スポンサーリンク

【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて

課題のブルペン強化の柱に

 現地2021年12月22日、この日もMLBはロックアウト中で動きがありませんので、ロックアウトに駆け込みで決まったディールで書ききれなかったものをあらためて記載しておきたいと思います。本日はフィリーズのディールです。

 現地2021年11月30日、フィリーズはドジャースからFAとなっていた右腕のコーリー・クネイブル(Corey Knebel )とサインしました。

フィリーズとクネイブルの契約内容

 契約内容は非常にシンプル。以下の内容となっています。

  • 1年/$10M(2022)
    • パフォーマンス・ボーナス
      • GF(Game Finished)が45、50、55、60試合となるごとに$50Kが加算

 コーリー・クネイブルの2021年のサラリーは$5.25M。これは調停を避けてドジャースがサインした金額です。今回は単年とは言え、倍増ということになりました。

ドンブロウスキーとは旧知

 コーリー・クネイブルは1991年11月26日生まれの30才。ドラフトは2013年のタイガースの1巡目指名(全体39位)。

 タイガース黄金時代の指名です。ということは、フィリーズの現ベースボール・オペレーション社長を務めるデーブ・ドンブロウスキー氏がタイガースのGM職を担っていた時(2002-2015)に獲得した投手。よって、デーブ・ドンブロウスキー氏はコーリー・クネイブルのことをよく知っているのです。

 タイガースではドラフト翌年の2014年にメジャー・デビュー。この年はリリーフで8試合、ERAは6.23。

ルーキー時、トレードの切り札にされてしまう

 2013年のドラフト1巡目が翌年の2014年にデビューし、タイガースにとっていいプロスペクトの誕生となったのですが、2014年のタイガースはマックス・シャーザー、ジャスティン・バーランダー、デービッド・プライス、リック・ポーセロ、アニバル・サンチェスという超がつくほどの豪華ローテーションを組んでいたシーズン。

 ところが、タイガースはクローザーにジョー・ネイサンがいて、35セーブを上げたものの、ERAが4.81とちょっと弱かったのです。

 ブルペン強化の意味も含め、同年のトレード・デッドラインでレンジャーズからホアキム・ソリアを獲得。その交換要員となったのがコリー・クネイブルだったのです。デビューしたばかりだったのに。

 ちなみに、2014年のトレード・デッドラインでタイガースはデービッド・プライスも獲得。サイ・ヤング賞が3人もいるローテーションとなったのでした。また、ドリュー・スマイリーもこの時のトレード・デッドラインで獲得しています。

 コーリー・クネイブルは2014年の残りシーズンでレンジャーズでの登板はありませんでした。

 そして、2015年1月、またしてもトレードの切り札として使われます。レンジャーズが右腕のヨバニ・ガヤードを獲得したトレードで、ブルワーズに移籍。

 しかし、ここからがコーリー・クネイブルが飛躍していきます。

 デビュー2シーズン目となった2015年、ブルワーズのブルペンを担ったコーリー・クネイブルは48試合に登板し、ERAは3.22をマーク。

輝いたブルワーズ時代

2017年

 そして輝いたのは2017シーズンです。ブルペンとしてフルで機能したこのシーズンは、76試合、76.0イニングに登板し、ERAはなんと1.78 ! まさに鉄壁のリリーフを見せたのでした。

 このシーズンのSO9は14.9をマーク。BB9は4.7と高めでしたが、HR9は0.7で球威で圧倒していたシーズンでもありました。このシーズンのブルワーズは86勝76敗で、ナ・リーグ中地区2位。惜しくもワイルドカードの進出は逃しました。

 2017年に手応えを掴んだブルワーズは2018年以降、4年連続でポストシーズン進出を果たすことになるのです。

2018年はポストシーズンでも好投

2018年、コーリー・クネイブルは57試合に登板。ERAは3.58。SO9は14.3をマーク。ブルワーズの地区優勝に貢献しました。このシーズンはカブスとのタイブレーカーで優勝しました。

 2018年のポストシーズンでは、ブルワーズはNLDSでロッキーズと対戦。3勝0敗とロッキーズをスイープ。コーリー・クネイブルは3試合全てに登板し、被安打0、与四球1のみでERAは0.00をマーク。

  1. 10/4 COL 2-3 @MIL F/10
  2. 10/5 COL 0-4 @MIL
  3. 10/7 MIL 6-0 @COL

 さらにドジャースとの死闘となったNLCSでは6試合、7.0イニングに登板し、被安打2、失点1、奪三振10、ERA1.29とバツグンの投球を披露したのでした。

  1. 10/12 LAD 5-6@MIL 
  2. 10/13 LAD 4-3 @MIL
  3. 10/15 MIL 4-0 @LAD
  4. 10/16 MIL 1-2 @LAD
  5. 10/17 MIL 2-5 @LAD
  6. 10/19 LAD 2-7 @MIL
  7. 10/20 LAD 5-1 @MIL

トミー・ジョン手術へ 

 2017年、2018年と素晴らしい投球を見せたコーリー・クネイブルでしたが、その疲れが肘痛となり、襲ってきました。

 2019年開幕前にUCLの損傷が発覚。結局、同年3月後半にトミー・ジョン手術を受けることに。

 2019年は全休。

 2020年は開幕がずれたこともあり、術後1年4ヶ月となる7月24日のオープニングからマウンドに立ちました。ただ、このシーズンは15試合、13.1イニングの登板に終わり、ERAは6.08と本調子ではありませんでした。

 2021年1月にトレードでドジャースに移籍。

 2021年は開幕からマウンドに立つも、肘の影響からか、広背筋を傷めてしまい、4月後半から8月初旬まで離脱。復帰後はブルペンとして結果を残し、27試合で、ERAは2.45と本来の姿に戻しつつあります。

ブルペンの要に

 フィリーズはアーチー・ブラッドリーがFA、ヘクター・ネリスもFAでしたがすでにアストロズ入りが決まりました。

 アーチー・ブラッドリーを戻せるかどうかというところですが、まずはコーリー・クネイブルをブルペンの要所に使うことになりそうです。

 ロック・アウト明けにブルペン獲得にどれだけアグレッシブに行くのか? 

 フィリーズはカイル・シュワーバー獲得にも熱心でしたが、ロックアウト前には決まりませんでした。ロックアウト直後の噂ではクリス・ブライアントの名も出ています。もし、クリス・ブライアントを獲るなら、カイル・シュワーバーは諦めるのではないか?と見られています。

 まずはブルペンを整えてもらいたいと思いますが、ブライアントとどこまで話をつけるのか、それがブルペンの整備にも影響しそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました