。

 2021年は開幕からマウンドに立つも、肘の影響からか、広背筋を傷めてしまい、4月後半から8月初旬まで離脱。復帰後はブルペンとして結果を残し、27試合で、ERAは2.45と本来の姿に戻しつつあります。

ブルペンの要に

 フィリーズはアーチー・ブラッドリーがFA、ヘクター・ネリスもFAでしたがすでにアストロズ入りが決まりました。

 アーチー・ブラッドリーを戻せるかどうかというところですが、まずはコーリー・クネイブルをブルペンの要所に使うことになりそうです。

 ロック・アウト明けにブルペン獲得にどれだけアグレッシブに行くのか? 

 フィリーズはカイル・シュワーバー獲得にも熱心でしたが、ロックアウト前には決まりませんでした。ロックアウト直後の噂ではクリス・ブライアントの名も出ています。もし、クリス・ブライアントを獲るなら、カイル・シュワーバーは諦めるのではないか?と見られています。

 まずはブルペンを整えてもらいたいと思いますが、ブライアントとどこまで話をつけるのか、それがブルペンの整備にも影響しそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました