スポンサーリンク

【MLB2024】フィリーズがザック・ウィーラーと3年の延長契約!AAVは史上4番目の42Mドル!

噂通り、フィリーズがウィーラーの契約を延長

 フィラデルフィア・フィリーズのニュースです。現地2024年3月4日、フィリーズはエースのザック・ウィーラー(Zack Wheeler)との延長契約にサイン。現状の2024年までの契約にさらに3年を追加する内容でサインしました。これでフィリーズは今オフにFAとしてサインしたアーロン・ノラとともに非常に強い右腕2人を少なくとも向こう4年は確保したことになります。

 そしてこの契約は非常に高額な内容となりました。景気の良い話の詳細は以下です。

契約内容

 両者がサインした延長内容です。細かい点はまだ記載出来ておりませんが、大筋は下記の通りです。2025年からの内容になります。

  • 3 年/$126M (2025-27)
  • AAV:$42M/年

 ちなみに、現状の2024年分が入った契約内容はどうだったかというと以下の通りです。

現在の契約内容

  • 5 年/$118M (2020-24) 
  • 2019年12月にサイン
  • サラリー
    • 2020: $21.5M、 2021:$22.5M、 2022: $26M、2023: $24.5M、 2024: $23.5M

  2024年は$23.5Mのサラリーですから、来季の契約は増額$18.5Mという強烈な数字になっております。

AAVは史上4番目のハイバリュー

 ウィーラーの契約ではサラリーはAAV(Annual Average Value)通りの支払いの予定。スーパー・スターと呼ばれる選手達のサラリーはAAV $30Mが一つの目安でしたが、最近では最上位の選手たちのAAVはそれをはるかに超えてきています。

 最も顕著なのがやはり大谷選手ですね。以下、上位8位までのランクです。もはや$30Mはずっと下。

  1. 大谷翔平選手(LAD):
    • 契約でのAAV:$70M
    • 贅沢税上のAAV:$46M

      大谷選手の場合は、契約総額を契約年数で割った場合の通常の計算によるAAV($70M)と贅沢税上のAAV($46M)の2つを考慮する必要がありますが、たとえ贅沢税上のAAVで考慮したとしても堂々のトップ。
      贅沢税上のAAVは繰延払いによる現在価値への換算に置き換えたものです。詳細は下記をご覧ください。
      https://www.mlb4journal.com/mlb-why-otanis-luxury-tax-salary-will-go-from-70-million-to-46-million/
  2. マックス・シャーザー(当時NYM):$43,333,333.33
  3. ジャスティン・バーランダー(当時NYM):$43.33M
  4. ザック・ウィーラー(PHI): $42M
  5. アーロン・ジャッジ(NYY):$40M
  6. ジェイコブ・デグロム(TEX):$37M
  7. マイク・トラウト(LAA): $36Mゲリット・コール(NYY):$36M

 とんでもないAAVだなと初めて思ったのがやはりマックス・シャーザーとメッツの3年/$130Mですね。これは衝撃でした。

 そして元タイガースの同僚、ジャスティン・バーランダーもほぼ同額でサインし、そのAAVを見たときにはシャーザーのおかげで若干の免疫が出来た状態でした。

 大谷選手のAAVは本当に考えられない額です。

 ザック・ウィーラーの契約はこういった高額契約の中でも4位に入るという素晴らしいラグジュアリー契約となりました。さすが、DDことデイブ・ドンブロウスキーですね。太っ腹です。

37才までの契約

 生年月日が1990年5月30日のザック・ウィーラーは2024シーズン夏前にで34才となります。この契約は35才となる2025年からの3年契約ですから、37才までの契約になります。ひょっとしたら、キャリア最後の契約になるかもしれません。

ザック・ウィーラーとは

 ザック・ウィーラーは2009年のジャイアンツの1巡目指名(全体6位)でプロ入り。デビュー前の2011年7月のトレード・デッドラインでメッツへ移籍。ジャイアンツがカルロス・ベルトランを獲得したトレードで動きました。

