スポンサーリンク

リリーフPのB・ウッドラフがカーショウからHR!ブルワーズが先勝【2018 NLCS Gm1】

現地2018年10月12日から始まったNLCS Game1ですが、非常に面白いゲームになりました。概要を先にお伝えしておきます。

ゲーム概要

  • 2回表:  LAD、M・マチャードがHR (LAD 1-0 MIL)
  • 3回裏:  MIL
    • PのB・ウッドラフがHR(LAD 1-1 MIL)
    • H・ペレスの犠牲フライで勝ち越し(LAD 1-2 MIL)
  • 4回裏:MIL、
    • D・サンタナが2ラン・シングル(LAD 1-4 MIL)
    • R・ブラウンのRFタイムリー(LAD 1-5 MIL)
  • 7回裏:MIL、J・アギラルのソロHR(LAD 1-6 MIL)
  • 8回表:LAD、
    • M・マチャードが2ラン・シングル(LAD 3-6 MIL)
    • M・ケンプがタイムリー・シングル(LAD 4-6 MIL)
  • 9回表:C・テイラーがタイムリー・トリプル(LAD 5-6 MIL)

動画によるダイジェストです↓

B・ウッドラフが値千金の同点HR

昨日にHOME画面で、ブルワーズはカーショウ降板後にチャンスありか?というようなことを書かせていただきました。やはりカーショウの壁は大きいですから現場としてはGame1は勝てば儲けものというくらいのプランで望むかと思ったからです。

しかし、そんな見立てをふっ飛ばしてくれるようなことをやってのけたのがブルワーズ2番手投手のブランドン・ウッドラフ(Brandon Woodruff)でした。

まず、K・カーショウとG・ゴンザレスですが、まずまずの立ち上がりでした。

2回表にドジャースが先頭のM・マチャードに一発が出てまず先制。G・ゴンザレスはその後は抑えたのですが、なんとC・カウンセル監督はジオを2回で降板させ、リレーによるゲームメイクを選択しました。

3回からマウンドに上がったB・ウッドラフはドジャースの攻撃を3人で抑え、迎えた3回裏、先頭打者で打席に立ち、2ボール、2ストライクまで粘り、5球目。92mphの4シームをフルスイング。野手顔負けの大きなHRを放ち、1−1の同点に追いついたのでした。

ウッドラフは2イニングを完璧に抑え、4回裏の攻撃へのいい流れを構築。

直近でのピッチャーのPostseasonでのHR
  • J・エアリエッタ(CHC): 2016 NLDS Gm3 from M・バンガーナー
  • T・ウッド(CHC): 2016 NLDS Gm2 from G・コントス
  • J・ブラントン(PHI):2008 WS Gm4 from E・ジャクソン
  • その他18名
Attention Required! | Cloudflare

K・カーショウは3回で降板

ドジャースの絶対的エース、カーショウですが、ウッドラフのHRでリズムが崩れたのか、3回を投げ終えて降板。被安打6、失点5、自責点4、与四球2、奪三振1、被本塁打1。

ウッドラフの投打にわたる活躍で流れをつくったブルワーズは4回に3得点。

J・ヘイダーが5回から登板

C・カウンセル監督はドジャースの反撃の芽を摘み取り、一気に流れを引き寄せたかったと見えて、なんとジョシュ・ヘイダーを5回から起用。しかも、5、6、7回の3イニングを任せました。J・ヘイダーは3回を被安打2、無失点、奪三振4で、監督の狙い通りに完全に流れを自軍にもってくることができました。球数は46球。

その後、ブルワーズはJ・アギラルにソロHRが出て6−1でリードし終盤へ。

MIL、リリーバーがピンチを凌ぐ

ドジャースは8回、ザビア−・セデーノ、ホアキン・ソリア、ジェレミー・ジェフレスの3人から3得点。

ブルワーズは3人の投手で3得点されましたが、これはむしろよく3点で抑えて逆転を許さなかったと思います。

9回はコーリー・ネーベルが2アウトから1点を許し、1点差まで迫られ、ランナーを3塁に置くピンチに見舞われましたが、最後はJ・ターナーを三振に仕留めゲームセット。ブルワーズが厳しいと思われていた初戦を制しました。ブルワーズはこれでシーズン終盤から12連勝。日替わりのヒーローが出て、非常に強いです。

ドジャースの終盤の追い上げもこのゲームを面白くしてくれた要素でした。

なお、前田投手は8回に登板。1イニングを完璧に封じました。

C・イェリッチ

ドジャース投手陣がもっとも警戒していたC・イェリッチですが、この日は4−0、3三振とドジャースのプラン通りの結果に。

次に期待したいと思います。

なお、ブルワーズは1番のL・ケインが3安打と活躍。さすがロイヤルズ時代にWSチャンプを経験しているだけあります。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ブレーブス、今度はオジー・アルビーズが長期離脱!マックス・フリードもILへ
【MLB2024】勝率5割超え、NLウエスト2位で上昇気流に乗ったDバックスはトレードDLでバイヤーへ
【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
タイトルとURLをコピーしました