スポンサーリンク

【NLDS2018】ブルワーズ、投打がかみ合い3連勝でNLCSへ

現地2018年10月7日のブルワーズ@ロッキーズのNLDS Game3はブルワーズが投打がかみ合い、ロッキーズを圧倒。見事3連勝でNLCS進出を決めました。

ブルワーズに相性のよいデータが

前日の夜にロッキーズ先発のヘルマン・マルケスとブルワーズ先発のウェイド・マイリーのそれぞれの打線との相性をチェックしておりました。
(ブルワーズ@ロッキーズ戦)
ブルワーズ打線はロッキーズ先発のヘルマン・マルケスに相性バツグン。対戦数は多くないものの、チーム全体で.333。今シリーズ好調のM・ムスターカスに至っては.667の高打率。一方のブルワーズ先発のW・マイリーはロッキーズ打線に.293。左打者は抑えているものの、肝心のアレナド、ストーリーには3割以上打たれています。ヒッターズ・パークでの打撃戦になるのでしょうか!?注目です。
これはさすがにブルワーズ有利だろうなとは思っていましたが、大きな流れは合っていたものの、多少ずれておりました。G・マルケスは5回を被安打7、失点2、被本塁打1でやはりブルワーズに相性が悪いという結果通りに。なお、ムスターカスはマルケスからヒットを放ちませんでした。W・マイリーは4回2/3、被安打3、無失点。アレナドは抑えましたが、ストーリーに1安打されました。

ブルワーズが3HR、6得点

ゲーム展開は下記ようのようなものでした。
  • 1回表、1アウト後イェリッチが四球、R・ブラウンがシングルを放ち、イェリッチは3塁へ。T・ショーの2Bゴロの間にイェリッチが生還。(MIL 1−0 COL)
  • 4 回表、ヘスス・アギラルがソロショット。(MIL 2-0 COL)
  • 6 回表、ロッキーズはG・マルケスからS・オバーグにスイッチ。

M・ムスターカスがシングルで出塁。E・クラッツのダブルでM・ムスターカスは3Bへ。1アウト2、3塁。

O・アルシア凡退後、ピッチャーの打順でC・グランダーソンがPHに。ピッチャーのS・オバーグがプレート上でボールを落としボーク。ムスターカスが生還(MIL 3-0 COL)

E・クラッツは3塁へ。S・オバーグがワイルドピッチ。E・クラッツが生還し追加点(MIL 4-0 COL)

  • 9回表、O・アルシアとK・ブロクストンに2者連続のソロショット。(MIL 6-0 COL
  • 9回裏、1アウト後、T・ストーリーに2塁打、M・ホリデーが四球で出塁するも、ブルワーズはここでジョシュ・ヘイダーにスイッチ。C・ゴンザレスを三振、I・デズモンドをCFフライに打ち取りゲームセット。

まとめ動画です↓。

6回表のS・オバーグのボークとワイルドピッチは勿体なかったです。

ブルワーズのNLDSは投手陣がGJ

ブルワーズはまさに投手陣の力でNLDSを勝ち抜いたと言っても過言ではないと思います。活躍した投手陣の動画です。特にブルペンが素晴らしかったです。結構見応えがあります。
ブルワーズ投手陣の成績です。
PlayerWLERAGGSSVSVOIPHERHRBBSOWHIP
Hader, J000.0030002.1000040.00
Jeffress, J005.4030123.1620142.10
Knebel, C000.0030003.0000140.33
Soria, J100.0030002.2100150.75
Burnes, C100.0020004.0100050.25
Chacin, J100.0011005.0300331.20
Miley, W000.0011004.2300120.86
Woodruff, B000.0011003.0000130.33
GS=Game Start(先発)、SV=セーブ、SVO=セーブ機会、R=Run(得点)

E・クラッツが大当たり

そしてC・イェリッチが警戒される中、もっとも打率がよかったのはM・ムスターカスではなく、バックアップ捕手のエリック・クラッツでした。2試合のみのマスクでしたから打数は少し少ないですが。
PlayerPosGABRH2B3BHRRBIBBSOSBAVGOBPSLGOPS
 Kratz, EC28151002010.625.625.7501.375
 Broxton, KCF22110011010.500.5002.0002.500
 Braun, RLF313150000041.385.385.385.769
 Moustakas, M3B311241002210.364.462.455.916
 Shaw, T3B311041001321.364.500.455.955
 Perez, H2B36022001021.333.333.6671.000
 Pina, MC13010000100.333.500.333.833
 Arcia, OSS38220011020.250.250.625.875
 Yelich, CLF38420012602.250.571.6251.196
 Aguilar, J1B311110011140.091.167.364.530
 Cain, LCF312110000230.083.214.083.298
SB=Stolen Base(盗塁)
次はNLCSですね。2011年以来の進出です。
お読みいただき、ありがとうございました。
(ちょっと長かったです。すみません。)

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
タイトルとURLをコピーしました