スポンサーリンク

【MLBトレード2021】クリス・ブライアントはジャイアンツへ

ファーハン・ザイディ社長、さすがの手腕

 現地2021年7月30日、激しく動いた今トレードデッドライン。2020シーズンが特例で需給の波が穏やかだったため、そのしわ寄せが今季に訪れた感もあり、とても激しいスワップの連続でした。

 そしてポジション・プレーヤーで注目の1人であったカブスのクリス・ブライアントのディールが成立。ジャイアンツに決まりました。

 ザイディ社長は、ドジャースとパドレスが衝撃的なディールを決める中、きっちりクリス・ブライアントを獲得しました。本当はかなり焦っていたと思われますが。

ディール詳細

 計3名が動くディールとなっています。

【ジャイアンツGet】

  • クリス・ブライアント(Kris Bryant/ 29)3B&OF/ 右投げ右打ち

【カブスGet】

選手紹介

【ジャイアンツ】クリス・ブライアント

 MLBのスーパースターの1人のクリス・ブライアントは2013年のアマチュア・ドラフトの全体2位。1位はマーク・アペルでした。

 2015年のスプリング・トレーニングで14試合で打率.425、9 HRを放ち(MLB1位)、実績では開幕デビュー間違いなしと思われましたが、少しでも彼に在籍してもらいたかったカブスはMLSを調整。デビューを遅らせ、後にブライアントは不服申立てを受けるに至りました。

 デビュー後、クリス・ブライアントは26HRを放ち、ROYを獲得。

 そして2016年のカブスのワールドシリーズ制覇に貢献。クリス・ブライアントはシーズンMVPを受賞。なんと言っても39HR、102 RBIでしたからね。この頃のブライアントはまさにHRアーティストでした。そして2017年までは順調。実際、デビューイヤーに199個を数えた三振は、2017年は128に減少。打席数では2017年の方が多かったにもかかわらずです。進歩が数字に出ていました。

 しかし、2018年、ロッキーズのヘルマン・マルケスから頭部に死球を受け、調子を崩しました。2018年は102試合の出場にとどまりました。ただ、同年はデビュー4年目にもかかわらず、早くも100HRを達成しています。

 2018年以降、怪我が多くなったブライアント。

 2019年はHR数こそ31で少なくなったものの、打率.282を残すなどしっかりと課題をもってスキルを高めて行ったような足跡ではありました。

 2021年は爆発の兆しを見せたものの、HR18とやや停滞気味に。今回のジャイアンツへの移籍をきっかけにまた勢いを取り戻してもらいたいと思います。

【カブス】アレクサンダー・カナリオ

 21才でドミニカ共和国出身のアレクサンダー・カナリオは、今季はクラスAに所属なのですが、40manロスターに入っているという変わったステータスです。これはカブスへ移籍後も同じ。

ブライアントの交換要員にピックされた事実からして、ジャイアンツがかなり期待していた逸材なのは容易に想像がつきます。

 ただ、2020年11月にアリゾナでの試合で壁に衝突。左肩の関節唇を断裂し、手術をしたという経緯があります。それまでは2019年はルーキー、クラスAマイナスレベルながら、打率.318、16HRを放っていました。

 まだまだ経験を積む必要のある選手ですが、ヒッティング・アプローチなどが変われば大化けするとの見方をされている選手。カブスでのデビューに期待しましょう。

【カブス】ケイレブ・キリアン

 こちらは24才の右腕。2019年のジャイアンツ8巡目指名。今季はクラスAプラスからダブルAに昇格。スターターで、2021年のダブルAでの成績は、63.0IPでERA 2.71。なお、クラスAプラスでは、21.1 IPでERA 1.25。これはすぐに上に上がりそうな逸材です。

ロンゴリアとの競合?

 ジャイアンツにはエバン・ロンゴリアが3Bにいます。クリス・ブライアントと競合しているのですが、ロンゴリアは肩の手術で少なくとも8月1週目までは試合に出ない状態。よって、クリス・ブライアントが3Bに入ります。また、ロンゴリア復帰後は、ブライアントがOFに回りそうです。

 ジャイアンツのOFはアレックス・ディッカーソン、スティーブン・ダガー、マイク・ヤストレムスキと3人ともレフティー。先発投手によって、ブライアントと使い分けるのか、それともブライアントを必ず出すのか、ここは現場の判断ですね。

カブス・ファン、涙

 カブスにくすぶっていた2021年問題が、こんな形で解消するとは、カブス・ファンにとってはきついトレードデッドラインとなりました。

 アンソニー・リッゾ、クリス・ブライアント、ハビアー・バイエスの主要3名をクラブはいずれもプロテクトせず。2016年ワールドシリーズ・ヒーロー達がことごとく去っていきました。ファンが多いことで知られているカブスですが、ちょっとファン泣かせでしたね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
タイトルとURLをコピーしました