 よって、メジャー・デビューはメッツに移籍してからで、2013年のことです。

 ルーキー・イヤーの2013年に17試合に先発し、100.0 IPで7勝5敗、ERA 3.42、SO 84をマーク。2年目の2014年には32試合に先発し、185.1 IPで11勝11敗、ERA 3.54、SO187をマーク。

 この2年目のフル回転が響いたのか、2015年春にトミー・ジョン手術を受けることになり、2015年は全休。さらに2016年はリハビリが上手くいかず、結局このシーズンも全休。丸2年もメジャーで登板することが出来い、厳しい時期がありました。

 復帰したのは2017年で、この年は17試合に登板して、86.1 IPでERA 5.71、SO 81と不本意な成績に終わりました。

 復活したのは2018年からで、この年に29試合、182.1イニングに登板し、12勝7敗、ERA 3.31。さらに2019年は31試合に登板し、195.1イニングを投げ、11勝8敗で、ERA 3.96、SO195。この2年でかなり自信がついたようです。

 2019年終了後にFAとなったザック・ウィーラーはフィリーズと5年契約でサイン。これが上述の現行の契約内容です。

 フィリーズでの1stイヤーがコロナ禍となったウィーラーでしたが、しっかりと調整し、60試合中11試合に先発して4勝2敗、ERA 2.92をマーク。品質がさらによくなりました。

 そして2021年、フィリーズのローテーションの柱として機能したウィーラーは32試合に登板し、213.1イニングの熱投で14勝10敗、ERA 2.78という素晴らしい数字をマーク。奪三振は247を數えました。この年は惜しくもサイ・ヤング賞投票で2位に。

 そして2022年。前年よりも登板数は落ちたものの、26試合で153.0 イニングを投げ、12勝7敗、ERA 2.82をマーク。この年、フィリーズはジョー・ジラルディの采配が空振りに終わり、6月1日を終えて22勝29敗と最悪のスタートを切っていました。ジラルディはここで解任。

 その後を継いでインテリム・マネージャー(暫定監督)に就任したのが、現監督のロブ・トムソンで、そのロブ・トムソンはジラルディとは逆に名采配ぶりを次々に発揮。選手の心を鷲掴みにし、前半の不調を吹き飛ばす快進撃を見せてフィリーズをポストシーズンに送り込んだのでした。

 ポストシーズンに進出したフィリーズはALDSで前年のワールドシリーズ覇者のブレーブスを撃破。パドレスとのALCSにも勝利し、ワールドシリーズまで進出。

 シーズン後半の追い込み、そしてポストシーズンの快進撃を支えたのがザック・ウィーラーで、レギュラー・シーズンを上回る球威で相手打線をねじ伏せたのでした。ただ、ワールドシリーズにたどり着いたときにはやや息切れした面もあり、球威が落ちました。そしてアストロズに覇者を譲ることに。

【YOUTUBE】Zack Wheeler is AN ACE! Has another big year for the Phillies! | 2022 Season Highlights

 2023年、ザック・ウィーラーはさらにその存在感を高め、32試合に先発して、192.0イニングに登板。13勝6敗をマークし、ERA は3.61、奪三振は212をマーク。オフにはサイ・ヤング賞投票で6位に入り、ゴールドグラブ賞も受賞しました。

 キャリアを通じてMLB9シーズンで87勝63敗、ERAERA 3.61、奪三振1401を數えます。

フィリーズ3年連続で贅沢税の閾値をオーバー

 今回のザック・ウィーラーの契約延長は来季以降のお話なので、今季のザック・ウィーラーの贅沢税のサラリー計算には影響を与えません。

 ただし、フィリーズは現時点で40manの予想サラリーが$260Mを超えており、今季の閾値は$237Mですから、ペナルティーは必至。さらにフィリーズは2022年から連続して超過していることから、3年連続超過も決定的です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました