スポンサーリンク

【MLB移籍噂2019】ブルワーズ、投手の故障者続出でキンブレル獲得なるか(追記あり)

2018ヒーローの2人が故障

現地2019年3月24日、もう開幕まで4日となった段階での移籍の噂です。

2018シーズン、大きく湧かせてくれたミルウォーキー・ブルワーズが、キーマンの故障でかなり慌ただしくなっています。

しかも、クラブの強さのキモでもあるブルペンのキーマンが傷んでいるところです。

ブルワーズの2019開幕前の故障者のリストを出しておきたいと思います。

ブルワーズのIL(Injury List)

スターターも入っていますが、現地2019年3月24日時点でご覧の面々が傷んでおります。

  • ジェレミー・ジェフレス(RHP/RP):右肩の違和感。4月中復帰か。
  • コーリー・クネイブル(RHP/RP):UCL損傷が判明。深刻な可能性あり。
  • ボビー・ワル(RHP/RP):右膝十字靭帯(ACL)断裂で2019はシーズンエンド。
  • ブレント・スーター(LHP/SP):2018年7月にトミー・ジョン手術。
  • ジミー・ネルソン(RHP/SP):2017年9月に右肩手術。STで復帰も右肘痛発症。

ジェレミー・ジェフレスが右肩痛

クローザーとして起用されることが決まっていたジェレミー・ジェフレスの開幕アウトは非常に痛いです。なぜなら、彼へとつなぐためにゲームプランを練るためです。

幸いなことに、ジェフレスは4月中に復帰の見込みと出ておりますが、状態次第では長期離脱も余儀なくされる箇所なので、やや悲観的に考えた方がよさそうです。

そしてもっと痛いのが、この人です。

コーリー・クネイブルはかなり深刻

ジェレミー・ジェフレスは2018年のNLDSやNLCSで失点するケースもありました。

【ジェレミー・ジェフレスの2018 PS】

  • 2018 NLDS (COL戦):3試合/ 3.1 IP/ 被安打6/ ERA 5.40
  • 2018 NLCS (LAD戦):5試合/ 4.2 IP/ 被安打4/ ERA 7.71

そんな中、かなりの存在感を発揮したのが、コーリー・クヌーブル。

ジョシュ・ヘイダーが終盤に向かう一番厳しいところを抑えたのちに、確実にゲームを締めたのがこのコーリー・クネイブル。

コーリー・クネイブルの2018PS成績
  • 2018 NLDS (COL戦):3試合/ 3 IP/ 被安打0/ ERA 0.00
  • 2018 NLCS (LAD戦):6試合/ 7 IP/ 被安打2/ ERA 1.29
Corey Knebel Stats | Baseball-Reference.com
2021: 4-0, 3 SV, 2.45 ERA, 30 SO,Career: 10-11, 60 SV, 3.23 ERA, 366 SO, P, AllStar, Brewers/Dodgers/... 2014-2021, t:R, born in TX 1991, Bird Dog
トミー・ジョン手術か?

そのコーリー・クネイブルはUCLの損傷が発覚。現地2019年3月24日時点でドクターのセカンド・オピニオンを聞く段階です。これはかなり高い確率でトミー・ジョン手術になるのではないか?というふうに思います。

追記2019年3月30日

やはりトミー・ジョン手術となりました。2019年はシーズンエンドで、2020年復帰を目指します。

3段構えのプランが

その意味で本来であればブルワーズはジョシュ・ヘイダー、コーリー・クネイブル、ジェレミー・ジェフレスの3段構えでゲーム終盤に対応しようとしたと思われますが、このうちの2人がかなり厳しいため、当初のプランが崩壊。

開幕はジョシュ・ヘイダーをクローザーで起用するしかなくなっています。

ワルと2人のスターターも

2019年1月にメッツからトレードで獲得したリリーバーのボビー・ワルは膝の十字靭帯を断裂し、2019年はシーズンエンドに。

スターターのブレント・スーターは2018年にトミー・ジョン手術。今季は終盤に復帰できるかどうか。

ジミー・ネルソンも怪しい

そして、2017年9月に右肩を手術し、2018年はリハビリで1年を過ごし、2019年のスプリングトレーニングのマウンドに復帰したジミー・ネルソンは今度は右肘痛を発症。

現地2019年3月24日時点では投球停止で静観というところですが、せっかくのいいスターターもかなり怪しい状況。

ジョシュ・ヘイダーを潰さない

ブルワーズにとって至宝でもあるジョシュ・ヘイダー。

彼をクローザーで起用することは能力的にはもちろん問題ないものの、やはり酷使して潰すのは避けたいことろ。

そしてそんな中から出てきた問題解決策は補強。

CLEからアレックス・ウィルソンを獲得

現地2019年3月24日、ブルワーズはアレックス・ウィルソンを獲得。

アレックス・ウィルソンは現時点で31才。

2018年11月にタイガースからFAとなり、2019年2月にインディアンスとマイナー契約。

開幕直前の3月22日に、インディアンスからリリースになっていたところを今回ブルワーズがサインしたのでした。

もちろん、ジェフレスとクネイブル対策です。

アレックス・ウィルソンは2018年、タイガースで59試合に登板。61.2イニングを投げ、2勝4敗、ERA 3.36、WARは1.2と非常に実績のある右腕です。

Alex Wilson Stats | Baseball-Reference.com
Career: 14-14, 3.44 ERA, 226 SO, P, Tigers/RedSox/... 2013-2019, t:R, born in Saudi Arabia. 1986, Dale

さらに大きなインパクトも用意しています。

それがクレイグ・キンブレルというわけです。

クレイグ・キンブレルにアタック中

本来なら資金を上手に使いたいブルワーズですが、せっかくの地区タイトル連覇のチャンスをみすみす逃したくはありません。

6年/100Mドル以上出せるか

そこでブルワーズは真剣にクレイグ・キンブレルへオファーしている最中です。

キンブレルがオフ開始直後に希望したと言われる6年/$100M以上という条件をブルワーズがのむかどうかが注目されています。

ブレーブスも候補

なお、キンブレルにはブレーブスもまだ熱を持っています。当初は2年などのショート・タームしか希望しなかったブレーブスですが、A.J.ミンターの故障もあり、やはりブルワーズ同様に深刻な状況に。

一応、クローザーにはアローディス・ビスカイーノがおりますが、当初はミンターをクローザーにというプランを持っていたのも事実。

いずれにせよ、キンブレル側とすればかなり押せる状況には違いありません。

ブルワーズかブレーブスか。今のところ一騎打ちの様相です。

ブルワーズは打線がすごい

ブルワーズがここまでブルペンに躍起になるのは、素晴らしい攻撃陣がいるからです。

チームに残っているのは、2018 MVPのクリスチャン・イェリッチ。さらに長打力のあるトラビス・ショー、ヘスス・アギラル、センス抜群のSSオーランド・アルシアがおります。

ベテランになったとは言え、破壊力抜群のライアン・ブラウン。

さらにベン・ギャメル、ロレンゾ・ケインと、もうタレントが豊富です。

オフには正捕手としてヤズマニ・グランダールを獲得。

さらにFAで流出を覚悟していたマイク・ムスターカスが残りました。

こんな揃っている状況をみすみす逃してはなるものか!というのがわかりますよね。

果たして、キンブレルがどうなるのか、注目したいと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました