スポンサーリンク

【NLDS2018】ブルワーズ、投打がかみ合い3連勝でNLCSへ

スペシャル・イベント
現地2018年10月7日のブルワーズ@ロッキーズのNLDS Game3はブルワーズが投打がかみ合い、ロッキーズを圧倒。見事3連勝でNLCS進出を決めました。

ブルワーズに相性のよいデータが

前日の夜にロッキーズ先発のヘルマン・マルケスとブルワーズ先発のウェイド・マイリーのそれぞれの打線との相性をチェックしておりました。
(ブルワーズ@ロッキーズ戦)
ブルワーズ打線はロッキーズ先発のヘルマン・マルケスに相性バツグン。対戦数は多くないものの、チーム全体で.333。今シリーズ好調のM・ムスターカスに至っては.667の高打率。一方のブルワーズ先発のW・マイリーはロッキーズ打線に.293。左打者は抑えているものの、肝心のアレナド、ストーリーには3割以上打たれています。ヒッターズ・パークでの打撃戦になるのでしょうか!?注目です。
これはさすがにブルワーズ有利だろうなとは思っていましたが、大きな流れは合っていたものの、多少ずれておりました。G・マルケスは5回を被安打7、失点2、被本塁打1でやはりブルワーズに相性が悪いという結果通りに。なお、ムスターカスはマルケスからヒットを放ちませんでした。W・マイリーは4回2/3、被安打3、無失点。アレナドは抑えましたが、ストーリーに1安打されました。

ブルワーズが3HR、6得点

ゲーム展開は下記ようのようなものでした。
  • 1回表、1アウト後イェリッチが四球、R・ブラウンがシングルを放ち、イェリッチは3塁へ。T・ショーの2Bゴロの間にイェリッチが生還。(MIL 1−0 COL)
  • 4 回表、ヘスス・アギラルがソロショット。(MIL 2-0 COL)
  • 6 回表、ロッキーズはG・マルケスからS・オバーグにスイッチ。

M・ムスターカスがシングルで出塁。E・クラッツのダブルでM・ムスターカスは3Bへ。1アウト2、3塁。

O・アルシア凡退後、ピッチャーの打順でC・グランダーソンがPHに。ピッチャーのS・オバーグがプレート上でボールを落としボーク。ムスターカスが生還(MIL 3-0 COL)

E・クラッツは3塁へ。S・オバーグがワイルドピッチ。E・クラッツが生還し追加点(MIL 4-0 COL)

  • 9回表、O・アルシアとK・ブロクストンに2者連続のソロショット。(MIL 6-0 COL
  • 9回裏、1アウト後、T・ストーリーに2塁打、M・ホリデーが四球で出塁するも、ブルワーズはここでジョシュ・ヘイダーにスイッチ。C・ゴンザレスを三振、I・デズモンドをCFフライに打ち取りゲームセット。

まとめ動画です↓。

6回表のS・オバーグのボークとワイルドピッチは勿体なかったです。

ブルワーズのNLDSは投手陣がGJ

ブルワーズはまさに投手陣の力でNLDSを勝ち抜いたと言っても過言ではないと思います。活躍した投手陣の動画です。特にブルペンが素晴らしかったです。結構見応えがあります。
ブルワーズ投手陣の成績です。
PlayerWLERAGGSSVSVOIPHERHRBBSOWHIP
Hader, J000.0030002.1000040.00
Jeffress, J005.4030123.1620142.10
Knebel, C000.0030003.0000140.33
Soria, J100.0030002.2100150.75
Burnes, C100.0020004.0100050.25
Chacin, J100.0011005.0300331.20
Miley, W000.0011004.2300120.86
Woodruff, B000.0011003.0000130.33
GS=Game Start(先発)、SV=セーブ、SVO=セーブ機会、R=Run(得点)

E・クラッツが大当たり

そしてC・イェリッチが警戒される中、もっとも打率がよかったのはM・ムスターカスではなく、バックアップ捕手のエリック・クラッツでした。2試合のみのマスクでしたから打数は少し少ないですが。
PlayerPosGABRH2B3BHRRBIBBSOSBAVGOBPSLGOPS
 Kratz, EC28151002010.625.625.7501.375
 Broxton, KCF22110011010.500.5002.0002.500
 Braun, RLF313150000041.385.385.385.769
 Moustakas, M3B311241002210.364.462.455.916
 Shaw, T3B311041001321.364.500.455.955
 Perez, H2B36022001021.333.333.6671.000
 Pina, MC13010000100.333.500.333.833
 Arcia, OSS38220011020.250.250.625.875
 Yelich, CLF38420012602.250.571.6251.196
 Aguilar, J1B311110011140.091.167.364.530
 Cain, LCF312110000230.083.214.083.298
SB=Stolen Base(盗塁)
次はNLCSですね。2011年以来の進出です。
お読みいただき、ありがとうございました。
(ちょっと長かったです。すみません。)

コメント

NEW

【MLB契約2022】パドレスが”超激レアキャリア”のマット・スウィリーとマイナー契約
【MLB2022】レイズ、タンパとモントリオールでのホーム分割案がMLBから拒絶される
【MLB2022】トリプルAでロボアンパイアー(ABS)開始!
【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
タイトルとURLをコピーしました