スポンサーリンク

【MLBトレード2021】クリス・ブライアントはジャイアンツへ

ファーハン・ザイディ社長、さすがの手腕

 現地2021年7月30日、激しく動いた今トレードデッドライン。2020シーズンが特例で需給の波が穏やかだったため、そのしわ寄せが今季に訪れた感もあり、とても激しいスワップの連続でした。

 そしてポジション・プレーヤーで注目の1人であったカブスのクリス・ブライアントのディールが成立。ジャイアンツに決まりました。

 ザイディ社長は、ドジャースとパドレスが衝撃的なディールを決める中、きっちりクリス・ブライアントを獲得しました。本当はかなり焦っていたと思われますが。

ディール詳細

 計3名が動くディールとなっています。

【ジャイアンツGet】

  • クリス・ブライアント(Kris Bryant/ 29)3B&OF/ 右投げ右打ち

【カブスGet】

選手紹介

【ジャイアンツ】クリス・ブライアント

 MLBのスーパースターの1人のクリス・ブライアントは2013年のアマチュア・ドラフトの全体2位。1位はマーク・アペルでした。

 2015年のスプリング・トレーニングで14試合で打率.425、9 HRを放ち(MLB1位)、実績では開幕デビュー間違いなしと思われましたが、少しでも彼に在籍してもらいたかったカブスはMLSを調整。デビューを遅らせ、後にブライアントは不服申立てを受けるに至りました。

 デビュー後、クリス・ブライアントは26HRを放ち、ROYを獲得。

 そして2016年のカブスのワールドシリーズ制覇に貢献。クリス・ブライアントはシーズンMVPを受賞。なんと言っても39HR、102 RBIでしたからね。この頃のブライアントはまさにHRアーティストでした。そして2017年までは順調。実際、デビューイヤーに199個を数えた三振は、2017年は128に減少。打席数では2017年の方が多かったにもかかわらずです。進歩が数字に出ていました。

 しかし、2018年、ロッキーズのヘルマン・マルケスから頭部に死球を受け、調子を崩しました。2018年は102試合の出場にとどまりました。ただ、同年はデビュー4年目にもかかわらず、早くも100HRを達成しています。

 2018年以降、怪我が多くなったブライアント。

 2019年はHR数こそ31で少なくなったものの、打率.282を残すなどしっかりと課題をもってスキルを高めて行ったような足跡ではありました。

 2021年は爆発の兆しを見せたものの、HR18とやや停滞気味に。今回のジャイアンツへの移籍をきっかけにまた勢いを取り戻してもらいたいと思います。

【カブス】アレクサンダー・カナリオ

 21才でドミニカ共和国出身のアレクサンダー・カナリオは、今季はクラスAに所属なのですが、40manロスターに入っているという変わったステータスです。これはカブスへ移籍後も同じ。

ブライアントの交換要員にピックされた事実からして、ジャイアンツがかなり期待していた逸材なのは容易に想像がつきます。

 ただ、2020年11月にアリゾナでの試合で壁に衝突。左肩の関節唇を断裂し、手術をしたという経緯があります。それまでは2019年はルーキー、クラスAマイナスレベルながら、打率.318、16HRを放っていました。

 まだまだ経験を積む必要のある選手ですが、ヒッティング・アプローチなどが変われば大化けするとの見方をされている選手。カブスでのデビューに期待しましょう。

【カブス】ケイレブ・キリアン

 こちらは24才の右腕。2019年のジャイアンツ8巡目指名。今季はクラスAプラスからダブルAに昇格。スターターで、2021年のダブルAでの成績は、63.0IPでERA 2.71。なお、クラスAプラスでは、21.1 IPでERA 1.25。これはすぐに上に上がりそうな逸材です。

ロンゴリアとの競合?

 ジャイアンツにはエバン・ロンゴリアが3Bにいます。クリス・ブライアントと競合しているのですが、ロンゴリアは肩の手術で少なくとも8月1週目までは試合に出ない状態。よって、クリス・ブライアントが3Bに入ります。また、ロンゴリア復帰後は、ブライアントがOFに回りそうです。

 ジャイアンツのOFはアレックス・ディッカーソン、スティーブン・ダガー、マイク・ヤストレムスキと3人ともレフティー。先発投手によって、ブライアントと使い分けるのか、それともブライアントを必ず出すのか、ここは現場の判断ですね。

カブス・ファン、涙

 カブスにくすぶっていた2021年問題が、こんな形で解消するとは、カブス・ファンにとってはきついトレードデッドラインとなりました。

 アンソニー・リッゾ、クリス・ブライアント、ハビアー・バイエスの主要3名をクラブはいずれもプロテクトせず。2016年ワールドシリーズ・ヒーロー達がことごとく去っていきました。ファンが多いことで知られているカブスですが、ちょっとファン泣かせでしたね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】ジャイアンツ、GG賞2度の捕手、ロベルト・ペレスと契約へ
【MLB 移籍 2023】ナショナル・リーグ西地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 2023】メッツ、バッティング・チャンプのジェフ・マクニールと4年/50Mドルで延長契約
【発表】MLB 2023トップ・プロスペクト・ランク100!1位はオリオールズのガナー・ヘンダーソン
【MLB2023HOF】スコット・ローレンが野球殿堂入り!フレッド・マグリフはEra Commiteeで選出
【MLB移籍2023】レッドソックス、トレードで左腕のジョシュ・テイラーを出してアダルベルト・モンデシーを獲得
【MLB2023】エンゼルス・オーナー、売却はせず
【MLB移籍2023】トミー・ラステラを獲得したマリナーズ、左腕のジャスティス・シェフィールドをDFAに
【MLB スタジアム 2023】ブルージェイズ、ロジャース・センターのウォールの距離を変更
【MLB移籍2023】マーリンズとツインズ間でトレードが成立!ルイス・アラエズとパブロ・ロペスがスワップ!
【MLB移籍2023】ロイヤルズ、アロルディス・チャップマンと1年契約で合意!
【MLB移籍2023】レッドソックス、2021RBIキングのアダム・デュバルと1年契約で合意
【MLB 移籍 2023】ブルワーズ、マーリンズからFAのブライアン・アンダーソンと合意へ
【MLB 移籍 2023】レッドソックスが捕手を補強!ホルヘ・アルファーロとマイナー・ディールで合意
【MLB 2023】ツインズ、トミー・ジョン・リハビリ中のクリス・パダックと3年の延長契約へ
【MLB 移籍 2023】カブス、FAのトレイ・マンシーニと2年契約で合意!打撃の厚みが増す!
【MLB 移籍 2023】パイレーツ、FAのアンドリュー・マッカッチェンと1年で合意!2013年NLMVP!
【MLB 移籍 2023】藤浪晋太郎投手、アスレチックスと1年で合意(追記あり)
【MLB 移籍 2023】FAのカルロス・コレアはようやく決着!ツインズに戻る!
【MLB 移籍 2023】アメリカン・リーグ東地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 移籍 2023】フィリーズ、タイガースから左腕のグレゴリー・ソトとINFのコディー・クレメンスをトレードで獲得
【MLB 移籍 2023】マリナーズ、CWSからFAのAJ・ポロックを獲得!
【MLB 2023 FA】エリック・ホズマー、カブスと合意するも、強烈なプロスペクト、マット・マーヴィスと競合
【MLB 2023 FA】Dバックス、リラックス投法のザック・デイビーズと1年/5Mドル保証で再契約
【MLB 2023】”地元スーパースターを確保”レッドソックス、ラファエル・デバースと11年/331Mドルで延長合意
【MLB 2023】レッドソックス、ラファエル・デバースと調停を避けて1年/17.5Mドルで合意(追記あり)
【2022-26 新CBA】クオリファイング・オファーのドラフト補償とペナルティーについて
【MLB 2023 FA】レッズ、ウィル・マイヤーズとカート・カサリを獲得し、ムスターカスをDFAに
【MLB プロスペクト 2023】再生カブス”の投手陣の大きな武器になりそうなヘイデン・ウェズネスキーをご紹介
【MLB 2023 FA】Dバックスがエバン・ロンゴリアと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました